人気ブログランキング |
FUJIFILM X-M1(クラゲ)
b0237687_103416.jpg

b0237687_1034188.jpg

b0237687_10343580.jpg

b0237687_10344887.jpg

どの水族館人行っても、このクラゲの居る水槽の前で費やす時間が最も長いように思う
水流に身を任せつつ、ゆら〜りゆら〜りと
それでいて少しだけ自分の意思で移動する
じっと眺めていると時間の経つのを忘れてしまう
そう思う人は結構多いのではないかと

このX-M1、思った以上に使い勝手がいいですねー
先日のAFとMFの切り替えも、撮影モードをカスタム登録しておくと一発で切り替えができるし
今日は、重箱の隅をもうひとつ突かせてもらうと
実はこのカメラ、独立したAEロックボタンがない
通常は、シャッター半押しでAEロックとAFロックがされる、もちろんこのカメラも同様
でも、ピント合わせの箇所と露出設定したい場所が異なる場合は、独立したAEロックボタンが欲しいところだ
これとてその機能は必ず必要かというと、そうではない
ピントを合わせた場所と異なる場所で露出設定したい場合は、露出補正すれば良いこと

どうしても、今までの一眼レフに搭載されていた機能の操作方法と比較してしまい、あれが無ければダメだとか、こうであって欲しいとか・・・
でも、ちょっと柔軟に考えると、その必要とする機能や操作性を損ねることなく異なった操作手順で可能になる場合が多い
少なくとも、私の撮影スタイルから見ると、余分なものは剥ぎおとされ見事にシェイプアップされたカメラだといえる
ほんの少し自分の操作手順をこのカメラに合わせてやれば、必要な機能や操作性は今までのカメラに劣るところは無い
むしろコンパクトで軽い分、持ち運びや撮影時の負担は軽減されるし
路上スナップにおいては周りの人を威圧することがないので自然な画が撮れ易い

今は借り物のカメラなのでこのぐらいにして
実際に自分のカメラが手元に届いてから所有しているXFレンズや新たな単焦点27mmではどんな画になるのかを改めて紹介したいと思う

大阪・天保山 海遊館にて

by kouga2100 | 2013-08-19 06:32 | 動物
<< 唐招提寺・金堂 夏休み 母と子 >>