「ほっ」と。キャンペーン
<   2016年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
時は流れる
b0237687_21472021.jpg

木造の小学校、廊下は土足で歩ける油引きの板張り

平成18年3月に廃校になったが、未だに微かな油の匂いが残る

私の卒業した小学校も、廊下は油引きの板張りだった

この小学校、私が卒業した小学校ではないが、この油の匂いでふと昔の記憶が蘇る


この校庭には今、約1200種類・3000本のカエデが植えてある

そろそろ様々な色合いの紅葉を見せてくれる

11月末頃までが見頃とか


奈良・宇陀 旧宇太小学校


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-31 00:22 | 建造物
かじるかじるどこまでかじる
b0237687_21384148.jpg

齧歯類は自分の歯のメンテナンスの為に様々なものをかじると聞いたことがある

しかし

小猿が自分の歯のメンテナンスの為に物をかじると云う話は聞いたことが無い


人間の赤ちゃんは様々なものを口に入れ、その感触を体感的に感じ取り、物を把握するという成長期の行動がある

それと同じようなものなのかどうか

その結論は学者先生におまかせするとして

じっと眺めていると、親近感が湧いてくるというのか、親のごとく優しい気持ちで見守ってしまう


京都・嵐山 モンキーパークいわたやまにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-30 00:19 | 動物
壁面の主張
b0237687_21153456.jpg

時々このように訳の分からないものを取りたくなる

ブロック塀のモルタル仕上げ

そのモルタルが、経年劣化で剥がれ落ち蔦がつたう

自分なりに形や色、その濃さや全体的なバランスを見なが切り取り範囲を決める

もちろんどんなイメージに仕上げたいかで露出補正やホワイトバランスも吟味する


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-29 00:20 | 建造物
畦道の秋桜
b0237687_22100093.jpg

稲穂が実る畦道には彼岸花がよく似合う

それは初秋の風景

晩秋の畦道にはやっぱり秋桜が似合うかなと思うが

正直、畦道に秋桜が咲いているのは初めての体験だ

どちらが似合うにせよ、その時期に畦道を歩くのは気を使う


奈良・斑鳩の里 法起寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-28 00:21 | 植物
京を治める
b0237687_21342638.jpg

この岩田山からは京都の町が一望できる

昔で云うなら、殿様が山の上の天守閣から治めている町を眺めているような雰囲気になってしまう

いつもここで京都の町を眺めているお猿さんもそんな気持ちのなるのだろうか

猿の惑星の如く


京都・嵐山 モンキーパークいわたやまにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-27 00:23 | 動物
ローズヒップ
b0237687_20560450.jpg

バラの果実のことで、これを乾燥しハイビスカスとブレンドしたハーブティが一般的

このローズヒップ、女性にとって大事な栄養素がいっぱい入っていて、美肌効果が凄いらしい

けれど

ハーブティにして飲むだけでは効果は薄い

出がらしとしてのローズヒップの実を食することで本来の効果が出るという


男として、女性が美しくなることに異論はない

どんどん、このローズヒップを食してもらいたいものだ


神戸・六甲山 六甲山カンツリーハウスにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-26 00:19 | 植物
はよおくれ
b0237687_10160291.jpg


「はよおくれ」は関西弁

「早くちょうだい」が標準語?かな

ここは猿が屋外で、人間が檻の中

野生の猿に餌をやることができるが、餌は販売されているもののみ

その餌をやる時だけは、人間がこの檻(小屋)の中に入る

ここの猿は大人しい

足元を猿がすり抜けていくのは日常茶飯事

でも、猿をさわってはいけないし、当然食べ物を見せてはいけない等など幾つかの禁止事項がある

それが守られているからこそ、野生の猿が間近にいても問題は起こらない


京都・嵐山 モンキーパークいわたやまにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-25 00:18 | 動物
金色の海
b0237687_21190073.jpg

いよいよ秋本番、紅葉には早いがススキは今が旬

ススキの穂が緑色から銀色へ、そして金色に

90haに及ぶススキの原野が風に揺れる姿はまさに金色に輝く海原の如し


美しい光景はいつまでも残し後世に伝えたい

せっかく木道が設置されてもそこを歩かない者もいる


昨日も秋桜を撮り行ったが、子供が数人コスモス畑の中を走り回り、足でなぎ倒していく

それを若い母親は、ニコニコしながら写真を撮っている

どんな神経をしているのだろう

思わず叫んでしまったよ

「花が痛むから早く出ろー!」と

無視されたけどね・・・


美しい心を持った日本人は何処へ行った

ほんの一握りの者達だろうが

花を撮りに行くたびに心が痛む


兵庫・神河町 砥峰高原にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-24 00:18 | 植物
六甲ミーツ・アート
b0237687_22004892.jpg
b0237687_22010036.jpg

正式には「六甲ミーツ・アート 芸術散歩2016」

六甲山の幾つかの会場に分かれて様々な芸術作品が11月23日まで展示公開されている

その中の会場のひとつ、六甲カンツリーハウス内の一作品

以前にも述べたことがあるが、その作品をそのまま撮ればただの記録写真

その作品と何かを絡めて自分なりの表現をしなければ意味が薄れる

今回は自然現象(ガスがかかってきた)を利用させてもらい、それなりの雰囲気を出させてもらった


神戸・六甲山 六甲カンツリーハウスにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-23 00:22 | イベント
湯どうふ定食
b0237687_21210689.jpg

「湯どうふ定食」、定食という名前からしてリーズナブルさがわかると思う

ただ安いだけではない、味は超一流

京都の湯どうふと云えば南禅寺と嵐山・嵯峨野

南禅寺の湯どうふは、たかが豆腐なのになにやかや付けて、いい言い方をすれば付加価値を付けて高額

それは嵐山・嵯峨野も同じ

しかし、嵯峨野には、美味しい湯どうふをリーズナブルに食べさすところがある

それがここ

この店は、誰にも喋らずそっとしておきたい

私の隠れ家的存在の店だ

たかが豆腐、されど豆腐である


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-22 00:20 | 飲食物