<   2013年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
路地
b0237687_20433366.jpg

私の小さい頃の路地と云えば、当然舗装などされておらず地道だった
車など入ってくることはないから、子供たちの安全な遊び場だった
缶蹴りをしたりビー玉遊びをしたり・・・
ワンコの散歩などは、路地を散歩さす飼い主などは居らず原っぱだったり田んぼの畦道だったり
だから、路地にはワンコの落し物などなかったから、そういう意味でも安全だった
むしろ安全そうに見える原っぱなどで、時々ムニュッと踏みつける場合がほとんどだった
その時はクソー!と怒りを覚え、その矛先を向ける先が無いことに余計に腹が立ったことをよく覚えている

大阪・中崎町にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-30 06:25 |
六甲山は秋の装い
b0237687_93944100.jpg

朝晩がさすがに涼しくなってきたけれど、9月末だというのに日中はまだまだ暑い
六甲山の山上近くは神戸の街中に比べれば5〜6度は低いので、秋そのもの
いよいよ出かけるには良い季節になってきた

神戸・六甲山 六甲ガーデンテラスにて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-29 06:24 | 植物
稲荷山巡り
b0237687_8205719.jpg

b0237687_8211234.jpg

b0237687_8212970.jpg

b0237687_8214682.jpg

b0237687_8215925.jpg

b0237687_8221296.jpg

伏見稲荷大社の裏山が稲荷山
山丸ごと信仰の地になっている
稲荷大社から1本の道が山をぐるっと一回り
その道沿いには、千本鳥居ほど密集はしていないが大小様々な鳥居が山を登って降りてくるまで途切れることはない
また、大小の稲荷神社や祠が数えきれないぐらい道沿いに祀られている
一巡りするには観光という気持ちではかなりハードなコースではあるが、簡単なハイキングコースだと思えばちょうど良い
道の途中にはいくつかの茶店もあり、そこで寛ぐのもまた良し
一山ぐるっと巡って最後の茶店でのソフトクリームはまた格別

京都・稲荷山にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-28 06:20 | 寺社仏閣
彼岸花
b0237687_20521365.jpg

b0237687_20522940.jpg

b0237687_20524578.jpg

今年は改めての彼岸花撮影はできなかった
もう、近所の片隅にぽつりぽつりと咲いていた彼岸花も、白っぽくなり枯れ始めた
ちょうど、仕事で行く先の近所に神社があり、そこに彼岸花が咲いていることを思い出し立ち寄ってみた
その場所は彼岸花が咲く頃に何回か訪れた事があり、その度に蚊に悩まされていたので虫よけスプレー持参だ
でも、結局は何箇所かはやられてしまった
それだけ多くの蚊がいて待ち構えているのだ

奈良・今井町にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-27 06:22 | 植物
中津のチャップリン
b0237687_18552693.jpg

b0237687_18553970.jpg

このチャップリンは誰が描いたのか
この絵の向かいにある飲食店の娘さんが描いたのだともっぱらの噂
その娘さん、たぶん1枚目の中で散水している方ではなかろうかと・・・
勝手な想像です

関西の写真家でありブロガーである何人かのブログで最近になってこのチャップリンの絵が掲載されていた
しばらくこのエリアをうろついていなかったので無性に撮りたくなって数年ぶりに訪れた

大阪・阪急中津駅高架下にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-26 06:24 | 建造物
夕闇迫る六甲枝垂れ
b0237687_1934182.jpg

b0237687_17373244.jpg

b0237687_1935811.jpg

夕焼けも美しく且つロマンチックになれるが
日没直後の美しさは、夕焼けの美しさにも負けないぐらい素晴らしい、そしてよりロマンチックになれる気がする
この夕焼けと六甲枝垂れを狙っていたカメラマン達や観光客は、日没と同時にす〜っと居なくなる
もったいない話だ
残っていたのは暗闇を好むカップルだけ

神戸・六甲山 六甲ガーデンテラスにて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-25 06:21 | 風景
日常
b0237687_15503623.jpg

このエリアは格子のある昔からの古い民家が多く、今も生活の場になっている
道路はチリ一つ落ちていないし、民家の玄関まわりも整然とし片付されている
道路によっては電柱・前線すらなく、あまりにも古く且つ美しい町並みを意識し過ぎているのか
生活の中心になっている家屋のはずなのに、生活の臭いがしない町並み
そんな中にあって、この家は思いっきり生活感がある
何か違和感を感じながら歩いていたが、この家の前に来てホッとした次第だ

奈良・今井町にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-24 06:27 |
中秋の名月前夜
b0237687_22142333.jpg

b0237687_22144486.jpg

b0237687_22145795.jpg

b0237687_22151312.jpg

今年の中秋の名月(19日)は満月だったらしい
次に満月になるのは8年後と発表されている
この中秋の名月の前夜、六甲山に登った
カメラと三脚を担いで徒歩で登ったわけではなく、マイカーで移動しただけ
真の目的は夕焼けを絡めて六甲枝垂れを撮るということ

その日、夕焼けになるかはイチかバチかであるが、なんとか西の空が焼けてくれた
その分はまた後日ということにして
今日は名月と六甲山から見下ろした大阪湾沿岸の夜景
2枚目は、銀塩換算300mmでお月さんはこのぐらいの大きさ(ノートリミング)だし、見た目は満月
等倍拡大すると、月のクレーターもなんとか

神戸・六甲山 六甲ガーデンテラスにて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-23 06:12 | 風景
SLスチーム号999
b0237687_20532948.jpg

b0237687_20542055.jpg

b0237687_20551619.jpg

b0237687_2056623.jpg

b0237687_2056582.jpg

京都水族館に行くと、同じエリア内にある梅小路蒸気機関車館に立ち寄ってしまう
私は前にも書いたことがあるが「鉄ちゃん」ではない
でも、こういった蒸気機関車には魅力を感じ、眺めていても撮っていても飽きが来ない

京都・梅小路蒸気機関車館にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-22 06:27 | 乗り物
足踏みミシン
b0237687_20375415.jpg

小さいころ、学校から帰ると母親が縁側の隅っこでよくミシンを踏んでいた
あの頃、シンガーやジャノメやブラザーと云うメーカーが主な家庭用のミシンだったと記憶している
縫い物に興味がなかったが、あの機械ものには興味があった
別になにを縫う訳でもなかったが、時々母親に教えてもらい、端切れを使ってただ縫うだけを楽しんだ記憶がある
我が家のミシンはどこのメーカーのものか全く覚えていないが
真っ黒なボディーでこんな感じだった
こういうものを見ると、母親がミシンを踏んでいたシーンを思い出す

神戸・有馬温泉にて

[PR]
by kouga2100 | 2013-09-21 06:24 | 屋内