カテゴリ:飲食物( 70 )
自家消費用?
b0237687_19472741.jpg

青空市場と謳って入るが青空ではなくキチッとした建物

ここは、この佐野漁港で水揚げされたと思われる海鮮品の一般消費者を対象とした市場だ

建物の外側は内部の小売店の業務用の出入り口が連なっている

その出入り口前はダンボールが積まれてあったり、魚を捌くスペースになっていたり

ここは魚を捌くだけではなく、小魚の天日干しまで

余った魚を天日干ししているのか、はなっから販売用の天日干しをしているのかは定かではないが

美味そうではあったことは確かだ


大阪・泉佐野 佐野漁港にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-05-05 00:22 | 飲食物
シャンパン
b0237687_20181409.jpg

三ノ宮駅から北野異人館へ向かう坂道、北野坂

なかなか趣のある通り

各種ワインを扱っているお洒落な店

ワインは奥が深すぎて、私にとって良し悪しの判断がしにくい酒

もちろん好き嫌いはある

スパークリングワインに至っては皆目分からない

シャンパンとして有名なドンペリ、好きではない

もうちょっと安価なモエ・シャンドンは好みの味だけれど、炭酸が強すぎる

ということで、最近は安価なスペイン産のスパークリングワインが気に入っている

赤ワインはチリ産

なぜスペインやチリを選ぶかというと、同じ風味や味覚であるならば間違いなくフランス産より安いから

ときには、オーストラリア産などを選ぶこともある

でも、懐に余裕があるならば、ぶどうの品種も重要視したい


神戸・三宮 北野坂にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-22 00:19 | 飲食物
ロールキャベツ
b0237687_21220747.jpg

よく行く撮影地での昼食は

撮影地毎に概ね決まっている

なぜそこに決めるのか

理由は二つ

ひとつは、食事できるところがそこしか無いから

もう一つは、美味くて安いから

ここは、後者の方で美味しくて安いから

高くて美味い所はいっぱいある

でも、美味しくて安いところは以外に少ない

そういう美味いところを探すのもまた楽し


町の洋食屋さんと言う感じでアットホーム

年に数回しか行かないが、行くと必ず厨房からシェフが顔を出してくれ

居心地がいいからついつい長居をしてしまう


大阪・中崎町にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-27 00:21 | 飲食物
鮎ずし
b0237687_08302885.jpg

京都・嵯峨野には年に数回は訪れる

そしてそのときの昼食は、5回訪れたら3回はここ「鮎の宿 つたや」

「鮎の宿」というぐらいだから鮎料理がウリだ

だからといって、鮎のコース料理などを注文すると大変な出費になる

ましてお昼、一般的なランチ価格で済ませたい

だから、いつも「鮎丼」

このブログにも何回か登場したが、子持ち鮎のまるごと甘露煮の一匹が丼の上にドカ~んと

丼価格で云うと値が張るが、高級和牛のステーキ丼よりも遥かに美味いと思う

しかし、毎回そればかりと云うわけには行かず

今回はちょっと張り込んで、ミニ懐石

その中の一品

これまた絶品


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-21 00:22 | 飲食物
新蕎麦を食べに行った
b0237687_07574595.jpg
b0237687_07575906.jpg
b0237687_07581431.jpg

店内に本日は○○産の蕎麦を使ってますと書かれた札がぶら下がっている

行く度に蕎麦の産地が変わっているのは亭主の蕎麦に対するこだわりだろう

そういうことで、蕎麦は抜群に美味い

香りよし、歯ごたえ良し、もちろん喉越し良し、量も上品な量でなく、充分に納得できる量

ただ、つけ汁が美味いことは美味いのだがちょっと関西風なのが気に食わない


セットで注文すると、女性好みの小鉢がいっぱい並ぶ

これも最初はちまちまと厄介だなと思っていたが、視覚的にはなかなか楽しい

私の好みはこの鯖寿司

そしてもう一品、天婦羅の盛り合わせがついてくる

男の私でさえも腹がいっぱいになり、もう食えんという腹具合

女性であれば、きっと食べきれないだろう


丹波市・柏原にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-14 00:18 | 飲食物
竹原でのランチ
b0237687_17485976.jpg

竹原の重要伝統的建造物群保存地区には11時頃到着した

ざっと見て回って昼飯にと、食事ができそうなところを物色したが、ピピッとくる店がなかった

広島まで来たのだから、当然広島焼き(お好み焼き)を食したいと思ったが一軒しか無かった

今まで見知らぬところでは、店構えやその雰囲気を感じて入るか止めるかを決めていたが、どうも入る気がしない

こういう場合は、その地の名物は諦めて、どこに行っても当たり外れの少ない麺類かカレーと決めている

見方をを変えて探すとあるもんだ

店の外観に感ずるものがあり、ここだと決めて入った

カレーの単品ではなくランチメニュウのカレーセットを注文

これが大正解であった

運ばれてきたときに、美味そうと感じた時のみ店の許可を得て撮影することにしている


広島・竹原 重要伝統的建造物群保存地区にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-08 00:19 | 飲食物
湯どうふ定食
b0237687_21210689.jpg

「湯どうふ定食」、定食という名前からしてリーズナブルさがわかると思う

ただ安いだけではない、味は超一流

京都の湯どうふと云えば南禅寺と嵐山・嵯峨野

南禅寺の湯どうふは、たかが豆腐なのになにやかや付けて、いい言い方をすれば付加価値を付けて高額

それは嵐山・嵯峨野も同じ

しかし、嵯峨野には、美味しい湯どうふをリーズナブルに食べさすところがある

それがここ

この店は、誰にも喋らずそっとしておきたい

私の隠れ家的存在の店だ

たかが豆腐、されど豆腐である


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-22 00:20 | 飲食物
コーヒーブレイク
b0237687_19561415.jpg

この板井原集落には2軒の飲食店がある

1軒はかまどでご飯を焚いて食べさせる、また炊き方も伝授してくれるというのが売りの「火間土」さん

おばあちゃん一人で切り盛りされ、土日祝しか開けておられない

もう一軒は若い女性が、昔は「野土香」、今は「歩とり」という店名でカフェを営業されている

こちらは火・水が休みだったかな?お茶もできるしランチもある

ここで腹ごしらえと一服


鳥取・智頭 板井原集落にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-01 00:18 | 飲食物
釜揚げしらす丼
b0237687_23171884.jpg

寺内町がある富田林市には海がない

河内平野の内陸部

こんな所で釜揚げしらす丼がメニューにあった

それもお値段は少々高め

でも、迷わず釜揚げしらす丼を注文した

なぜならばこのお店、以前に飛び込みで入った時に値段の割には素材に対するこだわりを感じたし、実際に美味かったから

リーズバブルで美味しい食事を提供してくれる店なのに、少々お高いメニュー

これはきっと素晴らしい素材を使ったしらす丼だろうと思ったのが注文した理由


注文した時に聞かれた

上にのせる卵は生ですか?スクランブルですか?と

えっ、スクランブル?????と聞き直しはしなかったけれど心の中では?だらけ

ここはやっぱり王道の生卵で!


少々待たされはしたけれど、しらすの量の多さにびっくりし、又その旨さに舌鼓をうち

卵は、色といい形といい輝きといい、そのへんのスーパーで売っている卵とは格の違いがひと目で分かるほど

もちろん味も絶品


次にこの町を訪れるのが楽しみだ、今度は何を注文しようかとワクワクしてしまう


大阪・富田林 寺内町にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-12 00:16 | 飲食物
茶店のかき氷
b0237687_1053503.jpg

b0237687_1054448.jpg

b0237687_10542943.jpg

茶店
「さてん」ではない「ちゃみせ」
と言っても、「さてん」って今の若い人たちには解らないだろうな
私の若いころは、喫茶店のことを略して「さてん」と呼んでいた
因みに、アイスコーヒーは「れーこ」、レモンスカッシュは「レスカ」等々
いや、そんなことはどうでもよい
おふさ観音の境内にある茶店、座敷で庭を観ながらゆっくりと寛げる
また、風鈴のチリ〜ン、チリ〜ンという音が心地よい

ここのかき氷、やっと念願叶って食べることができた
かき氷なんて、最近全く食べたことが無かったが
去年辺りからかなりのブーム
昔のかき氷というイメージではなく、こだわりのあるかき氷
ここでは昔からの定番である宇治金時を頼んだ

昔のかき氷は削り方が荒かったが、最近のかき氷は削り方が薄く
口の中に入れるとす〜っと解けてまろやか
かける蜜に工夫があったり、トッピングに工夫があったり、氷そのものにこだわりがあったりと
夫々の店の特徴を味わってみるのも楽しいものだ

今年は3軒のかき氷を味わったが4軒目は用事ができてお流れ
この夏は、まだもう少し巡ってみたいと思っている

奈良・橿原 おふさ観音にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-14 00:19 | 飲食物