カテゴリ:寺社仏閣( 286 )
吊り灯篭
b0237687_20540844.jpg
※画像をクリックすると拡大します


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-07-28 00:01 | 寺社仏閣
1200羅漢
b0237687_22373624.jpg

※画像をクリックすると拡大します


More
[PR]
by kouga2100 | 2018-07-22 00:01 | 寺社仏閣
久安寺
b0237687_10431367.jpg

JR池田駅から路線バスで約20分。

降りると目の前が久安寺だ。

境内に足を踏み入れるとまず見えてくるのが円形の噴水池。

紫陽花の頃に訪れると、この池に色とりどりの紫陽花の花が浮かべてある。

これがまたお見事!

7月4日に投稿したものがその雰囲気。

ここは、秋の紅葉シーズンも見事。

一見の価値ありです。


大阪・池田 久安寺にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-07-06 00:01 | 寺社仏閣
若木が育つ
b0237687_19373944.jpg

鳥居の傍らで種から芽吹いたのであろう若木が育ちつつある。

一方、鳥居の材質は木

この鳥居の寿命はどのくらいか気になったので調べてみると

なんと、4~5年ぐらいと聞く。

隣で育ちつつある若木に比べたらなんという短命であろうか。

多分、完全に朽ち果てる前に解体し、新たに奉納される鳥居が立つのであろう。

この鳥居、一番小さい5号サイズで175,000円、一番大きい10号サイズで1,302,000円から。

この伏見稲荷、背後の稲荷山も含めて鳥居の数はざっと1万基あると言われている。

金額に直すと・・・

それが4~5年で入れ替わる。

ゲスい考えであるが、儲かってますな~。


ちなみに、一番安い鳥居で5年もったとしたら、1日あたりの奉納者の負担額は

175,000円÷5年÷365日=95.89円だ。

コンビニのコーヒーを毎日5年間買い続けるのと同じ金額で鳥居1基が奉納できる。

これなら自分も1基ぐらい奉納できるではないかと思ってしまう。


京都・伏見 伏見稲荷大社にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-06-07 00:01 | 寺社仏閣
旅行者の微笑み
b0237687_23052163.jpg

伏見稲荷大社

世界最大の旅行口コミサイトであるトリップアドバイザーによると

観光スポットとしての伏見稲荷大社は世界ランク25位に入っているそうな。

外国人が選ぶ日本の観光水ポットでは2013年から連続国内第一位を誇る。

以前からここを訪れる参拝客の8割は外国人と私は感じている(正月以外)。

場合によっては9割が。

そして以前はその大半が欧米人であったが、最近はアジア人の割合が急増してきているように思えてならない。


京都・伏見 伏見稲荷大社にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-06-05 00:01 | 寺社仏閣
雨の伏見稲荷
b0237687_20503384.jpg

千本鳥居の手前の鳥居の中。

大渋滞、これでは元旦と変わりが無いではないか。

平日なのに、ありえない!

きっと千本鳥居の前で空気が読めない奴らが記念撮影してるんだと!

ようやく千本鳥居の入り口にたどり着いたら、やっぱり予想通り。

憤りを通り越し、開いた口が塞がらないとはこのことだと実感。

千本鳥居の中はガラガラでした。


京都・伏見 伏見稲荷大社にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-06-03 00:01 | 寺社仏閣
蔀戸を開ければ
b0237687_22230105.jpg
b0237687_22234459.jpg
b0237687_22240688.jpg

はっと気がついた。

この「蔀戸」、過去にも掲載したのではないかと。

調べてみたら有りました。

17/12/11と15/06/03に掲載していた。


以前にも時を超えてほぼ同じ撮影だったと紹介した

18//04/15に掲載した「去年と今年}と18/05/16に掲載した「嵐山緑景」。

余りにも同じだったので自分自身も驚きを隠せなかったが、今回もほぼ同じ。


1枚目は今回分、2枚めは17/12/11掲載分の「蔀戸を開ければ」、3枚目は15/06/03掲載分の「蔀戸」

ここまで同じと言うのは、被写体に対する感じ方や撮影方法はブレてないと言うよりも

自分自身が進歩していないと言う方が適切ではないかと思う。

このことは、これからの私の大きな課題となる。


姫路・書写山 圓教寺・食堂(じきどう)にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-05-22 01:01 | 寺社仏閣
擬宝珠のてっぺん
b0237687_22475031.jpg

黒い金属の塊なんだけど

光の入り方や様々な条件が重なると

優しい曲線、柔らかな曲面が生まれる。


姫路・書写山 圓教寺・摩尼殿にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2018-05-20 00:01 | 寺社仏閣
水子地蔵尊
b0237687_20131457.jpg

圓教寺の本殿である摩尼殿から食堂(じきどう)、奥の院をぐるっと巡り

本殿に戻ってくる少し手前にこの水子地蔵尊が祀られている。

生を授かって何らかの理由で生まれてこれなかった子

生まれて1年未満にこの世を去った子の霊を祀っている。

この一体一体を祀っている親の気持ちを思えば手を合わさずにはいられない。

この前を通る度に、カメラを向ける前に必ず手を合わせることにしている。


姫路・書写山 圓教寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-05-17 00:01 | 寺社仏閣
お堂の向こう側
b0237687_21154569.jpg

本堂の左右の出入口から羅漢像が見える。

この寺、そもそもは8世紀中頃に東山の六波羅蜜寺近くに創建されたのであるが

現在に至るまでに紆余曲折が有り現在の地に落ち着いたらしい。

この寺の境内には約1200体の羅漢像が安置されているが、その殆どが昭和になってからのもの。

しかし、苔むした羅漢像が多く歴史を感じさせる風情がある。


京都・嵯峨野 愛宕念仏寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-05-14 00:01 | 寺社仏閣