タグ:なら町 ( 61 ) タグの人気記事
庚申さん
b0237687_20592550.jpg


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-10-27 00:01 |
率川地蔵尊
b0237687_21424819.jpg


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-10-07 00:01 | 寺社仏閣
店頭のお守り
b0237687_12320289.jpg

なら町には赤いぬいぐるみのようなものを軒下にぶら下げている民家やお店が多い

これは簡単に言えば魔除けの猿であって庚申さんと呼んでいる

家の中に災難が入ってこないように吊るし、この猿が災いを代わりに受け取ってくれるということから

「身代わり申」とも云われている

この庚申さんをお祀りしているところが庚申堂であり

関西で私の知っているところは、このなら町の庚申堂と京都の八坂庚申堂、そして大阪の四天王寺庚申堂などがあり

この形や色が少しづつ異なるのもまた面白い


奈良・なら町にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-20 00:01 | 寺社仏閣
休憩所
b0237687_11002405.jpg

奈良の元興寺に来れば、必ずこの休憩所に立ち寄ることにしている

疲れているからではない

この場所に入り込んでくる光が好きだから


奈良・なら町 元興寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-13 00:20 | 寺社仏閣
格子窓から
b0237687_20215052.jpg

外から一般の民家をこのように撮ると立派な犯罪だ

でも、ここは一般の民家ではなく奈良の町家を保存し「格子の家」として一般公開している町家で人は住んでいない

開館している間はひっきりなしに観光客が訪れる

それもほとんどが海外の人

なかなか人が居ない状態というのは無いのだけれど

しばらく待つと人の流れが途絶える一瞬がある

その一瞬まで待つ忍耐が必要だ


奈良・なら町 格子の家にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-11 00:18 | 建造物
蚊帳って知ってる?
b0237687_17552913.jpg

蚊帳って知ってる?

今の若い人は知らないだろうな

私の若い頃それも幼少の頃、夏の夜は蚊を避けるため

蚊が通り抜けれない程の網目のネットで四方と上部を囲った立方体を寝床の上に吊るして寝た

この寝床を囲むようにして吊るして蚊を避けるものを「蚊帳」と呼んだ

当然、寝床に入る時はその蚊帳の裾を素早く捲くって寝床に転がり込む

クーラーなんてものは世の中に存在していなかったから

窓や縁側はずっと開けっ放し

今であればそんなこと恐ろしくて無謀そのもの

それだけ日本は平和だったということか


奈良・なら町にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-05 00:22 |
夏の極楽堂
b0237687_20365209.jpg

元興寺の本堂のこと

本堂の後ろには禅室があり、共々国宝指定されている


朝夕が涼しくなってきたが昼間は相変わらず暑い

この本堂の両側の緑は萩

そろそろ咲き始めるのではないだろうか

萩は秋の七草の一つ

もう少しで秋

この元興寺にも真っ赤な彼岸花が咲き乱れる


奈良・なら町 元興寺にて


※本日1日(金)から7日(木)まで富士フィルム大阪サービスステーションのコミュニティーギャラリーで

FUJIFILM Xシリーズで撮影した作品展が開催されている

私の作品も展示されている

10:00~19:00 最終日は14:00まで

お暇な方はぜひ時間つぶしにでも


b0237687_20374351.jpg


[PR]
by kouga2100 | 2017-09-01 00:22 | 建造物
ブリキのワンコ
b0237687_17595371.jpg

真夏の晴天下、お昼時のレストランの店先

鉢植えを背負わされたワンコが痛々しく思える暑さだ


ワンコが背負わされている植物は

英名では「dollar plant」、日本での通称名は「金のなる木}、又は「成金草」

正式な和名はあるようだがほとんど使われていない


店先に、あるいは店内に「招き猫」を飾り、商売繁盛を願っているお店は多々あるが

このように直接的に「金(カネ)」を意識した店は珍しい

もっとも、店主がこの植物の意味を承知で店頭に出しているのか、そんな意味など無関心なのか

あるいは、軽いジョークなのかは分からない

承知の上ならば、入りたくないレストランの部類に入る


奈良・なら町にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-19 00:20 | 雑貨・小物
浮図田の桔梗
b0237687_20481871.jpg

浮図田とは先日も説明したが、石塔や石仏を寄せ集めたところと私は解釈している

この元興寺のウリは、この浮図田に咲く夏の桔梗と初秋の彼岸花

ここの浮図田は隣接して二つに分けられており、大まかに片方が桔梗、もう片方が彼岸花と区別して咲かせている

そして、それぞれの咲き具合が近年芳しくない

先日訪れたときに、たまたま庭師の方がこの浮図田の手入れをされていたので、立ち話で聞いてみた

ここ数年、桔梗や彼岸花の咲きが芳しくないように思えるのですが、何故なんでしょうねーと

庭師の方曰く、同じ場所に同じ花ばかりを長年咲かせているので土壌が弱って来ているのです

今、その土壌の改良をしているのでもうしばらくお待ち下さいと

このもうしばらくと言うのは数日ではなく、多分数年


奈良・なら町 元興寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-14 00:18 | 植物
お堂の向こう側
b0237687_08044987.jpg

お堂の中からではない

向こうに見える出入り口に対して、手前にもお堂の出入り口がある

手前の出入り口から向こうの出入り口を通して浮図田を

基本的には堂内は撮影禁止

この撮影方法は堂内の一部が写ってしまうのでお寺側の了解を得ている

浮図田とは、石塔や石仏が集められたエリアと私は解釈しているが、詳細は別として大まかには間違ってはいないと思う


奈良・なら町 元興寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-12 00:20 | 寺社仏閣