<   2018年 02月 ( 23 )   > この月の画像一覧

b0237687_21212999.jpg

見慣れてしまえば感動は遠のくのか。

我々のような他府県の者で、たまにしかこの場所を訪れない者は、このオブジェに感動する。

でも、この前をいつも通っている者は、感動を覚えることは無いであろう。


自分がいつも通っている通勤ルートや買い物ルート、散歩ルート等など。

見慣れ過ぎて感動を覚えないだけであって、ひょっとしたら凄く感動するものがあるのではないと。

ごく当たり前の景色であっても、新鮮な心で接すればいろんなものが見えてくるかも知れない。


京都・京都駅ビルにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-23 00:01 | 建造物
b0237687_20093327.jpg

人間の足跡が一切付いていない雪原は清く美しい。

その雪上にポツッ、ポツッと動物の足跡らしきものが。

自然そのものを垣間見た気がして幸せな気持ちになれる。


こういう雪原の露出は難しい。

撮影教本ではプラス補正せよと!

とんでもない、自分がどう表現したいかで露出補正は変わる。

いや、変えなければならない。

教本通りやっていては、綺麗な写真は撮れるかも知れないが、決して上達はしない!

はっきり言えることは、雪原の白さを追求する余り、白トビさせてはしまってはならない。

微妙な凹凸が、柔らかな曲線が損なわれてしまうから。


滋賀・高島 メタセコイヤ並木


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-22 00:01 | 自然
b0237687_20001308.jpg

火灯窓、仏教建築には欠かせない窓のひとつ。

花頭窓、華頭窓、架灯窓、瓦灯窓と呼ぶこともあるらしい。


そこからの光が心地よい。


京都・大原 三千院にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-21 01:01 | 寺社仏閣
b0237687_07382317.jpg

マーラはこの動物の名前でテンジクネズミ科に属し齧歯類だ。

体長は50cmちょっと、カピバラほど大きくはないが大型のネズミ。


寄り集まって集団逃亡でも密談しているのだろうか。

そんな中でも俺は知らんぞと、一歩引いてる奴が居る。

いかにも人間臭くて面白い。


神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて


※画像をクリックすると拡大します



[PR]
by kouga2100 | 2018-02-20 00:01 | 動物
b0237687_21432798.jpg

平日は静かな場所も土・日・祝は一気に様相は変化する。

やはり平日に来るべきだっと後悔してももう遅い。

拝観と共にお抹茶が振る舞われるが

殆どの観光客は本堂で手を合わすことすらせずに、適当に見て回り

お抹茶をいただきそそくさと寺を後にする。

観光って何だろうと思ってしまう。


京都・大原 宝泉院にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-19 00:01 | 寺社仏閣
b0237687_22000804.jpg

この階段の光が好きだ。

この階段の手摺が好きだ。

この階段の窓が好きだ。

光と影、微妙な明暗の世界。

今の建築様式ではこの雰囲気は出ないだろう。

同じような明暗が出せても、きっと重厚さが違うだろう。

それは歴史の重さと言ってもいいかも知れない。


神戸・北野 風見鶏の館にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-18 00:01 | 屋内
b0237687_20580822.jpg

ザラメ状になった雪が溶けかけて・・・

土塀の瓦の上に残ったその雪が逆光で輝く。

Photogenicなワンシーン。

だと思う。


京都・大原 三千院にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-17 00:01 | 自然
b0237687_21132185.jpg

寒い日が続く中にも暖かなしのぎやすい日もある。

そんな日は、ふと港に出てみたくなる。

なるほど、日が差し込んでいる時は暖かであるけれど、日が陰ってしまうと海からの風がやけに冷たく感じる。


そろそろ三寒四温の時期が来たのか。

しかし、まだまだ四寒三温、あるいは五寒二温の様相だ。

そろそろ梅の咲き具合も気になってきた。


神戸・ハーバーランドにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-16 00:01 |
b0237687_18035978.jpg

先程この集落を通り抜けてきた。

先ほどと言っても2時間ほど前。

この湖の周囲は6.4km.

普通に歩いたら1時間ちょっと。

写真を撮りながら歩くと3時間ほど費やす。

もちろんどの程度撮影に費やすかで所要時間は変わるけど。


これで、夕暮れで雪が舞っていたらどんな雰囲気になるのかと想像してしまう。


滋賀・長浜 余呉湖にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-15 00:01 | 風景
b0237687_20112774.jpg

本人はそんな気は無いだろうが、パチリと片目を。

ファインダー越しに見ているこっちはそう感じてしまうほど愛らしい。

自分が愛らしいなぁ~と思って見ていると愛らしく見えてくる。

そうでない感情で見ていると、やはりそうでない様に見えてくるから不思議だ。

昔の人はよく言ったものだ、アバタもエクボと。


神戸・須磨 須磨水族園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-14 00:01 | 動物
←menuへ