b0237687_23250300.jpg
※画像をクリックすると拡大します





鎖というイメージは拘束されるという負のイメージが付きまとう。

それは、何かと何かを繋ぎ止めるという目的から派生しものかも知れない。

なにも考えなければ、鎖は鎖。

しかし、心象表現として使うとき

繋ぎ止めるという目的・意味合いから、何かを加えることで幅広い表現が可能になってくる。


神戸・ハーバーランド はねっこ広場にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-08-09 00:01 | 建造物
<< フラミンゴの目 umie >>