タグ:嵯峨野 ( 69 ) タグの人気記事

b0237687_22301737.jpg

頭上の空が一色で覆われる

赤であったり、黄であったりオレンジであったり

それらの色に包まれる

なんとも心地よい空間


京都・嵯峨野 祇王寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-12-03 00:01 | 植物
b0237687_14253991.jpg

本当は地面に落ちて土に還りたいのであろうが

途中で竹垣に引っかかてしまい止むを得ずというか

まさに人生そのもの

自分の思い通りにはなかなかいかないもの

いかないときにどうするか

一旦後退することはあっても、必ず前進しなければね


京都・嵯峨野 二尊院にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-30 00:01 | 植物
b0237687_08413037.jpg

二階屋根よりも高いところ

見た感じ植木屋さんではなさそう

きっとこの土地の所有者

私だったら間違いなく植木屋さんに頼んでしまう

だって、高所恐怖症だから

見ているだけで足がすくむ


京都・奥嵯峨 鳥居本にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-29 00:01 | 人物
b0237687_21400738.jpg

今だから、この赤は紅葉だろうと想像してもらえる

別のシーズンだったら

この近辺に赤いものがあったんだろうぐらいしか考えてもらえない

季節感はやはり大事だ


京都・嵯峨野 二尊院にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-25 00:01 | 寺社仏閣
b0237687_21025869.jpg
b0237687_21030559.jpg
b0237687_21031582.jpg

京都嵯峨野、大沢池の畔に大覚寺がある

学生時代から数えて何度このあたりをうろうろしたことか

しかし、不思議とこの大覚寺を参拝したことが無かった

今回、二尊院の紅葉を確認しに行ったついでに立ち寄ってみた

二尊院からは容易に歩いていける距離

この大覚寺

ついでに立ち寄ってみたとは余りにも失礼な言動と云わざるをえないぐらい素晴らしい

ここは改めてゆっくりと訪れてみたい

この屏風絵も素晴らしい

でも、ここに入り込む光に魅了された


京都・嵯峨野 大覚寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-23 00:01 | 寺社仏閣
b0237687_00074216.jpg

嵯峨野を訪れた時、昼食を摂るところは決まって二箇所

その一ヶ所がここ

瀬戸内寂静さんの寂庵のちょうど裏手にあたる食事処

ここの湯豆腐定食が絶品

京都で湯豆腐と言えば南禅寺と嵯峨野

高級料亭の湯豆腐に勝るとも劣らない味だと私は思っている

ここの豆腐は自家製ではなく、京都で一二を争う豆腐屋さんのこだわりの豆腐

その豆腐屋さんが休みの時はここも休み

豆腐も旨いが豆腐だけではない

湯豆腐のつけ汁、これが絶品なのだ

京風のちょっと甘めのつけ汁、これがこの豆腐をよく引き立てている

このつけ汁がなければこの豆腐が生きてこないのではないかと思うほど

そして、このつけ汁はもちろんここの女将のお手製

それと、この女将が作るわらび餅がまた絶品

ここに来れば、この湯豆腐定食とわらび餅を注文するのが私の定番


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-09 00:21 | 飲食物
b0237687_21310946.jpg

柿といえば奈良なんだけど、この柿の木は京都嵯峨野の柿

毎年この時期にこの前を通る度、カメラを向けてアレヤコレヤと苦心する

ただ柿が写っているだけだと見ないで欲しい

光の差し込み具合を見て欲しい

この光が表現できるから立体感が生まれる


この柿の木の目と鼻の先に化野念仏寺がある

私は、この念仏寺を通り越し、そのまだ奥にある愛宕念仏寺を目指す


京都・嵯峨野 鳥居本にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-03 00:20 | 植物
b0237687_23232770.jpg
b0237687_23234341.jpg

蚕の繭を使ったインテリア小物のお店

このお店は、私が学生時代からちょくちょくお邪魔している

その頃若かった女将も、今は・・・

そりゃそうだ、あれから半世紀近く経ってしまったもの

しかし、まだまだ元気

いつまでも元気で居て欲しい


繭をつかった干支のかわいい置物が素敵

最近はこの干支の繭細工を買うのが楽しみでそろそろまた訪れようと思っている


京都・嵯峨野にて


[PR]
b0237687_19084701.jpg

人力車の車夫さん

体力だけが勝負かと思っていたが、話術も接客術も必要な大変な商売

京都には様々な国から観光客が来る

英語は必須

それ以外にどれだけの言葉を操るのか、一度聞いてみたいところである


ただ撮るだけではつまらない

自転車よりも遅いスピードだけれど

流し撮りを試してみた


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-10-29 00:22 | 人物
b0237687_22150006.jpg

正式名は「鮎の宿 つたや」

ここはちょくちょく利用させて頂いている

利用すると言ってもお忍びの宿というわけではない

奥嵯峨野にはよく撮影に来る

その時の昼食にちょくちょく立ち寄るだけ

お昼は主に創作ミニ会席か鮎丼

この鮎丼がまた絶品


この緑のもみじ

もう少しすれば色づくはず

この頃にはたぶんまた訪れているだろう


京都・嵯峨野 鳥居本にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-10-23 00:20 | 建造物
←menuへ