「ほっ」と。キャンペーン
<   2015年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧
いわたやまの小猿たち
b0237687_1655971.jpg

b0237687_16552443.jpg

b0237687_16553864.jpg

ちょうどよい時期に訪れたようだ
小猿たちが走り回っている姿を目の前で観ることができた

場所は京都の嵐山、渡月橋から歩いてすぐのところにモンキーパークがある
入口からサルたちが居る場所までつづら折りの坂道を歩くこと約15分
小猿たちがじゃれあい走り回っている姿をほん目の前で観ることができる
場合によっては、大人の猿も子供の猿も時にはゆっくりと、時には素早く脚元を通り抜けていく
餌付けされているとはいえ、野生の猿を何の障害物もなしに間近で観ることができ感動を覚えずにはいられない

京都・嵐山 モンキーパークいわたやまにて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-30 00:20 | 動物
毘沙門堂の紅葉
b0237687_20241822.jpg

b0237687_20243150.jpg

b0237687_20245030.jpg

ここは毎年花見に来ている
花見といっても宴会するわけではなく撮影が主
でも、紅葉も素晴らしいと聞いて去年から訪れているが
今年は紅葉そのものがいまいち
おまけに雨に降られてしまい靴の内まで雨が染みこんでしまった

京都・山科 毘沙門堂にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-29 00:23 | 植物
伊根の舟屋
b0237687_19273589.jpg

b0237687_19274927.jpg

b0237687_1928597.jpg

b0237687_19282327.jpg


舟屋とは
1階がガレージ、2階が住居になっている建物で海に面している
1階のガレージには車ではなく舟が入るようになっているこの地域独特の漁師さんの住まいだ

今は、そのガレージに入っている舟は少ない
舟が船になり、大きくなってしまい入りきれなくガレージの前に係留している光景が目立つ
舟が入りきれなくなったガレージは、物置とか自家消費の干物を干す場所になっている

京都・伊根 伊根湾にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-28 00:22 |
醍醐の紅葉
b0237687_1948467.jpg

b0237687_19485878.jpg

b0237687_19491683.jpg

今回も雨
JR山科駅から地下鉄に乗り継いで4つ目の駅、醍醐駅
そこから徒歩で10〜15分で醍醐寺にたどり着く
ここは「醍醐の桜」で超がつくぐらい桜で有名
でも、紅葉も素晴らしいと聞く

この醍醐寺は今回初めて訪れた
来年の花見を意識して、どんなところかという事を兼ねての紅葉撮影

ここの紅葉はというと
早かったのか遅かったのかよくわからない状態
落葉したような枝も多かったが、青葉が沢山残っていたので早かったのだろう
地面の落葉したものを見ると枯れ葉と云うイメージのものが多かったが
ここの紅葉がよろしく無いのではなく、今年の紅葉は全体的によろしく無いようだ

京都・伏見 醍醐寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-27 00:18 | 植物
新蕎麦を食べに行った
b0237687_1158309.jpg

b0237687_11584411.jpg

b0237687_11585624.jpg

b0237687_1159818.jpg

美味しい蕎麦屋があると聞いて、丹波の柏原まで行ってきた
事前予約が必要だったので予約を入れたら食事内容まで決めてくれという
聞いてみるとざる蕎麦と鯖寿司のセットがあったので、とよっと高いかなと思いつつそれで注文しておいた

行ってみて驚いた、この内容
そりゃ、ちょっと高いはず
でもこの内容では三ノ宮では倍はとられる

肝心の蕎麦であるが、歯ごたえといい、喉越しといい、香りといい、全て満足
そば粉はその時その時の亭主が気に入ったものを選んで仕入れるらしい
「今日の蕎麦は埼玉産です」・・・?
「えっ!」と聞き返してしまった
てっきりこの近辺の蕎麦を使っていると思いきや、埼玉産とは・・・
亭主のこだわりであった
私は、どこ産であろうと美味けりゃ良い

丹波・柏原にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-26 00:19 | 飲食物
樋をつたう
b0237687_9115556.jpg

これを樋と呼んでいいのか分からないが、縦樋の一種かな
社寺のお堂なんかでよくみかけるやつです

庭を散策していて雨が強くなったので軒下で一休み
ただボ〜っとしていてもつまらないので、紅葉をバックに雨水が樋をつたう様を撮ってみた
雨足を捉えるには、よく知られた方法としてストロボを焚くという方法もあるが
この場合は、それをすると樋が不自然に光ってしまう
別の方法は、暗いバックあるいは色の濃いバックを選ぶということ

うまい具合にバックには紅葉と濃い緑を持ってくることができた
ただ、それだけでは一応雨足を捉えることはできるが捉えただけにすぎない
もう少し明確に雨足を表現しようとするならば、雨足が一番よく輝く角度を探してやれば良い

京都・鷹ヶ峰 しょうざん庭園にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-25 00:11 | その他
ねこじゃらし 影と光と
b0237687_16545426.jpg

b0237687_1655921.jpg

どこにでもあるような何気ないシーン
その中にも心惹かれる部分が存在する
光と影を読み
主役と脇役をどう切り取るか
ただ、それだけ

大阪・泉佐野 佐野漁港にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-24 00:21 | 植物
雨一葉
b0237687_20521126.jpg

b0237687_20522452.jpg

b0237687_20523730.jpg

この日、午前中は嵐山のいわたやまで年賀状用の猿撮影
その分は後日掲載する予定

午後からは鷹ヶ峰にある「しょうざん庭園」での紅葉撮影
昼過ぎに着いて食事をしている間に雨が降りだした
雨でしっとりとした風情が撮れると楽観視していたのだが、小雨ではなく本格的な降り
軒下でしばらく待機ということもあった

京都・鷹ヶ峰 しょうざん庭園にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-23 00:23 | 植物
秋風になびく
b0237687_8124565.jpg

秋といってももう11月の下旬、晩秋だ
作業用のゴム引きのオーバーオールはけっこう重い
それがなびくのだから強風ではないにしてもそこそこ風はある
晩秋ともなれば、最近は暖かといえども風は冷たく佇んでいると身体は冷える

大阪・泉佐野 佐野漁港にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-22 00:12 |
スマホでパチリ
b0237687_17503199.jpg

ほんの数年前まで、ここに来る人は飛行機が大好きな人か
一眼レフを持った本格的に写真を撮りたい人だけであったが
最近はカップルありのデートコースにもなっているような感じ

写真を撮るにも記念写真的な感じで真上を通過して着陸する飛行機をスマホで撮影する人も多くなった
見せてもらうと、これが意外とと言っては失礼なのだが凄く良い!
なぜか?と自分なりに分析してみた結論は
ああ撮ってやろうとか、こう撮ってやろうとかいうテクニックに走らず
ありのまま素直に自分の思いを撮っているからイキイキとした写真になっているのだろうと
テクニックばかりに固められた上手い写真よりも
心に響くいい写真を撮りたいものだ

大阪・大阪国際空港 滑走路南端にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-11-21 00:20 | 乗り物