<   2015年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
水の入ったグラス
b0237687_20255430.jpg

食事の時
料理やデザート、アルコール飲料等を撮る方は多い
でもそのテーブルに置かれている水の入ったグラスを撮る方は皆無
これ、意外と面白い

ただ、水の入ったグラスを撮るだけならば、面白くもなんともない
グラスの表面の水滴やそこに映り込んだ
いや、映り込ませた何種類かの色を織り交ぜる
そんなことを考えるとけっこう夢中になれる
この場合は、青色に縁どりされたお皿の縁とオレンジジュースを映り込ませた

神戸・元町 メリケンパークオリエンタルホテルにて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-31 00:25 | 飲食物
枯れ葉
b0237687_21504168.jpg

これは黄葉ではなく、ただの枯れ葉
でも、早くも兵庫県の北部では色づき始めたと便りが届き始めた
今年の紅葉は例年になく早いらしい
そして色づきも鮮やかだと

朝晩は今の時期らしく冷え込むが、日中はまだまだ暑い
いったい今年の気候はどうなってるの?という感じ
この寒暖差の大きいことが色づきを良くするとも云われる

どんな理由であろうが、美しい紅葉が早く見られるのであれば
早めの心の準備とスケジュールの調整をしておかねばならない

比叡山・延暦寺 西塔

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-30 00:17 | 植物
青い小屋
b0237687_13524659.jpg

心に何かしらの感動を覚えるとき
主に形で惹かれる場合、色で惹かれる場合、光で惹かれる場合があるようだ
今回はブルー、ピンク、グリーンの色の組み合わせで惹かれてしまった
小屋が木造であったり、ブロック造りであれば、多分カメラは向けなかったであろう

大阪・豊能 とよのコスモスの里にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-29 00:22 | 植物
象鼻
b0237687_20155676.jpg

造り物だ
でもなかなかリアル
初めての方は大概びっくりする
その表情を見るのも面白いし、撮るのもまた面白い

大阪・天王寺 天王寺動物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-28 00:15 | 動物
ホテルランチ
b0237687_206829.jpg

b0237687_2062523.jpg

b0237687_2063930.jpg

b0237687_2065340.jpg

今回はメリケンパークオリエンタルホテルさんのご協力をいただきランチ撮影会を行った
①南瓜のフラン マスカルポーネソース
②栗のクリームソース
③鶏モモ肉の茸とフォアグラ詰め ソースマデラ
④梨のグラニテ ヨーグルトクリーム クランブル添え
それにパンと珈琲が付く

ランチ以外にも2棟のチャペル
海上保安庁が公認した極めて稀な民間の敷地内の灯台などの撮影もさせていただいた

神戸・元町 メリケンパークオリエンタルホテルにて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-27 00:21 | 飲食物
秋空と秋桜
b0237687_2048340.jpg

最近のマイブーム
太陽を入れること
うまく入った、綺麗に光芒が出せた
だからどうなの!
別に写真の価値が上がるわけでもない
技術力?
慣れれば誰でもできる
表現力?
何の意味もない
単なる趣味趣向の問題、自己満足の世界

大阪・豊能 とよのコスモスの里にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-26 00:21 | 植物
美脚
b0237687_21305557.jpg

奈良町家の中二階
格子戸から入る光が板の間に映える
薄暗い板の間に映る格子模様の光は心が和む

眺めている限りはそれで充分なのだが、写真的には少し物足りない
そういう場合は、自分のイメージになるまで待つしか無い
自分的にはここに美しい脚元が欲しかった
生脚だと如何にもと言う感が拭えない
ジーンズのすらっとした脚元がちょうど良い

奈良・なら町 格子の家にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-25 00:24 | 屋内
キュートな案山子
b0237687_22314491.jpg

キュート、cute
ちょっと気になったのcuteの意味を調べてみた
日本語的には間違いなく「可愛い」という意味になるのだが
米語的には「利口な」「抜け目ない」「気取った」という意味あいで使われることもあるそうな

大阪・豊能 とよのコスモスの里にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-24 00:18 | 植物
木道を往く
b0237687_17261878.jpg

ここを訪れたのは10年ぶりぐらい
自然保全の観点から木道がその頃からあったが
随分延長され整備が進んでいるなぁと感心させられた
ススキの原野を秋風を感じながらのんびりと歩く
なかなか良いものである

しかし、いざ歩いてみると木道の巾が狭すぎてすれ違いが出来ない
必然的にどちらかが湿原に降りざるを得ない
何のための木道かわからなくなる
すれ違いができる巾にしたらと言いたいけれど、きっと予算が・・・
ということになるんだろうなー

所々にすれ違いができる退避箇所が設けられてはいるが、そこまで行って初めて気がつくような状況
いっその事、一方通行に出来ないものか

兵庫・宍粟 砥峰高原にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-23 00:25 | 風景
托鉢と喜捨
b0237687_202143100.jpg

京都や奈良ではちょくちょく見かけるシーンであるが
わが町では、最近全く見かけなくなった
私の小さい頃は、わが町でもよく見かけたものなんだが・・・

京都・祇園 白川の畔にて

[PR]
by kouga2100 | 2015-10-22 00:20 | 人物