<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
パワースポット
b0237687_20025145.jpg

海外から見た日本の観光地の中でここが一番の人気らしい

3年連続1位に輝いている

ここは、伏見稲荷大社

千本鳥居で有名なところだ


ここ伏見稲荷大社を訪れる観光客は、数年前までは圧倒的に欧米人が多かった

しかし、ここ数年アジア系の旅行者が急増している様に思う

そして、ここを訪れる観光客の9割は大げさに言えば海外からの観光客だ

日本語が聞こえてくればほっとする


京都・伏見 稲荷大社


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-30 00:20 | 寺社仏閣
過疎化
b0237687_21053724.jpg
b0237687_21055331.jpg
b0237687_21060718.jpg
b0237687_21062455.jpg
b0237687_21063993.jpg

兵庫県との県境近くにある鳥取県智頭町の山村、板井原集落

伝統的建造物群保存地区に選定されている

この集落の形成は15世紀末頃と言われているが、一説には平家の落人部落とも言われている

そうなると11世紀後半から12世紀にかけてと言うことになり、なにか歴史的ロマンを感じる集落である

この集落の存在を知ったのは10年ほど前になるが、その後年に一度ぐらいは訪れている


しかし、どんどん過疎化が進んでいるようであり、過疎化の進行とともに廃屋の数も・・・


鳥取・智頭 板井原集落にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-29 00:21 | 建造物
真っ直ぐに靭やかに
b0237687_21351730.jpg

万博記念公園内の日本庭園、その中にある竹林に彼岸花が咲くらしいとい情報をキャッチ

万博記念公園内の彼岸花が咲くスポットが幾つかあるのは知っていたが、竹林は初めて知った

行く前から、竹林に咲く赤い彼岸花をああ撮ろうこう撮ろうと、イメージを膨らませて万博記念公園に行った

日本庭園に行く前に、万博公園内の彼岸花スポットをくまなく訪れ、いざ日本庭園へ

入口のスタッフに彼岸花の状態はどうですか?と聞くと

えっ!彼岸花?

今年はまだ殆ど咲いてないよ

昨日、竹林で2~3本見かけたかな・・・と

その貴重な2~3本がこれ


大阪・万博記念公園 日本庭園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-28 00:19 | 植物
ガード下の撮影
b0237687_21302661.jpg

JR大阪駅から阪急梅田駅前を通り、JRの東海道線に沿って京都方面に歩く

新御堂筋を横切って最初のガード下を右に折れる

ガードをくぐり抜けるとそこは中崎町

このガード下がけっこうフォトジェニック

中崎町に撮影に行くときは必ずこのルートを通り、このガード下でけっこうな時間を費やしてしまう


大阪・中崎町にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-27 00:20 |
FUJIFILM XF100-400mm(ド迫力)
b0237687_19421682.jpg

銀塩(フィルム)換算600mmの焦点距離のレンズだからこそ撮れるシーン

もう少し近づきたいけど、空港の敷地境界には当然フェンスが張り巡らされている

近づけるギリギリまで行くと、フェンスが写り込んでしまう

私の背丈(約180㎝)でフェンスが写り込まないギリギリが、背後にある千里川の転落防止用フェンスまで下がらなければならない

そこまで下がってしまうと、前方が空いてしまうので写真愛好家の方がす~っと前に入り込んでこられる

そこで撮るとフェンスが入り込むよーと心の中で叫んではいるが、その思いは届くはずもなし

その方はフェンスが入るのはお構いなしなんであろう

そんなこんなで、無理に撮るとその方々の頭が映り込んでしまう

絶好にタイミングを何度逃したことか!

次に訪れるときは、絶対に脚立を持ってくるぞと思いつつ、いざ来るとなれば脚立持参が億劫になってしまう

そして後悔することになる

学習機能が欠けているとしかいいようがない


大阪・豊中 千里川土手にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-26 00:19 | 乗り物
サイケデリック
b0237687_22072095.jpg

本来サイケデリックとは、幻覚剤によってもたらされる様々な視覚・聴覚の幻覚を云うらしいが

1960年代の後半ぐらいからヒッピーによって広められ、幻覚の様な図柄や絵柄

あるいはそのような音や音楽を指し、略してサイケとかサイケ調とか云った

サイケデリックアートでは世界的に有名な横尾忠則氏がいる


お寺の建物の横に停められた真っ黒の乗用車、そのボディーに建物の壁面が映し出された

一般的には車のボンネットや側面、あるいはウィンドーなどの比較的フラットなところに映り込んだものを撮影する場合が多いが

今回は大きな曲面を描くフェンダー(タイヤハウス)に映り込んだところを狙ってみた


滋賀・比叡山 延暦寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-25 00:22 | 寺社仏閣
飛行機見物
b0237687_21040496.jpg

孫にせがまれてやってきた伊丹空港

母親とその両親、というところだろうか

私にも娘がいるが、30を超えても結婚する気配がない

いつになったらこういうシーンを体験することができるのだろうか

ちょっと羨ましい


伊丹・伊丹空港 展望デッキにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-24 00:20 | 人物
滝が流れるカフェテラス
b0237687_17531688.jpg

階段状の人工の滝が流れるカフェテラス

夏場は涼しげでいい

春と秋はさぞかし気持ちがいいだろう

冬は?

かなり寒そう

このカフェテラス、真冬はどうなってるんだろうと、ちょっと気にかかる


大阪・梅田 グランフロントにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-23 00:19 |
大阪国際空港
b0237687_17102683.jpg

我々は昔から伊丹空港と呼んでいる

いつの間にか大阪国際空港が正式名になったようだ

なぜ昔から大阪空港と呼ばず伊丹空港と呼ぶのか

地図を見れば一目瞭然

伊丹空港の大半が伊丹市に属しており、ほんの一部が大阪府の豊中市に属しているに過ぎないからだと推測する

でも、この写真の様な角度から見れば、向うのビル群は大阪の中心地である梅田のビル群であり間近に見える

これは望遠レンズの圧縮効果によるものだけれど

こうやって見る限りは大阪国際空港と呼ぶ方が妥当なような気がする


伊丹・伊丹空港 展望デッキにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-22 00:20 | 乗り物
清楚な彼岸花
b0237687_17002656.jpg

彼岸花と云えば赤い花

赤いだけではなくかなり毒々しい

最近は、赤い花だけではなく、白色や黄色あるい薄いピンク色の花まで出回っている

特に白色は多くなった

昔は、白い彼岸花は探し回らなければ見かけることは無かったが

最近は、普通の彼岸花が咲いているところに行けば、白い彼岸花も数は少ないが容易に見つけることができる

でも、終わりかけている事が多かった


最近気づき始めて、今回はっきりと認識したことがある

白い彼岸花の方が開花時期が一週間ほど早いような

えっ、そんなこと今頃知ったのかと言われればお恥ずかしい次第であるが


大阪・吹田 万博記念公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-21 00:23 | 植物