タグ:兵庫 ( 18 ) タグの人気記事
ひまわり畑はどこまで続く
b0237687_20060470.jpg

例えば、土塀が左右に広がる

奥行き感や長く連なるさまを見せたければ、真正面からではなく

斜め右方向や斜め左方向に構え、手前の土塀の高さが向こうに行くに従って低くなるように撮ることによって奥行き感が生まれる

但し、土塀の向こうの端を見せてしまえばそこまでの長さになってしまうが

その終端を見せなければ、その土塀はどこまでも続いているように感じる

これは、見る側の心理を欺いたトリックだ

写真は真実を写し取るものではない、自分の想いを表現するものだ

自分の想いを表現するためには、時として人の心を欺くことも大事な要素


このひまわり畑の上側にそって道路があり車がひっきりなしに通っている

道路を見せない、車を見せない、ひまわり畑のすぐ向こうにある物体は見せない

見せるのは遥か向こうにある山並みや木立、そして空

手前のひまわりの連なりと遥か向こうにある物体だけで、その中間に位置するものは見せないことで永遠と連なっているように見える

これも人の心理を欺いたトリックだ


兵庫・小野 ひまわりの丘公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-07-27 00:22 | 風景
心頭滅却すれば・・・
b0237687_07420293.jpg

「心頭滅却すれば火もまた涼し」

信長の焼き討ちにあった快川禅師の辞世の句の一部らしい

要は、全て心の持ちようと

しかし、暑いものは暑い

何処に行ってもエアコンが良く効いている

体そのものが温室育ちになってしまい、環境に対する順応性が弱くなり余計にそう感じるのかもしれない

文明の利器、身体にとって必ずしも望ましいとは言い切れないのではと


兵庫・小野 ひまわりの丘公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-07-25 00:21 | 植物
夏だ!元気か?
b0237687_20074613.jpg

真夏日が続く

たしか、近畿地方の梅雨明け宣言はまだだったよね

昼間の炎天下

撮影で1時間ほど屋外に居るだけで頭がホワーンとしてくる

意識して水分補給は欠かせないようにしているが、昔ほど無理が効かなくなってきた

高校生の頃、真夏のテニスコートで朝から夕刻までボールを追っかけていても太陽を恨めしく思ったことは一度も無かった

今、炎天下に一歩踏み出すだけで太陽がめっちゃ恨めしい

歳を重るってこういうことなんだ


兵庫・小野 ひまわりの丘公園にて


※横位置画像はクリックすると拡大します(これまでも、これからも)


[PR]
by kouga2100 | 2017-07-23 00:21 | 植物
夜の滑走路
b0237687_17023367.jpg

夜のエアポートというものは旅情をかきたてられる

といって、そんなロマンチックな気持ちにな浸って飛行機を追っかけている訳にはいかない

何故か

蚊の襲撃だ

そのために自家製の虫除けスプレーを持参しているがあまり効果はない

虫よけ剤の内訳は

無水エタノール5mlと蒸留水45mlにレモングラスの精油15滴ほど

それをスプレーに入れて事前にシュッシュとするだけ

香りはすごく良い、それに市販の虫除けスプレーと違って、防腐剤やら訳の分からない薬剤が入っていないので皮膚にも優しい

でも、効果は微妙である

気の持ちようだけのような気もする

でも、気の持ちようだけでは蚊も近寄ってくるし痒みも収まらない

少しは効果があるだろうと思ってはいるが、いっそ痒み止めも持参しようかと


兵庫・伊丹 伊丹スカイパークにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-07-11 00:21 | 乗り物
国宝のお堂と仏像
b0237687_19451521.jpg

ここのお堂(浄土堂)と中に安置されている仏像(阿弥陀三尊立像)はともに国宝

お堂と中に安置されている仏像の両方が国宝なのは、ここ浄土寺と宇治の平等院だけである

平等院は鳳凰堂と阿弥陀如来坐像と雲中供養菩薩像である


お堂の中と仏像は撮影禁止なので、これがギリギリのところかな

もちろん、境内からお堂そのものを撮影するのはなんら問題はない


お堂の中と阿弥陀三尊立像は一見の価値はある

ただし、拝観するのは晴れた日の夕刻に限る

なぜなのか

西日がお堂に入り込んでくるその時間帯が最も素晴らしい光景となって目の前に現れるかららしい

らしいというのは、私はまだその光景を体験していないから


兵庫・小野 浄土寺にて

b0237687_22204020.jpg
<浄土堂>

[PR]
by kouga2100 | 2017-07-04 00:22 | 寺社仏閣
梅雨の頃はやっぱり紫陽花
b0237687_20044562.jpg

今年の梅雨はいったいどうなっとるの!

7日の「梅雨入りしたもよう」宣言の日に雨が降っただけで、その後はまったく雨の降る気配なしと思っていたら

ようやく21日に普通の雨、その後も晴れたり曇ったり

これじゃ普通の天気じゃないですか


そんな梅雨でもやっぱり紫陽花が恋しくなる

毎年毎年紫陽花撮影には何度も行っているけれど、今年は止めておこうと言う気は起こらない

でも、撮り方は毎年同じようなものばかりでマンネリ化してきていることは紛れもない事実

これをどう打破するかが今年の課題

斬新な撮り方はしたいけれど、奇抜な撮り方はしたくない


小野・浄土寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-06-24 06:51 | 植物
次はあっち!
b0237687_07494113.jpg

アリーナの中に複雑なコース設定がされている

ひとつの障害を超えたら急角度でターンして次の障害へ

障害を超えたら体勢を立て直す間もなく次の障害へと

コース設定にはなんとかミスをさせようとする目論見があるようだ

成績は経過タイムとマイナス点が発表される


兵庫・三木 三木ホースランドパークにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-30 00:21 | イベント
お尻とお尻
b0237687_21344624.jpg

馬のお尻もそうだけど・・・

なかなかの迫力、なかなか魅力的でセクシー

たまには息抜きでこういうショットも


兵庫・三木 三木ホースランドパークにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-28 00:19 | イベント
障害飛越
b0237687_20585582.jpg

馬術大会

ホント久しぶりの撮影だ

最後に馬術大会を撮影したのは、何年前だろうか

確かその時はフィルム撮影だったと思う

それも森の中のクロスカントリー競技

今回は障害飛越競技

正直、最初のうちはどう撮っていいいのか忘れてしまっていた

徐々に記憶が蘇ってくると楽しくて楽しくて

我が家から車で片道約50kmだけど、競技がある度に通ってしまいそう

それと、もちろん大会本部の許可を頂いての撮影です


兵庫・三木 三木ホースランドパークにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-26 00:19 | イベント
金色の海
b0237687_21190073.jpg

いよいよ秋本番、紅葉には早いがススキは今が旬

ススキの穂が緑色から銀色へ、そして金色に

90haに及ぶススキの原野が風に揺れる姿はまさに金色に輝く海原の如し


美しい光景はいつまでも残し後世に伝えたい

せっかく木道が設置されてもそこを歩かない者もいる


昨日も秋桜を撮り行ったが、子供が数人コスモス畑の中を走り回り、足でなぎ倒していく

それを若い母親は、ニコニコしながら写真を撮っている

どんな神経をしているのだろう

思わず叫んでしまったよ

「花が痛むから早く出ろー!」と

無視されたけどね・・・


美しい心を持った日本人は何処へ行った

ほんの一握りの者達だろうが

花を撮りに行くたびに心が痛む


兵庫・神河町 砥峰高原にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-24 00:18 | 植物