<   2014年 10月 ( 31 )   > この月の画像一覧
延暦寺・阿弥陀堂
b0237687_2139124.jpg

(FUJIFILM X30)

延暦寺は大きく分けて三つのエリアに分かれている
坂本ケーブルから一番近いところが東塔と呼ばれているエリア
そこから少し離れて西塔と呼ばれているエリア
西塔から約4km離れたところに横川というエリアがある
この三つのエリアを写真を撮りながら徒歩で巡ろうとすると時間的には困難だ
私の参拝ルートは東塔エリアの中心である根本中堂にまずお参りし、この阿弥陀堂
そして、ここから西塔エリアに徒歩で向かい、また根本中堂に戻ってくるというルートだ
10時頃坂本ケーブルに乗車し3時頃下山という軟弱な行程であるが、程よい疲れを感じる程度で丁度良い

比叡山・延暦寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-31 00:24 | 寺社仏閣
コースランチ
b0237687_1915271.jpg

b0237687_19154238.jpg

b0237687_1915598.jpg

b0237687_19161784.jpg

先日、神戸・北野ホテルでランチを頂く機会があったと話しした
その時は、デザートに感激したのでその写真だけアップしたが、メインはこんな感じ

このホテル、そもそもは女性に人気があり、特に朝食が有名であるらしい
神戸在住の女性によると、ここの朝食が有名なのは当たり前らしいが
おっさんや爺さんはほとんどその名声は知らない
もちろん私もその中の一人であった

手をつけていない段階の料理写真だけではつまらないので
シズル感(臨場感)を出すために食べている途中のシーンも撮ってみた

b0237687_19165287.jpg

b0237687_1917968.jpg

神戸・北野ホテルにて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-30 00:13 | 飲食物
昼酒場
b0237687_17402777.jpg

(FUJIFILM X30)

この前を通る度にというよりも元興寺にお参りに来る都度気になっている店
立ち呑み処と茶店(ちゃみせ)を足して2で割ったような店
今度こそ入ってみようと思いつつ踏ん切りが付かない
入ったことがないからどんな店かも分からない
ただ、洋物のビールが飲めることぐらいは察しがつくが
他にどのような酒があるのか、アテは乾き物しか無いのかそれなりのものが出てくるのかさえ想像できない
それだけに、私にとっては気になる店でありミステリアスな店でもある

奈良・元興寺門前にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-29 00:27 |
デザート
b0237687_913725.jpg

神戸・北野ホテルでランチを頂く機会があった
コースランチのデザート
これには驚かされた
ぱっと見、えっ!クリスマスバージョン?
しかし、クリスマスには早すぎる
見栄え、ボリューム、食べ応えは申し分なし
今まで頂いたランチのデザートとしてはトップクラス
撮影に時間がかかってしまいジェラード系が少し溶けてしまったのが残念

神戸・北野ホテルにて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-28 00:17 | 飲食物
着物カップル
b0237687_2029754.jpg

京都では着物を着た観光客のカップルは見慣れてしまったが、奈良では凄く新鮮だ
京都の着物カップルはいかにも借り物、いかにも着慣れていないと思えるカップルが多いが
このカップルは着物そのものも見事だし色目も渋く品がある
久々に二人揃っての上手い着こなしを見て大満足

奈良・なら町 元興寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-27 00:28 | 人物
子供同士
b0237687_19162556.jpg

今年の9月下旬に撮影
この時はまだまだ暑かった
ほぼ一ヶ月が立ち、日中は寒さを感じないが朝晩はめっきりと冷え込むようになてきた
あと二週間もすれば、近畿地方でも紅葉の便りが届き始めるだろう

今年の初夏に孵化した子供のフラミンゴ
早いものだ、もうこんなに大きくなった
羽がピンク色に染まるのももう少しだ

神戸・王子動物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-26 00:15 | 動物
ひとひらのはっぱ
b0237687_22591529.jpg

(FUJIFILM X30)

障子の向こう側に一枚の楓の葉っぱが
うまい具合にシルエットになって優しい光も入ってきている
ということで、ばしゃばしゃ撮ってから近づいてよーく眺めてみたら
なんと!
ほんものの楓の葉っぱではなく、葉っぱの形に切り抜いた障子紙だった
要するに、障子の部分補修だ
そういえば昔はどの家もこんな風に補修していたなぁー
切り抜く形は様々だったけれど
我が家は母親が桜の花の形に切り抜いて補修していたような
物質的にはそれほど豊かではなかったけれど
こういう風な、遊び心のある補修
懐には余裕が無かったけれど、心には余裕があったのかと
このような光景、貧乏臭いというよりも
ほのぼのとした心の優しさを感じずにはいられない、と同時に懐かしさが込み上げてくる

奈良・なら町 元興寺にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-25 00:22 | 屋内
サルの眼差し
b0237687_21264912.jpg

b0237687_2127249.jpg

眼だけ見ていると人間とまったく変わらない
同じ霊長類だといってしまえばそれまでだが
そこには何らかの感情を見いだす事ができる
でも、その感情の元は何なのかは私にはわからない
遠くを眺めているような眼
切なくもあり、優しくもあり

神戸・王子動物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-24 00:26 | 動物
KOBE Jewelry Box
b0237687_2145773.jpg

b0237687_2151114.jpg

1000万ドルの夜景と云われている六甲山から神戸の街を見下ろした夜景
六甲山からの夜景スポットはいくつかあるが、今回は六甲ケーブル山頂駅の天覧台から
神戸の街中の昼間は上着がなくとも長袖のシャツがあれば過ごせたが
念の為にと薄手の上着とダウンベストを持って行った
それでも日が落ちると急激に冷え込み骨の髄まで冷えきり後半は震えが止まらなかった
いや〜この時期にここまで冷えるとはちょっと誤算
小さいときから六甲山を歩き回り、自分ちの庭のように知り尽くしていると感じていたが
その思い上がりが今回の誤算につながったようだ

手前が神戸の街、暗い部分を挟んで向こうに見えるのが大阪の街
暗い部分が大阪湾
六甲の山の上から眺める大阪湾は意外と小さかった

神戸・六甲山 天覧台にて

※写真をクリックしていただくと拡大します

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-23 00:22 | 風景
四面楚歌
b0237687_21131930.jpg

フラミンゴの産卵・抱卵の時期は今ではない
今年の五月下旬に撮ったもので、出しそびれていた
母親が食事にでも行ったのか、居なくなった隙に虎視眈々と狙っているのか
それとも、母親が帰って来るまでみんなで見守っているのか・・・
フラミンゴの目そのものが意地悪く感じるのでどちらか判断がつかない(笑)

神戸・王子動物園にて

[PR]
by kouga2100 | 2014-10-22 00:12 | 動物