タグ:王子動物園 ( 35 ) タグの人気記事

b0237687_21471865.jpg

ホッキョクグマと来園者。

見合って、見合って、見合ってー。

参りました。

って、勝手にストーリーを作りました。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-06 00:01 | 動物
b0237687_22455633.jpg

ツルとかフラミンゴの眼は好きになれない。

何故かと言うと、いつ見ても意地悪そうな眼をして警戒しているから。

しかし、このフラミンゴの眼はそうでもない。

どちらかと言うと精気がない。

疲れているのか?

そうではない。

写真とは不思議なもので、一瞬を切り取るものだから真実でない場合が多い。

いや、一瞬一瞬は真実かも知れないが、流れの真実とは異なるものを切り取ってしまう。

だから面白い。

その事実を知って撮るのと、知らないままに撮るのとでは、表現力の幅は全く異なってくる。


神戸・灘 王子動物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-30 00:01 | 動物
b0237687_18140325.jpg

他の仲間と離れてぽつんと。

仲間外れにされているのか、ただ単にいじけているのか、両方なのか。

これだけは本人ならぬ本猿に聞いてみないと分からない。

ただ、ちょっと可哀想に感じてしまう。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-27 00:01 | 動物
b0237687_22193873.jpg

入口を入るとすぐにフラミンゴ池。

ここで多くの時間を費やしてしまう。

フラミンゴの仕草や水面に映り込む姿をずっと眺めていても全く飽きない。

風向きによっては少し臭ってくるものの、そんなものは対した問題ではない。

も少ししたら卵を産み、雛が孵える。

そうしたら、ますますこの場所から動けなくなる。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-24 00:01 | 動物
b0237687_14502429.jpg

正確には「オラウータン」。

オラウータンで通ってるからいいじゃないかと言うのは無責任かも知れない。

自分の名前を間違って流布されているのと同じで、有名になっても余り良い気はしないだろう。

有名になってしまえば、有名税と考えざるを得ない場合があるかも知れないけれど。


まぁー、それも大事であるが、ガラス面への周囲の写り込み。

どちらかと言うと、その写り込みはなんとか葬り去りたいと努力をするが

それを活かすという考えも選択肢のひとつとして扱えば良いのではと思う。

これ、桜の枝と蕾。

開花すると、なかなかの絵になりそう。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-22 00:01 | 動物
b0237687_21151568.jpg
b0237687_21153217.jpg

担担の獣舎の横に寄せ書きがあった。

それは担担の誕生日のお祝いの寄せ書きであった。

ざっと見たところ22歳のお祝いのよう。

今月か先月かが誕生日だったのかと寄せ書きをよーく見たら、2017と書いてあった。

月日は記されてなかったので、帰ってから調べて見たら1995年9月16日生まれだった。

前の旦那とは死別したので新たな旦那さん探しをしているらしい。

パンダの22歳、人間で言うなら何歳ぐらいなんだろうね。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-20 00:00 | 動物
b0237687_21150501.jpg

実は汚~い池、暖かい日などは臭ってくる

写真とは不思議なものだ、真実を写し取ると書いてはいるが真実を写し取ってはいない

汚い池ではあるが、綺麗な池であって欲しいいう願いから、露出補正で偽りを表現した

いや、こうあって欲しいという願いを表現した


正直、どんなに暑くとも、素足でこの池の中には入りたくない

でも、フラミンゴは平然とし、嘴さえ水の中に入れて餌を漁っている

よくぞ病気にならないものかと感心するが

人間が清潔過ぎるのかも知れない


神戸・灘 王子動物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-17 00:20 | 動物
b0237687_20401626.jpg

仲よきことは美しき哉
たしか武者小路実篤の言葉だったような

「真実を写し取る」と書いて「写真」と読む
果たして現代写真は真実を写し取っているのだろうか
いや、それで良いのだろうか
流れの中のその一瞬一瞬を記録する
その一瞬は確かに真実であることは間違いではないだろう
でも、一つの流れの中の意味することと、その中の一瞬が意味することは必ずしも一致しない

この写真、2羽がつつき合っているところの、その一瞬を捉えた
つつき合っているという流れの中では仲が良いとは決して言えないが
その一瞬は仲が良いように見える

結果、写真とは真実であるかどうかなんてどうでも良い
目の前の現象を自分がどう表現したかである

だから現代の「写真」は「写心」と表現すべきかも

神戸・灘 王子動物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-01-17 00:18 | 動物
b0237687_7501963.jpg

カメラを構えると
誰が教えたのか知らないけれど
しっかりとポーズをとってくれる
手足の位置、目線、胸の見せ方、申し分なし
こんなこと、誰も教えるわけはないからきっと天性のものであろう

神戸・灘 王子動物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-01-12 00:20 | 動物
b0237687_21241493.jpg

ダチョウではない、エミューと呼ばれている種
動きはゆっくりではあるが、じっとしてはいない
特に頭部は動きっぱなしで止まることは殆ど無い
止まってもほんの一瞬で、アップでミラーレス一眼のAFで撮るのはなかなか困難だ

この面構え、眼が活き活きとして魅力的
落ち着きが無いくらいちょこまかと顔があっちこっちと動くが
目が合うと、活き活きとしたやんちゃ坊主の眼を思い出す

神戸・灘 王子動物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-01-08 00:23 | 動物
←menuへ