タグ:舞洲 ( 23 ) タグの人気記事
心の窓
b0237687_21400265.jpg

目は心の窓とも言う。

目を見ればその人の真の心を伺い知れるという例え。

実は、写真も同じようなもの。

目ほど明確にその人の心を覗くことはできないが、写真もその人の人となりが現れる。

またその時の心象によってもその状況が現れる。


大阪・舞洲 ゴミ処理場にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-24 00:01 | 建造物
コブシ咲く頃
b0237687_20071172.jpg

花期はもう終わってしまったけどね。

コブシとモクレンの区別が難しい。

それもそのはず、どちらもモクレン科モクレン属だから。

簡単な見分け方。

モクレンの花びらの数は9枚だけど、コブシは5〜6枚。

モクレンの花は上を向いて咲くけど、コブシは横を向いて咲く。

あと、花びらが開くかチィウーリップの様に閉じてるかとか

花びらの肉厚がどうだとか、いろいろあるけど、向きと枚数でほぼ区別できる。


大阪・舞洲 スラッジセンターにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-19 00:01 | 建造物
吊橋が見える小路
b0237687_20153245.jpg

桜は散ってしまった。

けれど、新緑の季節には少し間がある。

あと、ほんの少し。


大阪・舞洲 スラッジセンターにて


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-12 00:01 | 建造物
螺旋の庭
b0237687_20523951.jpg

この建物をデザインした人物は、環境保護芸術家として世界的に有名なオーストリアの

故フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏。

なんと大胆な!

建物の形状のユニークさだけではなく、建物の窓から樹木を張り出させたり

この様に塔の外側を螺旋上に樹木を植栽してみたりと、面白さも半端ではない。

故に、写真の被写体として何回訪れても新たな発見が生まれる。


大阪・舞洲 スラッジセンターにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-10 00:01 | 建造物
ゴミ焼却場
b0237687_2217241.jpg

これがゴミ焼却場?
一度中を見学したことがあるが、れっきとしたゴミ焼却場
では、この塔は?
ただの飾り?単なるデザインとしての造形物?
これがなんと・・・
ゴミ焼却時の煙突らしい
ただ、煙がモクモクと出ているわけではない
綺麗に浄化されているので無色無臭だ

大阪・舞洲 ゴミ焼却場にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-30 00:21 | 建造物
この〜実何の実気になる実♬
b0237687_2110734.jpg

気温は真夏、いや真夏以上
でも着々と秋は近づいて来ているし、暦の上では既に秋
その証拠に、近くの銀杏並木には青い銀杏の実が
ここの並木道の街路樹は何かは知らないけれど、こんな実が
暑い暑いけれど、知らないうちに蝉の鳴き声は止んでしまった
間違いなく秋はもうそこまで

大阪・舞洲 汚泥処理場にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-28 00:21 | 植物
アラビアンナイト風
b0237687_21421215.jpg

神戸から大阪方面へ阪神高速の湾岸線を走っていると右手の埋立地の中にド派手な2棟の建物が見えてくる
最初に発見した時、浪速っ子は凄いパチンコ屋を作りよったなぁ〜
あるいは大規模なラブホを、一体何部屋あるんやろと憶測したものだが
この建物の真の用途を聞いてまたもびっくり
大阪市の建物で一棟は汚泥処理場、もう一棟がゴミ焼却場
調べれば調べる程アホかいなと

そんな建物も写真家にとっては有難い被写体
もう何度訪れたことか数えきれない

大阪・舞洲 ゴミ焼却場にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-21 00:20 | 建造物
b0237687_176990.jpg

この建物のポイントのひとつは「窓」と行っても過言ではないだろう
その窓も、確かに本物もあるがほとんどがデザイン上の機能しないものばかり
この無駄と思える、いや無駄だろう
それがこのデザインの良さかもしれないが
デザインだけではなく、機能美をもっと追求して欲しかったなと

デザインに凝った建造物、全てではないがけっこう使いづらそうなものも多い
それはそれで割り切ればよいのかも知れないが

大阪・舞洲 ゴミ焼却場にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-18 00:13 | 建造物
蔦と四角と丸
b0237687_9124161.jpg

ここは何が楽しいかと云うと
立体的な、あるいは平面的な造形美
それと素晴らしい「色」の組み合わせを楽しめる
ただ漠然と見ていたら綺麗なーで終わってしまうが
切り取り方を工夫することでグラフィックアート的な楽しみ方ができる

初めてお連れした方は、えっ!どう撮ったらいいの?と戸惑いを隠せないが
しばらくすると形と色をどう切り取ろうかと、時間を忘れて夢中になってしまう方がほとんど

大阪・舞洲 ゴミ処理場にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-14 00:21 | 建造物
舞洲の壁
b0237687_20461924.jpg

b0237687_20463460.jpg

b0237687_20464725.jpg

大阪の埋め立て島のひとつである舞洲(まいしま)
そこに世にも珍しいゴミ処理場がある
珍しいというか貴重というか
建物自体が立派な芸術品だ
それも2棟ある
1棟は汚泥処理場、もう1棟はゴミ焼却場で同じデザイナーに依るものだ
何回訪れてもワクワクする
今回はどう切り撮ってやろうかなと

大阪・舞洲にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-01 00:20 | 建造物