タグ:淡路島 ( 60 ) タグの人気記事
昭和モダン
b0237687_22123528.jpg


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-07-23 00:01 | 人物
青空の下で
b0237687_20424644.jpg


※画像をクリックすると拡大します

※いつものつぶやきは左の「More」をクリック願います


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-07-20 00:01 | 建造物
光の十字架
b0237687_20145521.jpg

天空からの光が十字架を描き出す、小ぢんまりした素晴らしい教会。

建築家の安藤忠雄氏の設計。

光と影が見事なほど演出さた、実にフォトジェニックな教会だ。

夢舞台に行けば、必ず立ち寄ってしまう。


淡路島・夢舞台 海の教会にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-06-17 00:01 | 建造物
アンスリウム
b0237687_22274445.jpg
b0237687_22275537.jpg

この花の魅力はなんと言っても、赤いハート型をした花。

正確に言うと、それは花ではなく葉っぱ。

仏炎苞と言うらしい。


この葉っぱを上から眺めているだけでは、赤い可愛いハート型をした花にすぎないけれど

光の入れ方、見る角度やアングルで素晴らしい造形美が生まれる。


淡路島・夢舞台 奇跡の星の植物館にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-06-14 00:01 | 植物
Selfie stick
b0237687_09300176.jpg

いわゆる自撮り棒

自撮りそのものは相変わらずあちこちで見かけるが

自撮り棒を使った撮影のブームは去ったようだ

一時は観光地などに行くと、この自撮り棒が乱立して危なくってしょうがなかったけれど

今は少なくなってホッとしている


その頃は自撮り棒を使った撮影とタブレットでの撮影が目についた

そのような撮影は海外のアジア系の観光客の方々の比率が高かったように思う


淡路島・あわじ花さじきにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-31 00:22 | 人物
壁面の日時計
b0237687_20192642.jpg

ここは何時来ても楽しい

晴れている時はもちろんの事、曇っていようが雨が降っていようが

午前であっても、午後であっても

夏であろうが冬であろうが

夫々違った顔を見せてくれる

でも、万人に違った顔を見せてくれる訳ではない

撮影者がその気で対峙しないとつまらない顔しか見せてくれない

人の撮影データを聞き、そのままをセッティングして撮る人には微笑むことすらしてくれないであろう


淡路島・夢舞台にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-22 00:18 | 建造物
滝の裏側
b0237687_15474536.jpg

滝と云ってももちろん人工の滝

この滝の裏側に一般人が通れる通路があった

表側からは興味をそそらなかったが、裏側からはなぜかカメラを向けたくなった

こんなところまでどう見せるかという細かな配慮がされている

夢舞台の設計者、安藤忠雄という男はなんというヤツなんだろう


淡路島・夢舞台にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-15 00:18 | 建造物
温室の蘭
b0237687_21092126.jpg

この時期の蘭の花って、温室でしか見られないだろう(と思う)

だから、タイトルにあえて「温室」って記さなくってもよかろうに・・・

寒空であるが故に、温室の「春うらら」的な温もりと柔らかさを表現した

そんな訳で、あえて「温室」と記してしまった


花撮影=マクロレンズと思い込んでいらっしゃる方も多いと思う

どんな被写体に於いてもこのレンズだという定説はない

自分が撮りたいレンズを使えば良い、そういう意味からだとマクロレンズも大いにアリであるが

でも、他のレンズも使うことで、表現の巾はもっともっと広がることも多い

ちなみに、この場合は18-135mmm f3.5-5.6の望遠ズームだけで、クローズアップレンズ等も装着していない


淡路島・夢舞台 奇跡の星の植物館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-13 00:22 | 植物
白鳥の湖
b0237687_16385980.jpg
b0237687_16390950.jpg

湖ではなくて人工の池、実際の白鳥ではなくペダルボート

休園日でもないのに貸し出されて動いているボートは皆無

そりゃそうだ

咲いている花も季節の切り替えのため、めぼしい花も無いため入園者も極めて少ない

まして、クソ暑いのに自力で漕がねばならないボートに乗る酔狂な者も居るはずもなし

後はこの園内で営業しているレストランで、米ビールを呑んで釜揚げしらす丼を食って帰るだけ

この米ビールと釜揚げしらす丼には裏切られることはない


淡路島・明石海峡公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-20 00:21 | 乗り物
みなしごハッチが走る丘
b0237687_19410344.jpg

この国営公園は四季を通じて様々な花が楽しめる

ここの向日葵は遅めで、他の向日葵が終わってもここは大丈夫!

と思っていたが、遅すぎたようで一部を除き刈り取られ、秋のコスモスの準備中だった


同じく、このポプラの丘も色とりどりの花で覆われるのだが、ここも中途半端

四季を通じて花が楽しめるというけれど、やはり端境期というものが存在するようだ


園内を走る遊覧電気自動車

正式には夢ハッチ号と呼ぶ

このクソ暑い時期、来園者の数が極めてすくないので、この夢ハッチ号に乗る客もほとんどいない


淡路島・国営明石海峡公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-11 00:22 | 風景