タグ:大阪国際空港 ( 22 ) タグの人気記事

b0237687_17271657.jpg

夕方、飛び立つ飛行機を眺めていると無性に旅行がしたくなる

それも飛行機を使った旅行が

考えてみると、もう永いこと飛行機には乗っていない

国内線は何時が最後だったか全く覚えていないほど昔

国際線はクアラルンプール・関空間が5年ほど前で最後かな

もうチェックインの仕方すらも判らないのではと冷やかされる

気がついたらパスポートの期限は過ぎ去っていた


伊丹・大阪国際空港 伊丹スカイパークにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-06-27 00:19 | 乗り物
b0237687_09355792.jpg

正直なところ

日中にこんなソーンを撮ったところでクソ面白くもなんともない

黄昏時の空の色、誘導灯の灯りも点灯し、あたりが暗くなりだし機体に当たる陽の光も強調される

だから、昼間と同じシーンでもそれなりになんとかなってしまう

当たり前のことだけど、今更ながら光の重要さを再認識させられる


伊丹・大阪国際空港 伊丹スカイパークにて



[PR]
by kouga2100 | 2017-06-22 00:18 | 乗り物
b0237687_17312154.jpg

深い意味はない

対比として、ただただ面白かっただけ


ただ、漠然と脚を撮るだけではなく

この対比をより深めるためには、何を残し何を削除するかは充分に吟味したつもり

こういうスナップは充分な吟味は必要だけけれど、充分な時間はかけないのがポイント

充分に時間をかけていたら、眼の前の様子は変わってしまう


伊丹・大阪国際空港 送迎デッキにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-06-14 00:20 | 人物
b0237687_19421682.jpg

銀塩(フィルム)換算600mmの焦点距離のレンズだからこそ撮れるシーン

もう少し近づきたいけど、空港の敷地境界には当然フェンスが張り巡らされている

近づけるギリギリまで行くと、フェンスが写り込んでしまう

私の背丈(約180㎝)でフェンスが写り込まないギリギリが、背後にある千里川の転落防止用フェンスまで下がらなければならない

そこまで下がってしまうと、前方が空いてしまうので写真愛好家の方がす~っと前に入り込んでこられる

そこで撮るとフェンスが入り込むよーと心の中で叫んではいるが、その思いは届くはずもなし

その方はフェンスが入るのはお構いなしなんであろう

そんなこんなで、無理に撮るとその方々の頭が映り込んでしまう

絶好にタイミングを何度逃したことか!

次に訪れるときは、絶対に脚立を持ってくるぞと思いつつ、いざ来るとなれば脚立持参が億劫になってしまう

そして後悔することになる

学習機能が欠けているとしかいいようがない


大阪・豊中 千里川土手にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-26 00:19 | 乗り物
b0237687_10475812.jpg
b0237687_10480748.jpg

大型ジェット機の着陸は飛行場撮影における醍醐味の一つであると思う

タイヤが滑走路に接地した瞬間に舞い上がる白煙、雨の日は水しぶきが煙の如く舞い上がる

この着陸の瞬間を捉えることに全神経を集中するのだが、フィルム換算600mmの超望遠をもってしても着地の瞬間は視覚では捉えにくい

だから必然的に連写に頼ってしまう

それとて、このコマとこのコマの間がちょうど良かったのではと思うことがしばしば


また横方向からの撮影だと滑走路のどの地点に着地するかなんて、想像も出来ない

天候や機種、パイロットの考え方によって数百mの違いは発生する

そんな種々の状況から、白煙がきちっと捉えられれば幸せこの上なし


大阪・豊中 大阪国際空港にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-16 00:19 | 乗り物
b0237687_21512851.jpg

国際空港とは名ばかり
離着陸するほとんどは国内線
小型機用と大型機用の2本の滑走路があり、けっこう頻繁に離着陸する飛行機がある
手前のJALは離陸するために滑走路へ移動中
向うのANAは着陸する寸前

ケンコーミラーレンズ
フィルム換算600mmの単焦点の超望遠レンズ、とにかく小さくて軽い
手持ちで振り回すにはこれほどい使い勝手の良いレンズはない
ただ、前にも言ったように解像度が少々低い
カメラボディとは物理的に接続できるというだけで、電子接点がないので何の情報のやり取りもない
だからなのかは知らないが、ボディ側に搭載されているMFアシスト機能が全く働かない
AF機能が無いのでMFでピント合わせ
それでもX-Pro2のファインダー(EVF)は明るくて見やすいのでMFアシスト機能が無くてもなんとかなる
手ブレ補正も無いけれど、手持ち限界シャッター速度を認識をしておればなんとかなる
なんとかならないのがこの解像度の低さ
価格が価格だけに致し方ないけれど、凹面鏡の精度を上げて解像度を高くすれば
現在の価格の3倍になっても私は購入するだろう

大阪・大阪国際空港 千里川にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-06 00:21 | 乗り物
b0237687_20303082.jpg

日本で飛んでいる飛行機を一番間近で見れる場所、滑走路の延長線上にある千里川の土手
着陸時にタイヤが接地する時の迫力ある瞬間を捉えようとしてもフィルム換算200mmの望遠ズームでは少々役不足
そこで持ちだしたのが、以前ダメ元で買ったケンコーミラーレンズ400mm(KF-M400FX)だ
このレンズ、通常のレンズとは異なり天体望遠鏡で言うなら反射望遠鏡と同じ仕組
倍率の高さの割には軽くて小さくて安価
フルム換算約600mmの超望遠レンズ
このぐらいの焦点距離で、ちょうど自分が思う着陸時の迫力ある画が手に入る
ただ難点も幾つかある
安いだけあって解像力が少々甘い、いい言い方をすれば柔らかな描写だ
そして、絞り値はミラーレンズとしては当たり前なんだがF8固定
AFに関しては、過去に製造された他社レンズの中にはAFもあったらしいが、ミラーレンズに関しては基本的にはMF
また当然の如く手ブレ補正はあり得ない
と、いうことでこのミラーレンズ少々持て余し気味

大阪・大阪国際空港 千里川にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-24 00:20 | 乗り物
b0237687_2085619.jpg

飛行場に行けば、何を撮るか?
やはり飛行機がメインだろう
迫力のある着陸シーン、スピード感のある離陸シーン
では駐機している飛行機はどうだろう
夫々の航空会社の様々な機種の全体像をそのまま撮れば記録写真やコレクションで終わってしまう
そうしない為にも、ここは工夫のしどころだ

夕刻で、この街路灯に灯が点っておればなぁと

大阪・大阪国際空港にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-20 00:21 | 乗り物
b0237687_16513195.jpg

実際はれっきとした国際空港
大阪国際空港
同じ府内に関西国際空港があるから、海外からの便は少ない
プロペラ機もあれば小型から大型ジェット機まで、けっこうな頻度で離着陸する

昔、ジャンボジェット機が離着陸していた時期があったとか
その時この場所にいたら、その迫力たるや大型ジェット機の比ではなかったらしい
私はその頃、飛行機には全く興味ががなかったのでこの場所に来たことがなかった
今思えば実に残念なことをした

大阪・大阪国際空港 千里川にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-16 00:22 | 乗り物
b0237687_22594571.jpg

飛んでる飛行機を日本で一番近く見える場所らしい
たしかにド迫力だ
小さい子供などは恐怖におののくかも知れない
この子はお爺ちゃんの服の裾を握りしめ固まっていた

大阪・大阪国際空港 千里川

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-09 00:20 | 乗り物
←menuへ