「ほっ」と。キャンペーン
タグ:京都駅ビル ( 41 ) タグの人気記事
楕円の穴
b0237687_09064978.jpg
b0237687_09065830.jpg
b0237687_09071160.jpg
b0237687_09072390.jpg

JR京都駅・中央改札出口前にこの楕円の穴はある

地下一階から最上階の大屋根までの吹き抜けになっている

地下一階から見上げた場合

一階から地下を俯瞰した場合

あるいは、様々な場所からこの楕円の穴を確認することができる

どう切り取るか、どんなアングルで捉えるか

ここもまた、何度狙っても飽きない被写体である


京都・京都駅ビルにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-14 00:20 | 建造物
赤いオブジェ
b0237687_09532811.jpg

作品名「朱甲舞」

京都駅ビルの大階段の上がり口に展示してある

最初に観た時は、周りの状況からちょっと浮いているように感じたが

何回も何回も観るうちに、意外と馴染んでるやんと

この真っ赤な色合いも落ち着いた赤色に見えてきた


写真を含む芸術作品に於いて、何回も何回も観ているうちに飽きてくるものと、

より味わいが出てくるものがある

この「朱甲舞」は後者の方だと思うし

それが良い作品だと思う

ちょっと観、見栄えが良くて惹きつけられるものもあるが、すぐに飽きてくるものも多い


京都・京都駅ビルにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-12 00:20 | 建造物
もうひとつ新たな発見
b0237687_15322871.jpg

こんなところも入っていいのかな?と思いつつ図々しく大胆に入った

京都駅ビルの中

このエリアは今回が初めてであるし、こんなところがあるなんて・・・

新たな撮影ポイントはまだまだありそう

京都駅ビルの中、もう歩き尽くしたと思っているのは己のみ

もっともっと精力的に探してみよう

新たな発見がまだまだありそう

同じ場所、通い続けることによって新たなポイント、新たなシャッターチャンスが訪れる


京都・京都駅ビルにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-10 00:21 | 屋内
新たな発見
b0237687_17530743.jpg

同じ場所を何度訪れても新たな発見があるものだと、今回はつくづく感じさせられた

京都駅ビルに京都タワーが映り込む箇所はあそこあそこと・・・

それもどのように映り込むかまで把握しているつもりだったが

えっ!こんなところにも映り込んでるやんかと


同じ場所であっても、違った観点から、違った角度から眺めてみる必要性を思い知らされた

また、季節や時間帯、天候によっても同じ場所、同じ角度からであっても違って見えるもの

だから、同じ場所を何度訪れても飽きない


京都・京都駅ビルにて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-09 00:21 | 建造物
京都駅ビルの大屋根
b0237687_08094285.jpg

相変わらず京都にはよく来ているし、京都駅に降り立つことも多いが

この場所は久しぶり

京都駅に着くと、即座にバスか地下鉄に乗り込み目的地に向かってしまう

あるいは阪急電車かマイカーか

同じ京都市内でも行く場所によって変わってくる


この場所は何と言っても超広角が欲しくなる

センサーサイズがAPS-Cサイズの我がカメラ

この時の焦点距離は10mmだ

フィルム換算だと約16mm

このぐらいの超広角レンズがちょうど良い


京都・京都駅ビル


※横位置画像はクリックすると拡大します(今までも、そしてこれからも)


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-04 00:19 | 建造物
ALONE
b0237687_21363245.jpg

京都駅ビルというのは、好きだということもあるのだろうが
写真の題材には事欠かない
しかし、欧米人ってなんでこんなにカッコイイのか
もちろん全ての男がカッコイイとは思わないが、カッコイイやつが多い
この男が日本人やアジア人だったら、多分撮らなかったと思う

京都・京都駅ビルにて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-05 00:22 | 人物
眼光
b0237687_17363585.jpg

上から睨みつけられている感じ

JR京都駅の中央改札を出て、駅ビルから外へ出ようとする真上にこのオブジェがある
下から眺めると寸胴になっており、その形はひょうたん型のような、楕円の中央を絞ったような形
しかし、ほんの少しアングルを変えて眺めれば、人のあるいはロボットの眼のような見え方をする
今までは両眼を捉えていたが、ちょっと目先を変えて片眼だけにした
微妙な角度でこの眼は優しかったり、怒っていたり、悲しんでいたりする

京都・京都駅 駅ビルにて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-18 00:17 | 建造物
孫と爺
b0237687_20533434.jpg

孫と二人だけでお出かけ
この歳になって初めて、なかなか良いものだなぁと思う
いつしかこういう光景があることを願いつつ

孫が我が家を訪ねてくれることは非常に嬉しい
でも実際は、2時間も一緒にいるともうクタクタ

京都・京都駅ビルにて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-10 00:16 | 人物
オブジェとタワー
b0237687_20135489.jpg

京都駅に降り立つ度にこのオブジェとタワーは自分の中では必ず撮ることになっている
私のお約束だ
焦点距離を変え、絞りを変え、露出補正を変え、アングルを変え、異なる季節・気候・時間帯を選び・・・
でも、狙い方はほとんどストレート
今回は大きくアングルを変えてみた
斬新さを狙うあまり奇抜になってはいないかと、それが気がかりだ

京都・京都駅ビルにて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-08 00:13 | 建造物
巨大空間
b0237687_11203382.jpg

いつも思う
贅沢な空間やな〜と
言い換えれば無駄な空間やな〜と
これは物理的に見た場合であって、写真という観点から見れば実に素晴らしい空間だと
いや、写真という観点からだけではなく、この駅を利用しているという立場でも見事な空間だと思う
駅という空間に於ける人のざわめき、埃っぽさ、圧迫感等など
そういうものを一切感じさせず、気持よく利用できるのはこの空間のお陰だと思っている
でも、冬は風が通り抜けてめちゃくちゃ寒い

京都・京都駅ビルにて

[PR]
by kouga2100 | 2015-09-14 00:19 | 建造物