タグ:奈良 ( 293 ) タグの人気記事
今年もなんとか咲いてくれた
b0237687_21020178.jpg

今までの勢いはない

去年も不作だった

去年思ったこと、来年はもう少し咲くのではと

でも今年は意に反して去年以上の不作だった

ここ数年、どんどん咲く数が減っているように想う

今年の夏、桔梗も同じような傾向

その時この場を管理している庭師さんに原因を聞いた

土壌が弱りきっているとのこと

只今様々な手を打っているのでもう少しお待ち下さいとの事

何年か先に、ひと昔のように桔梗や彼岸花がこの地で咲き誇る姿を期待したい


奈良・奈良町 元興寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-10-09 00:22 | 植物
おっちゃん
b0237687_10170974.jpg

案山子祭りをやっていた

大規模で本格的なものもあれば、参加することに意義があるというものまで様々

毎年案山子コンテストをしているようだが、私はこの案山子に一票を投じたい

優しげでユーモラスなこの表情

出会った瞬間からすぐに友達になれそうな雰囲気

決して「おっさん」ではなく

親近感を込めて「おっちゃん」


奈良・明日香 稲渕の棚田にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-10-05 00:18 | イベント
水溜りには
b0237687_08334575.jpg

当日はあいにくと雨

奈良は橿原市の今井町に撮影に行き、終了してから近くに本薬師寺跡があったのを思い出し、少し足を伸ばしてみることにした

近年のそこは、本薬師寺跡というよりも「ホテイアオイ」で有名だ

ちょうど彼岸の頃、ホテイアオイと彼岸花、そして大和三山が収められたらと思って行ったが

雨のため大和三山の姿は望めず


本薬師寺跡の境内の水溜りに写り込んだ彼岸花


奈良・橿原 本薬師寺跡にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-10-03 00:21 | 植物
お彼岸の頃
b0237687_16114324.jpg

秋のお彼岸の頃に咲くから「彼岸花」というのは周知の事実

こういう名付けと言うのは得てして大雑把な場合が多いが

この彼岸花だけは見事なほどお彼岸に咲く

もっとも我が地方だけかもしれないが


ちょうど彼岸の中日、すなわち秋分の日にこの地を訪れた

見事なほど真っ盛り

この見事な光景をカメラに収めようとする写真愛好家の方々の数も生半可ではない


奈良・明日香 稲渕の棚田にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-10-01 00:20 | 植物
田んぼの片隅
b0237687_22293177.jpg

この周りの畦道には彼岸花が咲き誇っている

稲穂の金色、稲の葉の緑とあいまって赤い彼岸花の帯は目を見張る美しさがある

ちょっと目を転じると、田んぼの片隅に人知れずひっそりと咲いている彼岸花もいる

そんな彼岸花を支え守るかのようにそっと寄り添って置かれた麦わら帽子

この日、この光景が一番印象に残った


奈良・明日香 稲渕の棚田にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-09-29 00:18 | 植物
夏の極楽堂
b0237687_20365209.jpg

元興寺の本堂のこと

本堂の後ろには禅室があり、共々国宝指定されている


朝夕が涼しくなってきたが昼間は相変わらず暑い

この本堂の両側の緑は萩

そろそろ咲き始めるのではないだろうか

萩は秋の七草の一つ

もう少しで秋

この元興寺にも真っ赤な彼岸花が咲き乱れる


奈良・なら町 元興寺にて


※本日1日(金)から7日(木)まで富士フィルム大阪サービスステーションのコミュニティーギャラリーで

FUJIFILM Xシリーズで撮影した作品展が開催されている

私の作品も展示されている

10:00~19:00 最終日は14:00まで

お暇な方はぜひ時間つぶしにでも


b0237687_20374351.jpg


[PR]
by kouga2100 | 2017-09-01 00:22 | 建造物
縁側と亀
b0237687_20042720.jpg

外は暑くて死にそうになるが

こうして縁側を開け放し、蚊取り線香を焚くとなんとかクーラー無しでもストレスを感じずに過ごすことができる

蚊取り線香立ては、ここは亀さんであるがドラマや映画で見るのはブタさんが定番のよう

でも、我が家にはそんな粋なものは無かった

渦巻きの蚊取り線香と一緒に入っている薄っぺらいアルミの線香立て

当然、灰の受け皿が別途必要


蚊取り線香の香りがめちゃめちゃ懐かしい



奈良・橿原 おふさ観音の茶店にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-25 00:22 | 屋内
丸窓
b0237687_15521729.jpg

丸窓に障子、そして坪庭

手前には簾

このような環境で生活できた人というのは昔でもごく限られた人達のみだと思う

私のような庶民はせいぜい狭い畳の部屋に障子窓、そして夏に窓際の簾がやっと


畳の生活から椅子の生活に変わった今

畳、障子があるだけで日本情緒に浸れることができる

我々の年代は懐かしく感じるけれど

今の若い人たちにはどのように映るのだろうか

懐かしさではなく珍しさ?かな


奈良・ならまち 奈良町にぎわいの家にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-24 00:19 | 屋内
キバナコスモス
b0237687_22095878.jpg

普通のピンクや白や赤のコスモスは秋の花

キバナコスモスは夏の花と思い込んでいたが

いずれも開花時期は6月の初旬ぐらいから11月の末頃まで

キバナコスモスが咲いて普通のコスモスが咲くと言うのは、人為的に種まきの時期をコントロールしている為らしい


前シーズンに勝手に土にこぼれ落ちた種は、その種の意志に基づいて開花しており

黄色も白色もピンク色もごちゃ混ぜだ

この場所は、秋になったら人為的にコントロールされたコスモスが一面に咲く


奈良・橿原 藤原宮跡にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-21 00:22 | 植物
ブリキのワンコ
b0237687_17595371.jpg

真夏の晴天下、お昼時のレストランの店先

鉢植えを背負わされたワンコが痛々しく思える暑さだ


ワンコが背負わされている植物は

英名では「dollar plant」、日本での通称名は「金のなる木}、又は「成金草」

正式な和名はあるようだがほとんど使われていない


店先に、あるいは店内に「招き猫」を飾り、商売繁盛を願っているお店は多々あるが

このように直接的に「金(カネ)」を意識した店は珍しい

もっとも、店主がこの植物の意味を承知で店頭に出しているのか、そんな意味など無関心なのか

あるいは、軽いジョークなのかは分からない

承知の上ならば、入りたくないレストランの部類に入る


奈良・なら町にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-19 00:20 | 雑貨・小物