眼差し
b0237687_22455633.jpg

ツルとかフラミンゴの眼は好きになれない。

何故かと言うと、いつ見ても意地悪そうな眼をして警戒しているから。

しかし、このフラミンゴの眼はそうでもない。

どちらかと言うと精気がない。

疲れているのか?

そうではない。

写真とは不思議なもので、一瞬を切り取るものだから真実でない場合が多い。

いや、一瞬一瞬は真実かも知れないが、流れの真実とは異なるものを切り取ってしまう。

だから面白い。

その事実を知って撮るのと、知らないままに撮るのとでは、表現力の幅は全く異なってくる。


神戸・灘 王子動物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-03-30 00:01 | 動物
<< 流れ模様 披露宴の食事 其の二 >>