カテゴリ:動物( 237 )

b0237687_17520945.jpg

なかなか楽しそうな着水だ。

ただ水の上に着水するのではなく、水面を滑走して着水する。

上手いこと水掻きを広げて、水上スキーの如く。


従来のFUJIFILMのXシリーズでは、向こうから手前に移動してくる被写体へのピント合わせは困難であったが

この度発表されたX-H1は見事に対応できるようになっている。

画像の良さだけではなく、操作系に於いても他メーカーとも引けを取らない。

これでほぼ鬼に金棒と思う。


神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-16 00:01 | 動物
b0237687_21470390.jpg

撮影者の目の高さを変えると立場や気持ちも変わる。

被写体に対し、目の位置を高くすると、大きく強い立場になり

手を差し伸べる優しさが生まれると共に、威圧する感覚も生まれる。


目の位置を低くすると、小さく弱い側に身を置く気持ちになり

世界をより一層大きなものとして感じ取れると共に、連帯感も生まれる。


神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-08 00:01 | 動物
b0237687_21471865.jpg

ホッキョクグマと来園者。

見合って、見合って、見合ってー。

参りました。

って、勝手にストーリーを作りました。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-06 00:01 | 動物
b0237687_22425717.jpg

日本には「立つ鳥後を濁さず」と言うことわざががる。

もちろん、立ち去るものは見苦しくないよう綺麗に始末していくべきと言う戒めである。

そういうことから、多くの鳥が立ち去る時は静かにすーっと飛び去っていくものと思っていたが

やはり例外はあるようだ。

いい言い方をすれば迫力ががる、そうで無い言い方をすると騒がしいとかガサツということになる。

下手をすると水しぶきまで浴びせかけられる。


神戸・ポートアイランド どうぶつ王国にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-02 00:01 | 動物
b0237687_22455633.jpg

ツルとかフラミンゴの眼は好きになれない。

何故かと言うと、いつ見ても意地悪そうな眼をして警戒しているから。

しかし、このフラミンゴの眼はそうでもない。

どちらかと言うと精気がない。

疲れているのか?

そうではない。

写真とは不思議なもので、一瞬を切り取るものだから真実でない場合が多い。

いや、一瞬一瞬は真実かも知れないが、流れの真実とは異なるものを切り取ってしまう。

だから面白い。

その事実を知って撮るのと、知らないままに撮るのとでは、表現力の幅は全く異なってくる。


神戸・灘 王子動物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-30 00:01 | 動物
b0237687_18140325.jpg

他の仲間と離れてぽつんと。

仲間外れにされているのか、ただ単にいじけているのか、両方なのか。

これだけは本人ならぬ本猿に聞いてみないと分からない。

ただ、ちょっと可哀想に感じてしまう。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-27 00:01 | 動物
b0237687_22193873.jpg

入口を入るとすぐにフラミンゴ池。

ここで多くの時間を費やしてしまう。

フラミンゴの仕草や水面に映り込む姿をずっと眺めていても全く飽きない。

風向きによっては少し臭ってくるものの、そんなものは対した問題ではない。

も少ししたら卵を産み、雛が孵える。

そうしたら、ますますこの場所から動けなくなる。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-24 00:01 | 動物
b0237687_14502429.jpg

正確には「オラウータン」。

オラウータンで通ってるからいいじゃないかと言うのは無責任かも知れない。

自分の名前を間違って流布されているのと同じで、有名になっても余り良い気はしないだろう。

有名になってしまえば、有名税と考えざるを得ない場合があるかも知れないけれど。


まぁー、それも大事であるが、ガラス面への周囲の写り込み。

どちらかと言うと、その写り込みはなんとか葬り去りたいと努力をするが

それを活かすという考えも選択肢のひとつとして扱えば良いのではと思う。

これ、桜の枝と蕾。

開花すると、なかなかの絵になりそう。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-22 00:01 | 動物
b0237687_21151568.jpg
b0237687_21153217.jpg

担担の獣舎の横に寄せ書きがあった。

それは担担の誕生日のお祝いの寄せ書きであった。

ざっと見たところ22歳のお祝いのよう。

今月か先月かが誕生日だったのかと寄せ書きをよーく見たら、2017と書いてあった。

月日は記されてなかったので、帰ってから調べて見たら1995年9月16日生まれだった。

前の旦那とは死別したので新たな旦那さん探しをしているらしい。

パンダの22歳、人間で言うなら何歳ぐらいなんだろうね。


神戸・灘 王子動物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-20 00:00 | 動物
b0237687_15550630.jpg

この二羽はマガモ。

派手な方が雄で、地味な方が雌。

何時も雌雄仲良く一緒なのか?


このカモの仲間にオシドリがいる。

オシドリは仲睦ましく常に一緒に居ることから

仲の良い夫婦を形容する言葉として「オシドリ夫婦」という言葉があるくらい。


でも、実はこの夫婦関係は1年で解消されるらしい。

翌年はまた異なる相手とペアになっているという。

1年だけだから、常に仲良くいられるのカモ知れない 笑。

マガモはどうなんだろう。


京都・北山 京都府立植物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-16 00:01 | 動物
←menuへ