よくぞここまで頑張った
b0237687_11172816.jpg

そろそろ新緑の季節になろうとしているのに

雨や風や雪に耐え、よくぞ頑張ったものだ

ある人は未練がましいというけれど、私はよくぞ頑張ったと褒めてやりたい

潔く諦めるということも大事であるが、とことん頑張ってみるということも大事かな


京都・京都府立植物園にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-24 00:20 | 植物
雛めぐり
b0237687_10541626.jpg
b0237687_10542584.jpg
b0237687_10543483.jpg
b0237687_10544769.jpg

今年は3月11日(土)・12日(日)の二日間

今年で11回を数える

でも、私が訪れたのは今年が初めて

寺内町そのものはちょくちょく訪れるが、観光客はおろか地元の人も殆ど見かけないぐらいひっそりとしている町だ

でもこの二日間は人で溢れかえり昼食を摂るにも一苦労する


この二日間では期間が短か過ぎるということで、今年から「ひな飾り散策」と題して

2月25日~3月20日まで、お雛さまが飾られるようになったとか

これで毎年訪れることができそうだ


大阪・富田林 寺内町にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-23 00:18 | イベント
真っ赤な椿
b0237687_22535313.jpg

松の小枝に椿がひとつ

私が置いたのではない

誰かが置いて行ったのだろう

通常なら「椿が置いてあるー」と思いながら通り過ぎていくのだが

何か感ずるものがあったので立ち止まった

ただ面白いからカメラに収めるのではなく

何が自分の心の針を振らしたのか

この「何が」を見定めることで表現内容が変わってる

表現内容が決まることでカメラの設定が決まる

カメラの設定を決めてからどう撮ろうかなと思案するのは本末転倒


松の小枝に光が当たってテカっている

普通なら邪魔者扱いにするか、PLフィルターでテカリを抑えるだろう

でも私は、テカった小枝が椿の花から伸びている触手のように見え、未確認生物のように映った 

ならばどう撮るか、そしてカメラの設定はどうするかは必然的に決まってくる


京都・伏見 城南宮にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-22 00:22 | 植物
酒水
b0237687_08335935.jpg
b0237687_08340715.jpg
b0237687_08342271.jpg

一升の酒を造るのに八升の水がいるといわれている酒造り

伏見はかって「伏水」とも書かれていたほどに質の高い伏流水が豊富な土地

月桂冠大倉記念館や黄桜のカッパカントリーの敷地内、御香宮神社の境内にも湧き出した名水を一般人も味わうことができる井戸がある

もちろん、各酒造会社にも井戸があるのだろうが、見学したことがないので分からない

面白いことは、同じエリアにあるにも関わらず、各井戸水の味が微妙に違う

といっても、味わったことのある井戸水は先の3箇所だけだけど


京都・伏見 月桂冠大倉記念館にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-21 00:21
城南宮の枝垂れ梅
b0237687_08505714.jpg
b0237687_08510621.jpg
b0237687_08511616.jpg

遅咲きの梅はまだ咲いているところもあるが

私の中ではもうお終い

この城南宮、そこそこ遠いけれど今シーズンは3回も訪れてしまった

一回目は三分咲程度だったので二回目は満開を狙ってバッチリと

少々撮り足らなかったので三回目は翌日に

この三回目が良くなかった

満開の土曜日だったためか、人が多すぎて多すぎて


今シーズンの梅の投稿もこれが最後

フィナーレとして華やかに


京都・伏見 城南宮にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
# by kouga2100 | 2017-03-20 00:20 | 植物