紅白の梅
b0237687_22073079.jpg

城南宮は枝垂れ梅

神苑内は枝垂れ梅ばかりと思っていたが

実は2本だけ枝垂れ梅ではなく普通の紅白の梅が植わっている

それがこれ

神苑以外の境内の梅もまた普通の梅

これらの梅もまた素晴らしい


京都・伏見 城南宮にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-14 00:21 | 寺社仏閣
京の柴犬
b0237687_21543273.jpg

新撰組絡みの壬生寺や遊郭があった島原など、ちょっとウロウロしてみようと

阪急の大宮駅から南下しながら東へ行ったり西にいったりしてJR京都駅まで

ところがどっこい

新撰組の面影、遊郭の面影

私のイメージしていたものとは全く異なり、ほとんどカメラを向けること無くただウロウロしただけで西本願寺までたどり着いてしまった


その間、視線を感じてその方に顔を向けたらこの柴犬が私の姿を追っていた

吠えるでもなく、警戒するドもなく、どちらかというと興味津々という感じ

この子そのものが若く、好奇心旺盛なんだろう

そういう表情が可愛かったので、近づいてヤツの目線近くまでしゃがみ込みカメラを向けたらこの通り

一気にテンションが下がり、尻尾を下げ、ほんの少し警戒心を持たれてしまった

私自身はワンコが大好きだし、ワンコに吠えられるということも皆無であった

きっとカメラが怖かったのではないかと、勝手に解釈している


京都・島原にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-13 00:19 | 動物
Plum blossom
b0237687_21114427.jpg

梅の撮影、こうあらねばならないというものは無い

梅に限らずどんな被写体でも、こうあらねばならないというものは無い

ただ、自分の作風というか、自分なりの撮り方は概ね決まってくる

その撮り方のバリエーションが人によって少ないか多いかの違いはある


概ね決まってしまった撮り方から脱却するのはなかなか困難だ

なぜ困難なのかと突き詰めていくと、今までと違った撮り方をすることで失敗するのではないか

その不安感から逃れられず、ついつい今までの撮り方を続けて行ってしまうのではないかと


自分自身が思っている梅撮影はこんな感じかなという考えから思い切って脱却してみた


大阪・吹田 万博記念公園にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-12 00:22 | 植物
吊るし雛
b0237687_21324334.jpg

この地に来れば、お昼は必ずと云うほど立ち寄る蕎麦屋

その店内の天井からぶら下げられた吊るし雛


ちょっと渋めに仕上げてみた

仕上げると云っても、後からパソコンで色合いを調整するのではなく

FUJIFILMのカメラに搭載されているフィルムシミュレーション機能を利用している

フィルム時代ならば、表現意図に応じてフィルムを選んでいたが

その感覚で色再現や階調再現をカラーならば6種類のフィルムイメージから選べる

モノクロならば3種類から選べる


RAWで撮り、画像編集ソフトでチマチマ色合いを変えるより、フルムイメージを設定してJPEGで撮るほうがずっと的確だと思っている

フィルムで培われた色調表現はデジタルになってもFUJIFILMならでは

Canonを使っていた時はやむなくRAWで撮っていたが、FUJIFILMのXシーリーズに変えてからはJPEGで撮っている

事後処理の負担が少なくなった、記録媒体が小さくて済む、パソコンの負担が少なく処理速度が速い等いいことずくめだ

いまのところRAWで撮らなければならないマイナス要素はまったくない


大阪・富田林 寺内町にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-11 00:19 | 屋内
道明寺天満宮の梅
b0237687_09280351.jpg
b0237687_09281115.jpg

生まれて初めて訪れた

意外と近かった

我が家から車で阪神高速を使って約40分

帰りは時間に余裕があったので一般道を走って約80分


梅園も梅の木もきっちり手入れが行き届き、気持ちよく観梅できる

ここは毎年訪れてみたい梅園の一つになった

何が気に入ったかというと駐車場が無料で、すぐ近所に美味しい食事処がある


大阪・藤井寺 道明寺天満宮にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-10 00:18 | 植物