「ほっ」と。キャンペーン
タグ:伏見 ( 50 ) タグの人気記事
御神水珈琲
b0237687_21381930.jpg

稲荷山にはいくつかの茶店がある

簡単な食事ができるところや飲料水を売っているところなど

この茶店のウリは御神水珈琲とゆで卵

きっと山から湧き出した清水を使って点てた珈琲と思うが一度もここで飲食したことはない

一度ぐらいは話のネタに御神水珈琲なるものを飲んでみてもバチは当たらないだろう


京都・伏見 稲荷山にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-21 00:19 | 寺社仏閣
一ノ峰
b0237687_20081019.jpg

稲荷山の頂上のことで、そこには社があり祠がいくつも祀られている

標高はたかだか233mだけれど

稲荷大社の本殿から千本鳥居を通って奥社(奥の院)へ

そこからはひたすら上りの階段、まあ~ちょっとしたハイキングの味わい


後は別ルートで下るだけなので気が楽ではあるが、年配の方で膝を痛めている方は下りの方が辛そうだ

降りる前にちょっと社を一周り

一周りと言ってもあっという間に周ってしまう

一周りして来て表に出るほんの手前

こんなところにも私なりの撮影ポイントがある


京都・伏見 稲荷山にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-19 00:18 | 寺社仏閣
しめ縄の雫
b0237687_15390582.jpg

雨上りの稲荷大社

どこに行ってもそうであるが、雨の日と晴天の日では狙うものが違ってくる

雨の日の雫はなかなか撮りにくい

だってすぐに落ちてしまうから

雫を狙うなら雨上りが撮りやすい

風が吹かない限りはじっくりと狙える

しかし、鳥居のしめ飾りは厄介だ、どうあがいてみても背丈が足りない

18-135mmの望遠ズームで腕を伸ばしてモニターで確認しながらシャッターを切る

そんな体制では手ブレ補正がついているとは言え、まして望遠端ギリギリでの撮影では手ブレの可能性は大である

こいう云うときこそ、明るかろうがISO(感度)を上げてシャッター速度を稼ぎ、手ブレ防止に務めるべきだ

ISOを上げるのは暗い場所だけでは無いぞー


京都・伏見 伏見稲荷大社にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-11 00:20 | 寺社仏閣
薬力の滝
b0237687_20573410.jpg

滝行の為の行場

滝というより、山間の清水を引いてきたと云うようなもの

雨が上がったばかりなので水量は通常の何倍もある

引いてきた清水を高いところから落としているので、行場の床にあたる部分に穴が空いてしまうのだろう

行をしないときはこうしてポリバケツで受けているようだ

この様な行場が稲荷山には幾つもあるようだが、観光ルート?通常の参拝ルート?にはここ一ヶ所しか見当たらない

通常の参拝ルートから外れないと幾つもの滝行を行う行場は拝むことは出来ない

近いうちに、通常ルートから外れてその行場を訪ねてみたいと思っている


京都・伏見 稲荷山にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-08 00:19 | 寺社仏閣
祠だらけ
b0237687_22490315.jpg

稲荷大社本殿の背後には稲荷山という山がどんと居座っている

この稲荷山は稲荷大社の御神体?で標高233m

有名な千本鳥居を出ると奥社(奥の院)であり、その左手から一ノ峰(山頂)に上がる参道がある

ここからはなだらかな階段の上り

一ノ峰からは降りてくる別ルートの参道がある

この上り下りの参道の途中にこういった祠があちこちに祀られているとともに、鳥居の間隔は少しひらくが鳥居が途切れることはない


この参道の上りの途中に何軒かの茶店があり軽食(主にうどんといなり寿司)を提供してくれる

いつもは、そこで軽く食事しながらビールを飲み、ひぃ~ひぃ~言いながら一ノ峯(たかだか標高233m)を目指すのであるが

今回は、その茶店が全て休みであり食事はおろかビールすらも飲めなかった

お陰でたかだか233mの山はスイスイれ上がれた

たかが缶ビール1本、こんなに違うものなのか


京都・伏見 稲荷山にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-06 00:19 | 寺社仏閣
ミニチェアの幟
b0237687_19185787.jpg

屋根瓦から判断していただくと大体の大きさがつかめると思う

瓦そのものは少し小さめではあるが、極端に大きくもなし小さくもなし


神社と云われているところは寺のように拝観料や入山料を取るところは少ない

ここ伏見稲荷大社も同様で無料だ

このミニチェアの幟も名前や日にちを記入して奉納するために購入しているだろうし

ここの絵馬だって通常の絵馬もあれば、お狐さまの顔を形どった絵馬もある

当然、各社殿のお賽銭もある

最大の収入源はあの大小の鳥居だろう

因みに一番大きい鳥居の値段(初穂料)は¥1,302,000~

一番小さい(人が通れる)鳥居の値段(初穂料)は¥175,000~

~は設置する場所によって異なり

総本数は約3380本あるそうだ

金額にしたら凄いですねー

それ以外の初穂料もあれば祈祷料もあるだろう

と、考えると寺のように拝観料や入山料を徴収する必要が無いのかも知れない


京都・伏見 稲荷大社にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-02 00:18 | 寺社仏閣
パワースポット
b0237687_20025145.jpg

海外から見た日本の観光地の中でここが一番の人気らしい

3年連続1位に輝いている

ここは、伏見稲荷大社

千本鳥居で有名なところだ


ここ伏見稲荷大社を訪れる観光客は、数年前までは圧倒的に欧米人が多かった

しかし、ここ数年アジア系の旅行者が急増している様に思う

そして、ここを訪れる観光客の9割は大げさに言えば海外からの観光客だ

日本語が聞こえてくればほっとする


京都・伏見 稲荷大社


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-30 00:20 | 寺社仏閣
枝垂れ桜その一枝
b0237687_15323151.jpg

醍醐寺の枝垂れ桜は超有名だ
メインの枝垂れは優美で且つ貫禄も備わっている
しかし、他の枝垂れも全てそうかというと、必ずしもそうだとは言い兼ねる
まだまだこれから成長してゆき優美な姿を魅せてくれるであろう枝垂れの一枝

京都・伏見 醍醐寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-04-27 00:21 | 植物
今どき火鉢
b0237687_1824443.jpg

今どき、火鉢というものは実生活の中で見かけることは無くなった
今や、記念館や博物館というようなところでしか見かけることができなくなった
私の実家でも昔は居間のど真ん中にでんと居座っていた
こんな立派なものではなかったが、そこで婆ちゃんが餅を焼いてくれた記憶が懐かしい
それと個人用の小さな火鉢が数鉢あって、そのデザインがお気に入りだった

先の阪神淡路大震災で実家は半壊状態
どさくさに紛れて、公費で取り壊してもらった際、家財の十分な整理ができないまま取り壊してしまったので
それらの火鉢は瓦礫の一つとして処分されてしまった
私のそれまでの写真フィルムとともに
この二つは悔やまれても悔やみきれない
火鉢を見ると、亡くしたフィルムのことを思い出し、ため息がでる

京都・伏見 月桂冠大倉記念館にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-03-23 00:22 | 雑貨・小物
酒水
b0237687_1957994.jpg

b0237687_19572473.jpg

京都・伏見は酒蔵の町だ
特に京阪の中書島界隈は酒蔵が林立している
有名所では月桂冠や黄桜があり、その他にも通の間では旨いとされている酒蔵がいっぱいある
その中の月桂冠大倉記念館では湧き出ている酒水を味わうことができる
黄桜は味わう事ができるし、汲んで持ち帰ることもできる
また、同じエリアにある御香宮神社の境内でも湧いており飲むことも可能だし持ち帰りも可能だ
この三箇所の酒水しか味わったことはないが
同じエリアでも微妙に味が異なる
個人的には月桂冠の酒水が一番好みだ

京都・伏見 月桂冠大倉記念館にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-03-21 00:19 | 飲食物