人気ブログランキング |
<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧
これも紫陽花
b0237687_20212687.jpg

紫陽花も様々な園芸種が存在している。

それぞれに名前が付いているが、これとあれはどこが違うの?

と言うぐらい見分けのつかないものも多い。

それは、普通に花として眺めているだけだから違いが分からないのかも知れない。

花撮影も同じかも。

一般的なアングルでの撮影は一般的な花写真になってしまうのでは。

様々なアングルから眺めてみて、その花の良さが再発見できるような気がする。


奈良・橿原 久米寺にて


※画像をクリックすると拡大します


by kouga2100 | 2018-06-30 00:01 | 植物
それぞれの刻(とき)
b0237687_22492537.jpg

販売員さん、アウトレットの関係者、マリーナ関係者、撮影者。

様々な人々が行き交う。

しかし、不思議なことにこの一角は買物客の姿ほとんど見かけない。


神戸・垂水 垂水アウトレットパークにて


※画像をクリックすると拡大します


by kouga2100 | 2018-06-29 00:01 | 人物
三つのお日様
b0237687_22561680.jpg

お日様である訳がない。

確か、オレンジに光る点光源。

その正体は、枯れた紫陽花の花びら。

点光源がボケると玉ボケになる。

玉ボケの大きさはボカシ具合でコントロールできる。

しかし、どんな被写体であれ、背景選びがその良し悪しを決定する。


奈良・橿原 久米寺にて


※画像をクリックすると拡大します


by kouga2100 | 2018-06-28 00:01 | 植物
囚われの自転車
b0237687_20210982.jpg

もちろん、この自転車が囚われている訳ではない。

格子戸の向こう側に置かれた自転車。

京都ならではの風情。

古きものと新しきものの融合。


京都・東山 祇園にて



by kouga2100 | 2018-06-27 00:01 | 乗り物
白き紫陽花
b0237687_22401272.jpg

小さくて白い花は可憐な感じ、百合のように大きくて白い花は優美な感じ。

では、その中間の大きさの白い花は・・・

清楚な感じ。

しかし、ここで言葉遊びをしていても始まらない。

撮り手がどう感じるかであり、感じたように表現するにはどうしたら良いかであって

感じた内容の表現よりも、テクニックばかりに気を取られている写真が多いように思う。


神戸・六甲山 市立森林植物園にて


※画像をクリックすると拡大します


by kouga2100 | 2018-06-26 00:01 | 植物
太陽の下で
b0237687_22152498.jpg

室内でするよりも太陽の光が降り注ぐ屋外でするほうがいい。

砂浜で海風を肌で感じ、波の音を聞きながらするヨガ。

心身ともに実に心地よいだろう。

ただ、暑くはないかと余計なお世話であるが気にかかる


神戸・垂水 アジュール舞子にて


※横位置画像はクリックすると拡大します

b0237687_22153851.jpg

by kouga2100 | 2018-06-25 00:01 | 人物
シロツメグサの咲く頃
b0237687_21443513.jpg

JRの駅にして垂水から舞子までの海岸線。

アジュール舞子と呼ばれ、夏場は海水浴場になる。

その少し前、梅雨に入る前は少し暑いけど気持ちの良い散歩コース。


神戸・垂水 アジュール舞子にて


※画像をクリックすると拡大します


by kouga2100 | 2018-06-24 00:01 |
出番待ち
b0237687_21254881.jpg

知る人ぞ知る、いわゆる蛸壺。

昔は、素焼きの陶器で壷そのものの形をしていた。

今は見ての通り、壷の形ではなく、寝かせたときに海底でゴロゴロ動かないような形をしている。

また、材質も陶器製からプラスチック製に変わり、耐久力もアップしているようだ。


神戸・垂水 垂水漁港にて


※画像をクリックすると拡大します



by kouga2100 | 2018-06-23 00:01 | 雑貨・小物
緑のプロペラ
b0237687_22554176.jpg

楓の種、出来たての種。

いずれ、くるくると回りながら地上に舞い降りる。

そして運が良ければ、芽を出し小さな小さな楓の誕生となる。

大きく育つまでに様々な試練が待ち受けているだろう。

ふと思う。

種から立派な楓に育つ確率ってどのくらいだろうかと。


神戸・須磨 須磨離宮公園にて


※画像をクリックすると拡大します


by kouga2100 | 2018-06-22 00:01 | 植物
襟足
b0237687_09442943.jpg

あの女性のうなじはセクシーだ、などと言う。

あの女性の襟足はセクシーだとは言わない。

うなじと襟足は同じものなのか、異なるのか。

はたまた、首筋はどうだろう。

日常のちょっとしたことでも、ひょんなことから疑問が湧いてくる。


京都・祇園 安井金比羅宮にて


by kouga2100 | 2018-06-21 00:01 | 人物