カテゴリ:建造物( 247 )

b0237687_22092188.jpg

姫路にある太陽公園。

姫路駅からバスで約35分、そして徒歩で約15分。

車だと楽に行けるが、公共の交通機関を使うとなかなか厄介だ。

城のエリアと石のエリアに別れていて、石のエリアは撮影には面白いエリア。

中国の万里の長城や兵馬廟等、様々な石像のレプリカが設置されている。


姫路・太陽公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-05-06 00:01 | 建造物
b0237687_23282892.jpg

ハーバーランドのumieのNORTHMALLとSOUTHMALLを繋ぐ渡り廊下。

別の渡り廊下から撮影。

どのぐらい切り取るか、どのくらい人の動きを入れるかがポイントになる。


神戸・ハーバーランド umieにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-29 00:01 | 建造物
b0237687_22345622.jpg

神戸新聞社本社ビルの前にキリンのオブジェがある。

このオブジェ、数え切れないくらい撮っている。

ある時は広角で、あるいは望遠で、はたまた標準で。

訪れる度に意識しないと同じようなものばかり量産してしまう。

もちろん、季節が違う、時間帯が違う、気候が違う等など、変化はあるがワンパターンに陥ってしまう。

それがその人の作風だと勘違いしている人がいるが、それは大きな間違い。


神戸・ハーバーランド カルメニ前にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-28 00:01 | 建造物
b0237687_21400265.jpg

目は心の窓とも言う。

目を見ればその人の真の心を伺い知れるという例え。

実は、写真も同じようなもの。

目ほど明確にその人の心を覗くことはできないが、写真もその人の人となりが現れる。

またその時の心象によってもその状況が現れる。


大阪・舞洲 ゴミ処理場にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-24 00:01 | 建造物
b0237687_20071172.jpg

花期はもう終わってしまったけどね。

コブシとモクレンの区別が難しい。

それもそのはず、どちらもモクレン科モクレン属だから。

簡単な見分け方。

モクレンの花びらの数は9枚だけど、コブシは5〜6枚。

モクレンの花は上を向いて咲くけど、コブシは横を向いて咲く。

あと、花びらが開くかチィウーリップの様に閉じてるかとか

花びらの肉厚がどうだとか、いろいろあるけど、向きと枚数でほぼ区別できる。


大阪・舞洲 スラッジセンターにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-19 00:01 | 建造物
b0237687_20153245.jpg

桜は散ってしまった。

けれど、新緑の季節には少し間がある。

あと、ほんの少し。


大阪・舞洲 スラッジセンターにて


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-12 00:01 | 建造物
b0237687_20523951.jpg

この建物をデザインした人物は、環境保護芸術家として世界的に有名なオーストリアの

故フリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー氏。

なんと大胆な!

建物の形状のユニークさだけではなく、建物の窓から樹木を張り出させたり

この様に塔の外側を螺旋上に樹木を植栽してみたりと、面白さも半端ではない。

故に、写真の被写体として何回訪れても新たな発見が生まれる。


大阪・舞洲 スラッジセンターにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-10 00:01 | 建造物
b0237687_17405533.jpg

京都タワーの写り込み。

ただそれだけを撮っても面白味に欠ける。

まぁ~様々な脇役の使い方が考えられるが、今回は人間をどう使うか!

ただ人間が歩いておれば良いということではない。

歩いている人間もタイミングが大事になる。


京都・京都駅ビルにて


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-01 00:01 | 建造物
b0237687_21212999.jpg

見慣れてしまえば感動は遠のくのか。

我々のような他府県の者で、たまにしかこの場所を訪れない者は、このオブジェに感動する。

でも、この前をいつも通っている者は、感動を覚えることは無いであろう。


自分がいつも通っている通勤ルートや買い物ルート、散歩ルート等など。

見慣れ過ぎて感動を覚えないだけであって、ひょっとしたら凄く感動するものがあるのではないと。

ごく当たり前の景色であっても、新鮮な心で接すればいろんなものが見えてくるかも知れない。


京都・京都駅ビルにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-23 00:01 | 建造物
b0237687_20513038.jpg

ハーバーランドの撮影の時は、必ずこの麒麟像を撮影する。

ちょうどハーバーランドの入り口に当たるところ。

ウォーミングアップにもってこいだ。

撮るという行為のウォーミングアップではなく、どう撮るかという頭のウォーミングアップ。

今回はほぼ真下から超広角で。

そうすると、ファインダーもモニターも見ることができないので、iPhoneをリモート機器にして

iPhoneの画面を見ながらFUJIFILM X-Pro2をリモートコントルールした。


神戸・ハーバーランド カルメニ前にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-08 00:01 | 建造物
←menuへ