タグ:万博記念公園 ( 78 ) タグの人気記事
咲きはまだまだ
b0237687_16442690.jpg

※いつものつぶやきは左の「More」をクリック願います


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-07-15 00:01 | 植物
まだもう少し
b0237687_20154968.jpg

※いつものつぶやきは左の「More」をクリック願います


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-07-13 00:01 | 植物
雨上がり
b0237687_20344750.jpg


※画像をクリックすると拡大します
※いつものつぶやきは左の「More」をクリック願います


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-07-12 00:01 | 動物
あじさい園
b0237687_22355374.jpg

私が訪れた時、この公園の中央口は先の北大阪地震の影響で閉鎖されていた。

(今も閉鎖されたまま)

だから、通常ならばモノレールの万博記念公園駅で降りるはずのものを

もう一つ先の公園東口駅まで行かねばならなかった。

この駅から公園の東口はすぐではあるが、東口からあじさい園は公園の東と西の両端。

一生懸命に歩いて20分強の距離。

そのお陰で人はまばら

誰に文句を言うわけではないが「こんちくしょう!」

誰に礼を言うわけではないが「ありがとう」と言いたくなる。


大阪・千里 万博記念公園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-07-08 00:01 | 植物
せせらぎ
b0237687_20521904.jpg

水の表情表現はシャッター速度で如何様にもなる

ただ、自らがどんな表情にしたいのかが明確になっていないと話しにならん

ただ、シャッター速度を遅くして柔らかな表現だけではなんとかの一つ覚えと同じ

残念ながら、そのひとつ覚えが氾濫しているのも事実


大阪・万博記念公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-27 00:01 | 風景
Plum blossom
b0237687_21114427.jpg

梅の撮影、こうあらねばならないというものは無い

梅に限らずどんな被写体でも、こうあらねばならないというものは無い

ただ、自分の作風というか、自分なりの撮り方は概ね決まってくる

その撮り方のバリエーションが人によって少ないか多いかの違いはある


概ね決まってしまった撮り方から脱却するのはなかなか困難だ

なぜ困難なのかと突き詰めていくと、今までと違った撮り方をすることで失敗するのではないか

その不安感から逃れられず、ついつい今までの撮り方を続けて行ってしまうのではないかと


自分自身が思っている梅撮影はこんな感じかなという考えから思い切って脱却してみた


大阪・吹田 万博記念公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-12 00:22 | 植物
万博公園の梅
b0237687_12340601.jpg
b0237687_12341724.jpg

1970年開催の大阪万国博覧会

その時私は大学生だった

その広大な跡地は万博記念公園となり、改めての遊具は殆どないが自然を活かした素晴らしい公園になっている

その中に梅園があり、毎年訪れるのを楽しみにしている

この梅園は柵やロープで囲って無く、木の根元まで立ち入ることができる

それだけ観梅に訪れる人々のマナーが良いということだろう

反面、自分のバッグやリュックで小枝を折ってしまったり、蕾や花を落としてしまわないよう充分に気を付けなければいけない

マナー違反の人も居らず、晴天で且つ暖かな日で、実に気持ちのよい一日が過ごせた


大阪・吹田 万博記念公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-08 00:20 | 植物
花の魅力
b0237687_21423064.jpg

花の魅力ってなんだろう

美しいから?可憐だから?いい香りがするから?

理由なんてどうでも良い

◯◯の花が咲いているから見に行こう、撮りに行こうと

四季折々咲いている花を追っかけてしまう


追っかけまわしてパシャパシャ撮れば、花は何にも云わないけれどストーカーと同じ

美しい花をより美しく撮る努力を如何にしているかが大事であり、永遠の課題でもある

花は何も喋れないから、その思いを汲み取ってやらねばならない

じっくりとその花と対峙すれば、その花の思いが伝わってくるのではないだろうか

と偉そうなことを言ってはいるが、これが極めて難しい

花撮影、簡単なようでいて、これなかなか奥が深い


大阪・万博記念公園 花の丘にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-12 00:20 | 植物
ハイキー調のコスモス
b0237687_23121468.jpg
b0237687_23122887.jpg

一昨日はローキー調のコスモスをアップした

今日はハイキー調のコスモス

ローキー調は露出補正をよりマイナスに、ハイキー調は露出補正をよりプラスに

これがカメラ側の操作であるけれど、どんな被写体もそれだけでローキー調にしたり、ハイキー調にしたりできるかというとそうではない

そのシーンの光の調子と被写体の色合いによってうまくいくかいかないかが決まってしまう


大阪・万博記念公園 花の丘にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-07 00:20 | 植物
コスモスのオーラ
b0237687_21411246.jpg

花の撮影教本、本屋に行けばいくらでも並んでいる

また、カメラ月刊誌や季刊誌にもよく特集が組まれている

そして発刊されている大方の記事内容では、望ましい撮影条件は直射日光の当たらない日陰か曇天が良いと・・・

確かに、それが一番美しく撮れるかもしれない

しかし、美しく撮れればいいの?

自分の表現は?と問いたい


光として利用価値のある、斜光や逆光、もっともっと大事にすべきだと思う

写真を撮るにあたって、こうあらねばならないということは一切ない

この気象条件だからダメだではなく、この気象条件だからこそ撮れるものがある

言い換えれば、この条件だからこそ表現できるものがあると考えるべきだと思う

文字になったものを鵜呑みにする、文字になったものが全てだと信じ込むのではなく

もっともっと自分の思いを表現する為にあらゆることを試してみようよ


大阪・万博記念公園 花の丘にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-05 00:21 | 植物