<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
曇りガラスにつたう植物
b0237687_1950202.jpg

何かの表面につたう植物
一般的には「蔦」という
蔦と云えば甲子園球場を思い浮かべてしまう
何かにつたっているだけに、表側からしか眺めることのできない蔦は高校球児しか感動することはないだろう

曇りガラスを通して蔦の裏側を初めて眺めた
想像はしていたが、初めて見る光景というものはやはり感動するものだ

淡路島・夢舞台にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-31 00:19 | 植物
鰐口と大綱
b0237687_2142628.jpg

神社などに行くと大きな鈴をガランガランと鳴らして参拝するお寺バージョン
お寺の場合は鈴の代わりに「鰐口」と呼ぶ鐘?だ
もちろん参拝するときのお作法も異なる
しかし、綱を振って鈴や鰐口を鳴らすのは同じであるが

この寺は、鰐口を鳴らすことさえ禁じている
本堂の正面にこのようにあることはあるのだが、参拝者が大綱を振らないように柱に固定してある
なるほどここの参拝客の数は生半可ではない
参拝する者全てが大綱を振って鰐口を鳴らせば、たちどころに寿命がきてしまうだろうし
多くの参拝者をさばくこともできないだろう
いつ参拝しても、この前の「清水の舞台」は芋の子を洗うが如し

京都・清水寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-30 00:22 | 寺社仏閣
夜が明けたら
b0237687_20582661.jpg

予定していた日は、天気予報によると雨だったので、急遽延期して翌日に
実際は、予定していた日の昼間は雨が降らず夜中に降った
翌朝は少しぐらいは雨が残るだろうと思っていたが、カラッと晴れ上がって最高の撮影日和
且つ、昨夜の雨で雫が残り花も初々しく
また、傷んでいる花も無く、一番いいタイミングで訪れたようだ

神戸・須磨 須磨離宮公園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-29 00:19 | 植物
古民家
b0237687_2135689.jpg

富田林市寺内町(じないまち)
この町には江戸中期から昭和初期の町家が約40軒ほど当時のままで残されている
国の重要文化財に指定されており、市が管理している町家もあれば、今なお生活の場として利用されている町家も多い
この一角は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている
ここで生活している方々にとっては嬉しくもあり悲しくもありと云うところだろうか

嬉しいことは、当然誇りに思えること
悲しいことは、この状態をずっと保存し、維持し続けなければならないこと
そのためには大変な労力や、生活洋式の我慢や、保存維持のための金銭負担等々・・・
昔、この地域に住んでいる方に聞いたことがあるが、公的な金銭補助は微々たるものらしい
私だったら丁重にご辞退申し上げるところであるが、地域のこと、地域の中の自分の立場などを考えると簡単には割り切れないだろうなと

大阪・富田林 寺内町にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-28 00:18 |
砂ずりの藤
b0237687_20523271.jpg

春日大社の社殿に入ったすぐのところにある藤棚
この藤は、花房が地面に届くくらい長く伸びることから「砂ずりの藤」と名付けられたそうだ
樹齢700年以上
実際には1m以上、最大で1.5mぐらいの長さになると聞いた
訪れた時は30㎝ぐらい(4月30日)、少し早かったようだ

奈良・春日大社

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-27 00:20 | 植物
花見小路東入ル
b0237687_20353124.jpg

花見小路は祇園のメインストリート
昼間に歩くと観光客ばかりで、完全な観光エリアだ
それが嫌で普段はまず歩かない
しかし、たまには何か撮れるかも知れないと歩いてみたが
やはり皆目ダメ
業を煮やして脇道に入る
脇道に入ると不思議と観光客の姿は皆無
そこで見つけた赤い番傘
はて、昨日の昼も夜も雨は降っていなかった
干しているのかと思ったがそうではなさそう
では、何の為?

京都・東山 祇園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-26 00:24 |
b0237687_22135882.jpg

この花の名前は知らない
多分この花の名前を記したプレートがあったと思うが
手持ちのマクロで雫に、いや厳密にいうと雫に写り込んでいる葉っぱにピントを合わすべく
持ち得る全ての集中力を出しきっての撮影後は、それだけで満足してしまい名前の確認を失念した

淡路島・夢舞台 奇跡の星の植物館にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-25 00:13 | 植物
縁切り縁結び
b0237687_20292427.jpg

この御札がいっぱい貼られたものは「縁切り縁結び碑(いし)」といって
高さ1.5m、巾3mの絵馬の形をした巨石らしい
縁切り、縁結びはなにも男女間に限らず、縁切り・縁結びしたい事(事象)ということになっている
まず本殿に参拝し形代(御札)に願い事を記入、形代を持って願い事を念じながら碑の表から真ん中の穴をくぐる
これで悪縁を切る
そして、同じように裏から穴をくぐり表へ
これで良縁を結ぶ
最後に碑に御札を貼り付けて祈願は終了

それにしても碑の原型が御札でまったく想像もつかない
まぁ〜これだけ願い事が多くては神様も過労死するのではないかと心配せざるを得ない
人様の弱みに漬け込んでの金儲けとは言わないけれどね・・・

そこまで言わなくとも、願い事をする方も一種の遊びと割り切るとすっきりとする
日本の新たな文化のひとつと考えられなくもない


罰当たりなことを言ってしまった^^;

京都・東山 安井金比羅宮にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-24 00:20 | 寺社仏閣
今年はバッチリ
b0237687_2313183.jpg

春日大社の神苑である萬葉植物園
ここの藤は有名であるが、ここ数年毎年訪れてはいるが
毎回、早かったり遅かったりで散々な目にあってきた
もちろん、その年の見頃時期は押さえてはいるのだが
仕事の都合で最適な時期に訪れることができず、無理やり訪れた結果だった
今年は、少し早いかなと思いつつ訪れてみたらバッチリ(4月30日)
おかげ様で、人・人・人・・・

奈良・春日大社 萬葉植物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-23 00:17 | 植物
庚申さん
b0237687_21261098.jpg

庚申信仰
日本人の信仰心はどうなっているのか
ここの身代わり申は神社の絵馬と化し、願い事ばかり
寺社仏閣、何処に行っても願い事ばかり
信仰とは神仏に願い事を押し付けることか?

坊さんや神主さんよ、金儲けばかりに走らず
信仰とは?ということをもっとまじめに広めるべきではなかろうか

京都・東山 八坂庚申堂にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-22 00:23 | 寺社仏閣