カテゴリ:イベント( 131 )

b0237687_20445676.jpg

イルカのパフォーマンスショー。

ただただ、ジャンプに合わせてシャッターを切るだけでは自分の表現にならない。

それがたとえ綺麗に撮れたとしても記録写真の領域を出ることはない。

如何に躍動感を表現するかがポイントである。

高速シャッターで被写体の動きを止める、あるいは低速シャッターで背景を流す。

何れにせよ、その場合はこうでありたいというイメージがなければ、テクニックに走ってしまうだけ。

いつもは、低速シャッターで背景を上下に流すことが多いが、今回は高速シャッターで静止させた。


神戸・須磨 須磨水族園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-22 00:01 | イベント
b0237687_12520501.jpg

池の周りにも沢山の桜が。

そして、その木々の下には家族連れがお弁当を広げている。

それをそのまま写し取るのもひとつの選択肢。

綺麗に外したいのならば、噴水で隠してしまうのもひとつの選択肢。

しかし、入れるか外すかの選択肢だけではない。

どのくらい入れようかなと考えるのもひつつの選択肢。


西宮・夙川 夙川公園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-07 00:01 | イベント
b0237687_23031905.jpg

屋台もない、バーベキューもない、団体で宴会している者もいない。

だから、ゆったりと花見ができる。

ゆったりとそれぞれの時間を満喫できる。


去年だったかな、この場所で中年のご夫婦二人だけで手作りのお弁当。

酒はワイン。

それも紙コップではなく、ガラスのワイングラス。

この時ばかりはオシャレーと思った、そして羨ましくもあった。


西宮・夙川 夙川公園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-04-03 00:01 | イベント
b0237687_21260641.jpg

新郎新婦が歌の披露をした。

新郎の方は趣味でバンドをしているので全く問題ないというか、上手い。

しかし、新婦は私と同じレベル。

要は音痴なのだ。

私なら人前で歌うことはできないが、肝が座っていると言うか、無頓着と言うか・・・

姪っ子の新たな側面を見た


大阪・難波 スイスホテル南海大阪にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-26 00:01 | イベント
b0237687_20193919.jpg

結婚式は良い。

披露宴は好きでないが、式は教会で挙げようと神前で挙げようと心が洗われる。

若い二人の無限の可能性を感じる。

日本人である故なのか、御神酒で夫婦の契りを結ぶ三三九度が一番硬く結ばれるような気がする。


大阪・難波 スイスホテル南海大阪にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-23 00:01 | イベント
b0237687_20541170.jpg

姪っ子の結婚式に招かれた。

別の姪っ子の時はああ撮れだ、こう撮れだと結構細部に渡り注文が入り

結婚式場にも話を通していたのか、式場カメラマンと並んでの撮影が多かった。

この姪っ子は、撮れだのと何の注文も無いが、前回の撮影状況はその式に参列していたので周知の事実。

知っていて何にも言わないのには逆にプレッシャーがかかる。

午前中は仕事だったので、式に間に合うかわからないぞと言っておいたが

仕事が終わるやいなや式場まで駆けつけ、ギリギリ式に間に合った。

詳細は全く知らされず、神前式であることすら知らなんだ。

いい加減な叔父だ。


大阪・難波 スイスホテル南海大阪にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-21 00:01 | イベント
b0237687_16062068.jpg
b0237687_16063172.jpg
b0237687_16064126.jpg

今年の「じないまち 雛めぐり」は3月10(土)・11(日)の二日間。

私が訪れたのは2月の末日。

イベント期間中では無かったけれど、所々でお雛様が飾られ公開されていた。

ここも一般のお宅で、わざわざ玄関を開けて見せて頂いた。

以前もこのイベント前に訪れたときも、このお宅でお雛様を拝見した。


大阪・富田林 寺内町にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-13 00:01 | イベント
b0237687_22283266.jpg

これだけの大怪我をしたにも係わらず元気に飛び跳ねている。

人間ならばどうだろう?

少なくとも私だったら、いくら若い時と言えどもこれだけの元気は出せないだろう。

そう考えると、人間ってそうとう軟弱なのかも知れない。

いや、私以外の人達はもっともっと強いのかもしれない。


神戸・須磨 須磨水族園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-11 00:00 | イベント
b0237687_21452710.jpg

この状態をベストタイミングとは言うか言わないかは人によって異なる。

赤いボールが静止した状態でイルカの鼻っ先がボールの表面に当たるか当たらないかの瞬間、これをベストタイミングだと言う人もいる。

もう少し詳しく言うと

表現のベストタイミングと、技術的なベストタイミングがあり、そのタイミングはそれぞれ異なる。

例えば、スポーツ写真で野球のバットにボールが当たる瞬間を捉えた写真。

最近のその多くは、バットに当たったボールがバットに密着した状態で、且つボールがひしゃげている瞬間の写真。

これは表現のベストタイミング。

それが臨場感や迫力の表現につながる。


では、技術的なベストタイミングとは。

バットにボールが当たるか当たらないかの瞬間を描写した写真。

これは、ボールがひしゃげている時間よりももっともっと短いから、その瞬間を捉えるには技術が必要。

だから、表現と言うよりも技術的な上手さと言うベストタイミングとなる。


神戸・須磨 須磨水族園にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-07 00:01 | イベント
b0237687_21504623.jpg

神戸市北区にあるせいか、夜間は結構冷え込む。

冷え込めば冷え込むほど冬のイルミネーションは美しく輝く。

このプールはなんとか凍らずにいてくれたが、小さな池などは部分的に薄氷が張っていた。

このプールも薄氷が張っていたらどんな写り込みになるのか。

それはそれでまた興味深い。


神戸・大沢 フルーツフラワーパークにて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-01-21 00:01 | イベント
←menuへ