ハイビスカス
b0237687_21203578.jpg
※画像をクリックすると拡大します。





多くの写真愛好家(一部のプロを含む)はクロースアップ撮影のときは絞りを開放にする。

いや開放にしなければならないとさえ思い込んでいる。

故に、開放f値のより小さいレンズをありがたがる。

なぜ?

背景を大きくボカしたいから。

しかし、そんなに大きくボカしてどうするの?

そんなに背景が大きくボケると言うことは、主題のほんの一部を残して他はぼけてしまうという事。

主題をそんなにボカして、何を表現したいの?

見た目の奇抜さ、珍しさを求めるだけでは自己表現になり得ないし、作品にもなり得ない。


神戸・布引 布引ハーブ園


[PR]
by kouga2100 | 2018-09-18 00:19 | 植物
<< ポートタワー お堂の大屋根 >>