タグ:神戸 ( 590 ) タグの人気記事
雲中の鍋
b0237687_12140075.jpg

厨房の窓に空が映っていた

もう少しよく見ると、窓ガラスを通して厨房の中が

誰も居なかったので鍋を映像としてちょっと拝借

鍋と空の雲をどう重ね合わせるか

しゃがんだり立ち上がったり、右に行ったり左に行ったり


神戸・元町 ハーバーランドにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-03 00:19 |
南京町の夜
b0237687_08582652.jpg

南京町

昔は中国人街を示す呼称であったらしいが、戦後は使われなくなり神戸のこの地域だけを表す呼称になっているようだ

横浜の中華街、長崎の中華街と並んで日本の三大チャイナタウンのひとつに数えられている

東西200m、南北110mの狭い地域だけれど、連日観光客で賑わっている

昼間に通るときは慣れ親しみすぎて当たり前の光景でカメラを向けることは無いけれど

たまに夜に通りかかると新鮮にみえてくる


今年一年、このブログにお越し下さりありがとうございました

来年も今年同様毎日投稿をめざしてまいりますので宜しくお願い致します

皆様、よいお年を


神戸・元町 南京町にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-31 00:20 |
Merry Christmas
b0237687_22303694.jpg

今は

イブだから、クリスマスだからといってウキウキするものはない

普段の平日とほとんど変わりはない

老夫婦二人では盛り上がるものは何もなしと

そう言ってしまえば虚しいので、普段の晩酌がビールか焼酎のところをちょっと高目のワインを買ってきて飲むぐらい


それよりも、その後に控えている大掃除や正月準備に気が重いし

正月が来てしまえば、すぐに一つ歳をとる(1月が誕生日)

それもまた気が重い大きな要素だ


神戸・大沢 フルーツフラワーパークにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-25 00:20 | イベント
クリスマス・イブ 男と女何かが起こる
b0237687_07415844.jpg
b0237687_07421148.jpg

いつまで長電話してるのよっ!

レディをいつまで待たせるつもりなの!

いったいその電話の相手は誰?

と、だんだん話がややこしくなって行くような雰囲気


勝手にそんなイメージを描いてみた


神戸・元町 大丸神戸店にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-24 00:19 | 人物
秋の落とし物
b0237687_13251513.jpg

12月も下旬に差し掛かると否が応でも寒くなる

落葉樹の枝には数枚の葉っぱがしがみついているだけ

このしがみついている葉っぱを見るにつけ、落ちずに頑張っているなーと思うと同時に

窓際族になっても、必死に会社にしがみついているおじさま方を思い浮かべてしまう


木のテーブルに落ちた木の実や葉っぱ

もうすでに風で吹き飛ばされ、早朝は霜で真っ白に覆われているだろうなぁ

数日前には初積雪があったとか


神戸・六甲山 市立森林植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-20 00:24 | 植物
希望の灯り
b0237687_08470899.jpg

正確には、「慰霊と復興のモニュメント・1.17希望の灯り」

このモニュメントは、ルミナリエ会場の最終地点である東遊園地(大丸側から入って東遊園地に抜ける)に設置されており

この「希望の灯り」を中心に毎年1月17日にご遺族やボランティアの皆さん、そして神戸市によって、「阪神淡路大震災1.17のつどい」が開催されている


希望の灯りの台座にルミナリエのイルミネーションが映り込む

先日も書いたが、ルミナリエも今年で22回を数えた

ルミナリエは大きなイベントであるけれど、毎年開催資金調達に苦労しているらしい

ルミナリエ開催趣旨は、犠牲者の鎮魂・地域の復興と再生・震災の記憶と「阪神淡路大震災1.17のつどい」と同じ

でも、来場者のほとんどはクリスマスイルミネーション感覚で来ているような気がする

このイベントを如何に存続させるかということが先行しすぎて、本来の開催趣旨が薄れてきているように思う

この状態ならば、ルミナリエをどう存続させるかではなく、いつまで続けるかを考えるべきではなかろうか


個人的な意見としては、ルミナリエにかける資金や労力を

この希望の灯りを中心とした、開催趣旨がしっかりと根づいている「阪神淡路大震災1.17のつどい」に力を集結すべきではないだろうかと毎年想う


神戸・三宮 東遊園地にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-15 00:20 | イベント
道すがら
b0237687_21251755.jpg
b0237687_21252773.jpg

何年かぶりに神戸ルミナリエに行ってきた

今年のルミナリエは一昨日の11日で閉幕、もう22回を数えるに至った

ルミナリエの開催趣旨などなどは少し置いておいて、単純にカメラに収めて見ようかと

ところが、相変わらずの多くの人出

ルミナリエ会場に行き着くまでが交通規制と誘導でいい加減うんざり

会場では止まらないで下さい、立ち止まらないでくださいと誘導員が拡声器で五月蝿いの何の!

光のトンネルは、数年前に行ったときに比べると短くなってちょっと残念


この写真は会場に行き着くまでの進んでは止まりした道すがらの元町の様子

カメラはコンパクトデジカメのFUJIFILM X30


神戸・元町にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-13 00:24 | イベント
晩秋の紫陽花
b0237687_07325411.jpg
b0237687_07330712.jpg

紫陽花園なのできちっと剪定されていると思っていたが、所々に剪定残しがある

剪定した後から咲き出したものなのか、あえて残されたものなのかは不明だけれど

ドライフラワー化した紫陽花と黄葉とはなかなかマッチする

背景の黄色はブナかな?


2枚目は背景が日陰、陽の当たっている花の部分に露出を合わせば必然的に日陰は黒くなる


同じ時期の紫陽花でも背景と露出を変えればごろっとイメージが異なる


神戸・市立森林植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-10 00:19 | 植物
午後のひとコマ
b0237687_21412511.jpg

紅葉は逆光が一番だと思っている

もちろん逆光でないと駄目だと言っているのではない

色づいた葉っぱを透過してくる光が実に美しい

ただ、美しい透過光をどのように捉えるかで作品の善し悪しが変わってくる


この写真、実は微妙な手ブレを起こしている

数か月前から手ブレが多くなったことに気がついて、構え方や呼吸方法に気を配っていたが一向に改まらない

ブレ写真の焦点距離とシャッター速度の関係を分析していたら

どうも一般的にいう手持ち限界シャッター速度よりも速いシャッター速度の時は手ブレが発生していない

手持ち限界シャッター速度よりも遅い時は手ブレの発生が多いことに気がついた

もちろん手ブレ補正機能はONにしていてもだ

ということは、手ブレ補正機能が機能していない、あるいは機能が甘いということになる


このことを単純にメーカーに持ち込んでも「構え方が甘いからですよ、しっかりと構えて下さい」と云われるのがオチだ

だから、事前にFUJIFILMのサービスステーションに出向き、スタッフに事情を話し、正常に機能するレンズを借りて我がレンズと撮り比べてみた


焦点距離135mm、シャッター速度1/15sで2本のレンズを手持ちで撮り比べてみた

手ブレ補正をOFFにしておれば、間違いなく手ブレするシャッター速度であり

手ブレ補正をONにしていても手ブレするかしないかのギリギリのシャッター速度を設定した

同じ被写体を夫々、5カットづつ撮って比べた結果

FUHUFILMから借りたレンズは5カット共見事に手ブレの発生は無し

我がレンズは、見事に5カットとも手ブレの発生が認められる


その画像とレンズを昨日提出したので今日あたりは宮城県のFUJIFILMの工場に到着しているだろう

たぶん2週間ぐらいの入院になるのかな


神戸・神戸市立森林植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-08 00:20 | 風景
紅黄葉
b0237687_22374513.jpg

紅葉の時期だけは動きが特に活発になる

撮影に行ける日の殆どを紅葉撮影に当ててしまう


兵庫・京都・大阪・奈良・滋賀だけではなく岡山や広島までをも足を伸ばす時がある

あちこち動き回ってはいるが、毎年必ず訪れる場所がある

それは地元

地元も地元、神戸市立森林植物園

地元だからといってワンシーズンに何回も何回も足を運ぶことはない

本当はそのほうが良いのだろうが、他に行ってみたいところがありすぎてせいぜい2回までで終わってしまう

そんな数少ない訪問だから、見頃・撮り頃を外す事が多いが

今年は偶然にも一番良い時期に訪れる事ができたようだ


神戸・六甲山 神戸市立森林植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-26 00:18 | 植物