蝸牛
b0237687_17375771.jpg

私の知っている蝸牛とは様相が異なる

殻の色に対して渦巻きの線が鮮明だ

胴体の肌の色も白っぽい

日本人に対して白人系との違いのような気もする

目鼻立ちがクッキリしているというか、体型にメリハリがあるというか

昔は可愛いと思っていた蝸牛

当時の蝸牛は、殻をつまむと胴体は殻の中に隠れてしまい、弱々しさや奥ゆかしさを感じたが

最近の蝸牛は堂々としており、殻の中に身を隠そうともしない

弱々しさや奥ゆかしさは微塵も感じ取れない

ここまでメリハリがある姿や、クローズアップで捉えてみるとけっこうグロい姿

自分の中で蝸牛のイメージが少し異なってきた気がする


大阪・池田 久安寺にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-07-12 00:20 | 動物
夜の滑走路
b0237687_17023367.jpg

夜のエアポートというものは旅情をかきたてられる

といって、そんなロマンチックな気持ちにな浸って飛行機を追っかけている訳にはいかない

何故か

蚊の襲撃だ

そのために自家製の虫除けスプレーを持参しているがあまり効果はない

虫よけ剤の内訳は

無水エタノール5mlと蒸留水45mlにレモングラスの精油15滴ほど

それをスプレーに入れて事前にシュッシュとするだけ

香りはすごく良い、それに市販の虫除けスプレーと違って、防腐剤やら訳の分からない薬剤が入っていないので皮膚にも優しい

でも、効果は微妙である

気の持ちようだけのような気もする

でも、気の持ちようだけでは蚊も近寄ってくるし痒みも収まらない

少しは効果があるだろうと思ってはいるが、いっそ痒み止めも持参しようかと


兵庫・伊丹 伊丹スカイパークにて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-07-11 00:21 | 乗り物
沙羅双樹はナツツバキ
b0237687_14500116.jpg
b0237687_14501089.jpg

この花の木を日本では沙羅双樹、または沙羅の木と呼んでいる

二本ならんだ沙羅の木の下でお釈迦様が入滅したことから沙羅の木は沙羅双樹と呼ばれるようになったらしい

また、この沙羅の木は耐寒性が弱く日本では育ちにくく、ツバキ科のこのナツツバキを代替え木として各寺院で植栽しているようである

本物の沙羅の木の花とはどう見ても似ているようには見えない(写真で見る限り)

なぜこの花の木が代替え木になったのか、その理由が知りたいところである


大阪・池田 久安寺にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-07-10 00:19 | 植物
海上都市
b0237687_21061597.jpg

21世紀の海上都市として神戸港の沖合に人工島(埋め立て島)として開発が進められ、完成してから既に40年弱の歳月が流れている

その海上都市の名称は「ポートアイランド」、略して「ポーアイ」と親しまれている

企業誘致された当初から、そこに本社ビルを建築したある企業の本社に勤めていた私は

約20年ほど毎日この島の移り変わりを眺めてきた

その間に阪神淡路大震災も経験した

今、この島を訪ねることは殆ど無いが、この島の街並みを見るにつけ若い頃の様々な記憶が蘇ってくる


神戸・神戸港 ハーバーランドにて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-07-09 00:22 |
カエデの赤ちゃん
b0237687_19585292.jpg

丸太ん棒が積み重ねられ、もう永いことそのままになっているのだろう

飛来してきたカエデの種が発芽し、かわいい若葉を覗かせている

新緑ではなく真紅

時期は6月、決して紅葉しているわけではない

赤ちゃんだから?

若葉が赤いカエデがある

その種類かと思われるが、赤色がなんとも可愛らしい


大阪・池田 久安寺にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-07-08 00:22 | 植物