<   2018年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧
藤と菖蒲と・・・
b0237687_16132133.jpg

藤はフジ。

菖蒲はアヤメ。

しかし、アヤメには似通った花があと二つ存在する。

三つを漢字で並べるとこうだ。

菖蒲、菖蒲、杜若 ?

左からアヤメ、ショウブ、カキツバタ。

アヤメとショウブに至っては漢字まで同じ。

ややこしすぎる。

でも、これはアヤメ。

4月23日に訪れた時は、ちょうど見頃だった。

藤も菖蒲も。


奈良・春日大社 神苑にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-30 00:01 | 植物
渡り廊下
b0237687_23282892.jpg

ハーバーランドのumieのNORTHMALLとSOUTHMALLを繋ぐ渡り廊下。

別の渡り廊下から撮影。

どのぐらい切り取るか、どのくらい人の動きを入れるかがポイントになる。


神戸・ハーバーランド umieにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-29 00:01 | 建造物
キリンの尻尾
b0237687_22345622.jpg

神戸新聞社本社ビルの前にキリンのオブジェがある。

このオブジェ、数え切れないくらい撮っている。

ある時は広角で、あるいは望遠で、はたまた標準で。

訪れる度に意識しないと同じようなものばかり量産してしまう。

もちろん、季節が違う、時間帯が違う、気候が違う等など、変化はあるがワンパターンに陥ってしまう。

それがその人の作風だと勘違いしている人がいるが、それは大きな間違い。


神戸・ハーバーランド カルメニ前にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-28 00:01 | 建造物
初夏にて候
b0237687_21461108.jpg

桜も終わり、紫陽花までの間を埋めてくれるのがこの石楠花。

もちろん、この時期には藤であったり、牡丹であったりと様々な花が咲き乱れる。

寒い冬が終わり、梅が咲き桜が咲き、やっと春の訪れを感じたら

あという間に初夏の訪れ。

この分だと、あっという間に夏が過ぎ、秋が訪れ、冬が来る。

なんと一年が速いことか。

歳を重ねれば重ねるほど一年はあっという間。


京都・大原 三千院にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-27 00:01 | 寺社仏閣
男傘女傘
b0237687_22461768.jpg

男傘・女傘という言い方があるのかは知らない。

大きな意味では和傘・番傘に分類されると思うが

それ以上調べようとしないのは、それほど傘の種類には興味が無いから。

時々、結婚式の前撮りの小道具としてこの柄の和傘が使われている。

当然青い方が新郎用、赤い方が新婦用。


京都・大原 大原の里にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-26 00:01 | 雑貨・小物
港の麒麟
b0237687_22054499.jpg

港の麒麟。

誰が言い始めたのか、実に愛らしい表現だ。


この機械の正体は大型クレーン。

コンテナの積み下ろしを専門に行うガントリークレーンもあるが、これは違うようだ。

しかし、どちらにせよ港に並んでいる姿はなかなかフォトジェニック。



神戸・神戸港 ハーバーランドにて


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-25 00:01 |
心の窓
b0237687_21400265.jpg

目は心の窓とも言う。

目を見ればその人の真の心を伺い知れるという例え。

実は、写真も同じようなもの。

目ほど明確にその人の心を覗くことはできないが、写真もその人の人となりが現れる。

またその時の心象によってもその状況が現れる。


大阪・舞洲 ゴミ処理場にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-24 00:01 | 建造物
藤の花
b0237687_21050956.jpg

藤の花も例年より早いようだ。

春日大社の藤は例年だとGWの時が見頃。

でも今年は既に見頃になっているとか。

近所の公園の藤棚も然り。

焦ってしまう。


西宮・近所の児童公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-23 00:01 | 植物
躍動感
b0237687_20445676.jpg

イルカのパフォーマンスショー。

ただただ、ジャンプに合わせてシャッターを切るだけでは自分の表現にならない。

それがたとえ綺麗に撮れたとしても記録写真の領域を出ることはない。

如何に躍動感を表現するかがポイントである。

高速シャッターで被写体の動きを止める、あるいは低速シャッターで背景を流す。

何れにせよ、その場合はこうでありたいというイメージがなければ、テクニックに走ってしまうだけ。

いつもは、低速シャッターで背景を上下に流すことが多いが、今回は高速シャッターで静止させた。


神戸・須磨 須磨水族園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-22 00:01 | イベント
近所のチューリップ
b0237687_23264766.jpg

花のクローズアップは近所の花で充分だ。

アップで撮るのであれば、時間をかけて交通費をかけてわざわざ遠くまで撮りに行く価値はない。

しかし、どこそこへ撮りに行くと言う事で、自分の気持ちが高ぶるのは確か!

この気持は極めて重要。

だから、遠くに行くのは価値が無いと言っているのではなく

遠くに行ってまでクローズアップばかりではちょっともったいないかなと。


西宮・とある公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-21 00:01 | 植物