異人館の階段
b0237687_22000804.jpg

この階段の光が好きだ。

この階段の手摺が好きだ。

この階段の窓が好きだ。

光と影、微妙な明暗の世界。

今の建築様式ではこの雰囲気は出ないだろう。

同じような明暗が出せても、きっと重厚さが違うだろう。

それは歴史の重さと言ってもいいかも知れない。


神戸・北野 風見鶏の館にて


[PR]
by kouga2100 | 2018-02-18 00:01 | 屋内
<< そして誰もいなくなった クリスタルな輝き >>