タグ:京都 ( 671 ) タグの人気記事
八坂庚申堂
b0237687_08020179.jpg

普段車は入ってこない八坂庚申堂の境内

境内の木立の剪定のため、業者の車が駐車していた

吊り下げられた多量の庚申さんが車のボディーに

奈良の庚申さんは赤一色だが、こちらの庚申さんはカラフルだ


京都・東山 八坂庚申堂にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-09-16 00:20 | 寺社仏閣
そもそもは織田信長の御用商人
b0237687_22041683.jpg

永楽屋本店のショーウィンドウ

起源は織田信長の御用商人だったらしい

そして江戸時代初期の1615年に綿布商として創業し、現代の当主は14代目にあたる

創業400年

凄い!というしかないほどご立派


京都・中京 室町通りにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-26 00:21 |
京の路地
b0237687_14140553.jpg

路地とは建物と建物の間の細い通りを一般的に指す場合が多いが

京都では、その細い通りの両端が広い通りに接している場合を辻子(ずし)や図子(ずし)と呼び

細い通りの片方が行き止まりになっていて、コの字型に建物(民家)が立っている細い通りのことを路地(ろうじ)と呼ぶそうな

とにかく、細い通りのことを路地と呼んでいたが、このような区別があるとは知らなんだ

では、小路との違いは・・・・

いずれ調べてみたいと思う


京都・中京(なかぎょう)にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-22 00:19 |
満席?
b0237687_22050066.jpg

以前もこのブログで、最近の寺は花と説教で参拝者を呼び込んでいると書いた

花だけで参拝者を呼び込むのは如何なものかと言いたいけれど

たとえ花を餌にしようが

説教で参拝者を呼び込むことは素晴らしいことだと思う

仏の教えをそのまま説くだけでは、難しすぎて誰も聞いてみたいとは思わない

その内容を今風に解釈し面白可笑しく説く

それでいいじゃないかと、より多くの方々が少しでも仏の教えに触れる事ができれば


そんな説教、人気があるのだろう

お堂に入りきれないくらい集まってくる

説教を聞きに来て、ついでに蓮を見て帰るのか

蓮を見に来たついでに説教を聞くのか

順序はどちらでも良い、説教を説くこと、聞くことが大事だと思う


京都・花園 法金剛院にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-20 00:19 | 寺社仏閣
祭りの日
b0237687_12084586.jpg

祇園祭は先月終わった

祇園祭というのは山鉾巡行と、その3日前からの宵山だけが祭りではない

7月1日から31日まで1ヶ月に及び、その間にいろいろな行事が催行される


しかし、部外者の我々にとってはやはり山鉾巡行と宵山がメイン

その山鉾が組み立てられ、町々の通りに飾られている姿は巡行とはまた異なった風情があり

それを目当てに観光客や見物客で賑わう

その観光客や見物客を目当てに露店が出現する

小物類や古着類、そしてこのような端切れの店も

このような露店を見て歩くのも楽しいかもしれないが

なにしろ、京都盆地の真夏の炎天下

生半可な気持ちでの露店巡りは熱中症が待ち構えている


京都・中京にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-15 00:19 | イベント
路地を往く
b0237687_15270833.jpg

「京」以外の町の路地はなんかうらぶれたところがあるけれど、京の路地は「粋」さすらを感じる

石畳、打ち水、そして路地の途中にも情緒ある店が展開している

それは飲食店であったり、小間物店であったり種々様々

さすが京の都と言わざるをえない

粋な女が通るとより様になる


京都・中京にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-11 00:18 |
何の実?
b0237687_07564644.jpg

たぶんブルーベリー

正直なところ、ブルーベリーの実が実っている姿を見たことがなかった

要は、収穫した後のブルーというか濃い青紫というか、その実しか知らない

このようにピンク色した実があること自体知らなかったし、それは実が熟成する過程なのかどうかも不明

お寺の蓮池の畔で実っていただけに余計に確信が持てない

でも、この実を見た参拝者たちは「あっ、ブルーベリーだ!」と言っているのでほぼ間違いはないであろう


京都・花園 法金剛院にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-10 00:22 | 植物
龍安寺のパフォーマー
b0237687_19273238.jpg

世の中にはいろいろな人がいるものだ

一時は、この自撮り棒でセルフポートレート

そして、ひと目をはばかることなく様々なポーズで楽しんでいる方がいらっしゃった

それは海外からの旅行客でアジア系の女性の方々が多かった


この女性はセルフポートレートではなさそう

画面には石庭が映し出されている

スマホの動かし方からすれば動画撮影のようだ

なのに、このようにポーズを次々と変える必要があるのか・・・

世の中にはいろいろな人がいるものだ


京都・龍安寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-09 00:19 | 寺社仏閣
一陣の風
b0237687_17111397.jpg

お堂を囲むようにして設えてある周り廊下

その廊下に沿うように数鉢の蓮が置いてある

散り始めた蓮の花、ちょうどその時風が吹いて廊下に飛ばされたのか

地面に散った花びらを誰かがそっと置いたのか、私は知る由もない


撮っているとひっきりなしに人が行き来する

行き来するのは待っていたら良い

でも、立ち止まって話に興じるご婦人方もいる

これが困る

じっと待つしか無い

そうこうしていると、その中のお一人が「足、邪魔ですか?」と

ええ、邪魔ですとは答えにくい

そうかと云って、素晴らしいおみ足ですねとは言い難い

「まぁ、いい塩梅ですよ」と答えると、「あら、お邪魔しました」と移動してくれる

あぁ、日本の女性、素晴らしい哉


京都・花園 法金剛院にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-06 00:19 | 寺社仏閣
祇園祭(組写真)
b0237687_14111103.jpg
b0237687_14112068.jpg
b0237687_14113134.jpg

いよいよ8月

祇園祭も終わってしまい、もう少ししたらお盆

お盆が終われば涼やかな秋風が

とは言うものの、まだまだ暑い


組写真

単写真は1枚で自分の思いを表現するが、組写真は複数枚で自分の思いを表現する

ややもすると、自分の好きな写真を並べて「行ってきました写真」になってしまう

複数枚でストーリを創り、その行き着くところが自分の表現したいこと(タイトル)に繋がらなければならない

だから、並べる順序さえ自ずと決まってくる

分かりやすく言うならば、4枚ならば「起」・「承」・「転」・「結」であり

これがやはり基本となる

3枚ならば「起」・「承」・「結」になるかな

もちろん、2枚であってもいいし、5枚以上であっても問題はない

「起」・「承」・「転」・「結」を基本に応用すれば良いだけのこと


京都・祇園祭 後祭宵山にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-01 00:18 | イベント