ブリキのワンコ
b0237687_17595371.jpg

真夏の晴天下、お昼時のレストランの店先

鉢植えを背負わされたワンコが痛々しく思える暑さだ


ワンコが背負わされている植物は

英名では「dollar plant」、日本での通称名は「金のなる木}、又は「成金草」

正式な和名はあるようだがほとんど使われていない


店先に、あるいは店内に「招き猫」を飾り、商売繁盛を願っているお店は多々あるが

このように直接的に「金(カネ)」を意識した店は珍しい

もっとも、店主がこの植物の意味を承知で店頭に出しているのか、そんな意味など無関心なのか

あるいは、軽いジョークなのかは分からない

承知の上ならば、入りたくないレストランの部類に入る


奈良・なら町にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-19 00:20 | 雑貨・小物
ガラスの風鈴
b0237687_09510982.jpg

ガラス素材の見た目の爽やかさが涼感を呼び起こす

たしかに澄みきったその音色も涼やかさを呼び起こすが

私は鉄製の風鈴の音色が好きだ

風鈴の素材もいろいろあるようだが、南部鉄の風鈴がお気に入り


私の知人に、いやそれも良いが「明珍火箸風鈴」の音色はもっと素晴らしいと言うヤツがいる

以前、気になって調べてみた

姫路で作られており、安価なもので5000円、上は3万円以上もする

特別な細工(工芸品としての)が施されているわけでもなし、金属の火箸が数本吊るされて一つの風鈴の体を成しているだけ

音色は気になるが、風鈴一つに一番安い5000円でも考えてしまう

だから未だに購入には至っていないし、音色の確認もできていない


奈良・橿原 おふさ観音にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-18 00:18 | 雑貨・小物
人の波
b0237687_20215732.jpg

「50,000人の写真展」(FUJIFILM主催)の大阪会場が先日の8月4・5・6日にグランフロント大阪で開催された

私は「10,000人の写真展」の頃から毎年出展し、仲間もまた出展している

だから当然の如く必ず会場に足を運ぶ

「10,000人の写真展」からスタートし「30,000人の写真展」になった

そして、今年「50,000人の写真展」として開催された

数年後にはきっと「100,000人の写真展」に発展しているだろう


このグランフロント大阪へのアクセスは幾通りかあるが

一番オーソドックスなのは、JR大阪駅の2Fから渡り廊下でグランフロント大阪に入る方法

その渡り廊下の天井がガラス張り

下を通り抜ける人々の姿が映し出される


大阪・梅田 グランフロント大阪にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-17 00:21 |
夏の風物詩
b0237687_16294046.jpg

縁側の鴨居に吊るされた和風モビール

吊るし雛のようでもある

金魚、西瓜、かき氷、その向こうには風鈴と

まさに真夏の縁側

昔はそんな縁側でおやつ代わりに井戸でよ~く冷やしたトマトを食べた

今、スーパーで買うトマトにはその味がしない


奈良・橿原 おふさ観音にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-16 00:20 | 雑貨・小物
祭りの日
b0237687_12084586.jpg

祇園祭は先月終わった

祇園祭というのは山鉾巡行と、その3日前からの宵山だけが祭りではない

7月1日から31日まで1ヶ月に及び、その間にいろいろな行事が催行される


しかし、部外者の我々にとってはやはり山鉾巡行と宵山がメイン

その山鉾が組み立てられ、町々の通りに飾られている姿は巡行とはまた異なった風情があり

それを目当てに観光客や見物客で賑わう

その観光客や見物客を目当てに露店が出現する

小物類や古着類、そしてこのような端切れの店も

このような露店を見て歩くのも楽しいかもしれないが

なにしろ、京都盆地の真夏の炎天下

生半可な気持ちでの露店巡りは熱中症が待ち構えている


京都・中京にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-15 00:19 | イベント