タグ:京都水族館 ( 44 ) タグの人気記事

b0237687_18084587.jpg

水族館というものは子供が行く処と心得ていたが

意外と若いカップルも多いようだ

この京都水族館に限らず、大阪の海遊館や神戸の須磨水族園も然り


京都に住んでいた私の若い時は水族館でデートするなんて思いもしなかった

京都はもちろんのこと、大阪にも水族館は無かったから

そういう面では今の若者が羨ましい


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-15 00:22 | 人物
b0237687_08085499.jpg

アカクラゲ

傘の大きさの割には触手が長い、約2m

水の流れに身を任し、ゆらりゆらりと

クラゲというものは一緒には泳ぎたくないけれど

じっと眺めているとけっこう癒される存在かもしれない


クラゲによってはコミカルな動きをするもの、日本舞踊のようにゆっくりと舞うもの

それぞれがそれなりに楽しめるが

実は、この2匹のクラゲ

目玉が踊っているように見え、それを意識して撮ったが

改めて見てみるとちょっと気色悪い


でも、水族館を訪れるとクラゲの水槽前で費やす時間が一番長い


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-20 00:18 | 動物
b0237687_20441975.jpg

ガラス面に張り付いたもみじ

そこを水が伝う

伝った水の微妙な凹凸が、光の加減で浮き上がる


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-17 00:18 | 植物
b0237687_17511390.jpg

泳いでいてこんなのがいっぱいまとわりついてきたらゾッとする

しかし、水槽の中を浮遊しながらゆっくりと動いていく姿を見ている限りは癒やされる

癒やされている状態で撮ろうとすると集中力が散漫になり、ただピントを合わせて撮っただけに陥りやすい

気持ちを切り替えてじっと観察していると、いろんなものが見えてくる

傘が閉じきった時、開ききった時、又その中間の時

もちろん触手の動きもふまえて眺めているとイメージが生まれ、自分が撮りたいタイミングが決まってくる


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-14 00:20 | 動物
b0237687_08024990.jpg
b0237687_08023924.jpg

昔々若い時、水族館や動物園では出来る限り人工物を入れず、自然(野生?)に見えるように撮れ!

と、教わったような記憶がある

今どき、人工物を入れるな、自然に見えるように撮れとという指導者はいない(と思う)

けれど、若い頃に教わり身についてしまったものは知らず知らずのうちに出てしまう

人工物が入らないよう、人工の光が自然光に見えるよう立ち位置を変え、切り取り範囲を考えている自分がいる

それに気が付いた時、いつも心のなかで苦笑してしまう


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-11 00:20 | 動物
b0237687_19535579.jpg

京都水族館のオープン当初のイルカショーはお世辞にも素晴らしいとは言い難っかたこともあって

その後、何度かこの水族館を訪れたが、イルカショーを撮ろうという気が起こらなかった

久々に訪れたこともあって、その後の進歩状況を確かめようと期待をせずにイルカショー会場に足を向けた


以前はピョコン、ピョコンと高さの無いジャンプを数回し、後はスタッフの喋くりで終わったが

今回は、全体の流れとしてはさほど変わらないが、なんと

ジャンプの高さも格段に高くなったし、空中で1回転半したり、ヒネリを入れた高度な技を身につけていていた


ジャンプをただ撮るだけでは記念撮影になってしまうので、上下方向の流し撮りを試してみた

その流し撮りをしている時に、前方1回転半を披露してくれた


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-04 00:20 | イベント
b0237687_21553007.jpg
b0237687_21554077.jpg

真っ赤な衣装に白いブーツ、そして白い髭 サンタクロースエビと呼ぶらしい

クリスマスのときだけ、期間限定で各地の水族館で展示されている

通称はサンタエビ

和名はシロボシアカモエビ

英名はホワイトソックス シュリンプ


12月23日に撮影し、24・25日に掲載しようと頑張ったが間に合わなかった

実はカメラ月刊誌のひとつ「フォトコン」の2月号に私の記事が載ることになった

その原稿の締切が26日だったため、そちらに時間を食われてしまった


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-28 00:19 | 動物
b0237687_21081528.jpg

ゴマフアザラシの水槽前に、直径2m程の円筒の水槽がある

通常は、この円筒の水槽の中には何も居ない

ゴマフアザラシの水槽とこの円筒の水槽とは床下で繋がっており

ゴマフアザラシが気が向いたら円筒の水槽に姿を表す


この事実を知っている人は、時間の許す範囲で今か今かと現れるのを待つ

この事実を知らない人は、何も居ない水槽の前で人が待っていることを不思議がりながら通り過ぎていく

この事実を知っている人も、知らずに通りかかった人も、ゴマフアザラシが姿を現すとどよめきが生じ、一斉にシャッター音が鳴り響く


ほとんどの人たちはゴマフアザラシをカメラに収めようと一生懸命に

私は、そのゴマフアザラシを見て感動している人たちの表情を追う


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-03 00:20 | 人物
b0237687_20401742.jpg

京都までのJRの回数券が往復分期限切れになりそうだったので時間を作って行ってきた話は既にした

京都駅からまず向かったのが、先日来投稿している京都鉄道博物館

実は、京都鉄道博物館だけではなく、そのほん近所にある京都水族館も予定に入れていた

ここのイルカライブはお世辞にも素晴らしいとは言い難いが、大水槽は見事だ!

我家から1時間圏内で行ける大阪・海遊館、須磨・須磨水族園のどれよりも気に入っている

まず、大水槽内の水がいつ行っても綺麗で写真撮影がし易い事

また、大水槽内の魚の種類が豊富で夫々が喧嘩し合わないかと思うほど種類が多い

まぁ~、年パスを購入してしまっているほど気に入っている


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-01 00:19 | 屋内
b0237687_200459.jpg

子供はその場をなかなか離れようとしない
父親は業を煮やして「行こうよ」という
それでも子供はその場を離れようとしない
よほど気に入ったのか
何に興味を示しているのか大人には分からない

私が父親だったら、「行くよ!」と言って子供の腕を引っ張っているかもしれない
私が祖父だったら、もう少し我慢して待っているかもしれない

京都・京都水族館にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-01 00:21 | 屋内
←menuへ