b0237687_21400265.jpg

目は心の窓とも言う。

目を見ればその人の真の心を伺い知れるという例え。

実は、写真も同じようなもの。

目ほど明確にその人の心を覗くことはできないが、写真もその人の人となりが現れる。

またその時の心象によってもその状況が現れる。


大阪・舞洲 ゴミ処理場にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-24 00:01 | 建造物
b0237687_21050956.jpg

藤の花も例年より早いようだ。

春日大社の藤は例年だとGWの時が見頃。

でも今年は既に見頃になっているとか。

近所の公園の藤棚も然り。

焦ってしまう。


西宮・近所の児童公園にて


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-23 00:01 | 植物
b0237687_20445676.jpg

イルカのパフォーマンスショー。

ただただ、ジャンプに合わせてシャッターを切るだけでは自分の表現にならない。

それがたとえ綺麗に撮れたとしても記録写真の領域を出ることはない。

如何に躍動感を表現するかがポイントである。

高速シャッターで被写体の動きを止める、あるいは低速シャッターで背景を流す。

何れにせよ、その場合はこうでありたいというイメージがなければ、テクニックに走ってしまうだけ。

いつもは、低速シャッターで背景を上下に流すことが多いが、今回は高速シャッターで静止させた。


神戸・須磨 須磨水族園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-22 00:01 | イベント
b0237687_23264766.jpg

花のクローズアップは近所の花で充分だ。

アップで撮るのであれば、時間をかけて交通費をかけてわざわざ遠くまで撮りに行く価値はない。

しかし、どこそこへ撮りに行くと言う事で、自分の気持ちが高ぶるのは確か!

この気持は極めて重要。

だから、遠くに行くのは価値が無いと言っているのではなく

遠くに行ってまでクローズアップばかりではちょっともったいないかなと。


西宮・とある公園にて


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-21 00:01 | 植物
b0237687_21000241.jpg

汁そばとミニ天丼のそば定食。

このような場合、どちらにピントを持ってくるか?

よく聞かれることであるが、実に簡単な事。

自分がどちらをメインにしたいと思っているか。


天丼をメインに思っているならば天丼にピントを。

蕎麦をメインに思っているならば蕎麦にピントを。

ただそれだけ。

但し、メインとサブをどの様に配置するか。

また、メインとサブの分量をどの様な比率にするかが大事。

同じ切り取りで、どちらにピントを持ってくるかを考えるから悩むことになる。


篠山・篠山城下にて


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-20 00:01 | 飲食物
b0237687_20071172.jpg

花期はもう終わってしまったけどね。

コブシとモクレンの区別が難しい。

それもそのはず、どちらもモクレン科モクレン属だから。

簡単な見分け方。

モクレンの花びらの数は9枚だけど、コブシは5〜6枚。

モクレンの花は上を向いて咲くけど、コブシは横を向いて咲く。

あと、花びらが開くかチィウーリップの様に閉じてるかとか

花びらの肉厚がどうだとか、いろいろあるけど、向きと枚数でほぼ区別できる。


大阪・舞洲 スラッジセンターにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-19 00:01 | 建造物
b0237687_23144785.jpg
b0237687_23145408.jpg
b0237687_23150374.jpg

本当は近江八幡で下車する予定だった。

でも気がついた時は、近江八幡駅を出てしまっていた。

通常ならば、次の駅で降りて引き返すところを、そのまま行ってしまえと。

青春18切符ならではの決断。

以前、仲間から聞いていた木ノ本駅の近くにある美味しい寿司屋さんを思い出し

そこに行くことに急遽変更。

こういう気ままな旅は車で行っているような感じ。

いっぺんに青春18切符のファンになってしまった。


あっ、鯖寿司が入ってない!

実際は二切れありました。


滋賀・長浜 木ノ本にて


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-18 00:01 | 飲食物
b0237687_22530297.jpg

我が家近辺の今年のソメイヨシノは完全に終わった。

しかし、見事なほど散り際の潔さ!

もっともっとしがみついていても良いのではと・・・

自分が納得するまでとことんやってみるのもひとつの考え方。

決断できずにウジウジするのとはまったく違う。


篠山・篠山城跡にて


※画像をクリックすると拡大します



[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-17 00:01 | 植物
b0237687_17520945.jpg

なかなか楽しそうな着水だ。

ただ水の上に着水するのではなく、水面を滑走して着水する。

上手いこと水掻きを広げて、水上スキーの如く。


従来のFUJIFILMのXシリーズでは、向こうから手前に移動してくる被写体へのピント合わせは困難であったが

この度発表されたX-H1は見事に対応できるようになっている。

画像の良さだけではなく、操作系に於いても他メーカーとも引けを取らない。

これでほぼ鬼に金棒と思う。


神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-16 00:01 | 動物
b0237687_07494127.jpg
b0237687_07495052.jpg

去年の桜の頃に篠山城跡を訪れたのは覚えている。

また、お堀のボート乗り場のボートと桜を撮ったのも覚えていたが

どの様に撮ったのかは覚えていなかったし、事前確認もしなかった。

しかし、今年も同じ組み合わせで撮り、帰宅してから去年の咲き具合を確認していて驚いた。

1年後でも、ほぼ同じ立ち位置、同じアングル、同じ切り取り範囲にはびっくりした。

狙うには、この場所このアングルしかないのか、あるいは全く自分が進歩していないのか・・・


肝心の咲き具合の比較は、上が去年のもので4月10日、下が今年のもので4月7日の撮影だ。

咲き具合はその年の気候によって変化する。

花期が短い花だけに、見頃・撮り頃に合わすのはなかなか厄介だ。


いや、合わす必要はないと思うようになってきた。

その花の、その時の状況をどう表現するのかが大事ではないかと・・・

人間で言うならば、若い時だけが撮影に適しているとは言えないのと同じ。

年を重ねればその時の魅力が。

その魅力を引き出し、表現するのが撮影する側の器量だと。

花も同じ。


篠山・篠山城跡にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
# by kouga2100 | 2018-04-15 00:01 | 植物
←menuへ