カテゴリ:雑貨・小物( 54 )
ブリキのワンコ
b0237687_17595371.jpg

真夏の晴天下、お昼時のレストランの店先

鉢植えを背負わされたワンコが痛々しく思える暑さだ


ワンコが背負わされている植物は

英名では「dollar plant」、日本での通称名は「金のなる木}、又は「成金草」

正式な和名はあるようだがほとんど使われていない


店先に、あるいは店内に「招き猫」を飾り、商売繁盛を願っているお店は多々あるが

このように直接的に「金(カネ)」を意識した店は珍しい

もっとも、店主がこの植物の意味を承知で店頭に出しているのか、そんな意味など無関心なのか

あるいは、軽いジョークなのかは分からない

承知の上ならば、入りたくないレストランの部類に入る


奈良・なら町にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-19 00:20 | 雑貨・小物
ガラスの風鈴
b0237687_09510982.jpg

ガラス素材の見た目の爽やかさが涼感を呼び起こす

たしかに澄みきったその音色も涼やかさを呼び起こすが

私は鉄製の風鈴の音色が好きだ

風鈴の素材もいろいろあるようだが、南部鉄の風鈴がお気に入り


私の知人に、いやそれも良いが「明珍火箸風鈴」の音色はもっと素晴らしいと言うヤツがいる

以前、気になって調べてみた

姫路で作られており、安価なもので5000円、上は3万円以上もする

特別な細工(工芸品としての)が施されているわけでもなし、金属の火箸が数本吊るされて一つの風鈴の体を成しているだけ

音色は気になるが、風鈴一つに一番安い5000円でも考えてしまう

だから未だに購入には至っていないし、音色の確認もできていない


奈良・橿原 おふさ観音にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-18 00:18 | 雑貨・小物
夏の風物詩
b0237687_16294046.jpg

縁側の鴨居に吊るされた和風モビール

吊るし雛のようでもある

金魚、西瓜、かき氷、その向こうには風鈴と

まさに真夏の縁側

昔はそんな縁側でおやつ代わりに井戸でよ~く冷やしたトマトを食べた

今、スーパーで買うトマトにはその味がしない


奈良・橿原 おふさ観音にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-16 00:20 | 雑貨・小物
土産物屋
b0237687_22281638.jpg

大原三千院に行くには幾つかの方法がある

一つはマイカーで

二つ目は電車とバスで

電車とバスを使って行くには、JR京都駅から京都バスで行く方法と

京都まではJRか私鉄で行き、地下鉄に乗り換え国際会館まで、そして京都バスに乗り継ぐ方法がある

最近は、JR、地下鉄、京都バスを乗り継いで大原のバス停までのアクセス方法が多い


大原のバス停からは徒歩の上りであるが、土産屋が並んでいて店主との掛け合いもなかなか気に入っている

でも、冬場の平日となれば休みの店も多い

この土産屋も休み


京都・大原の里にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-07 00:22 | 雑貨・小物
ブリキのジョウロ


b0237687_08104882.jpg

あるお家の玄関先に、けっこうレトロなものが置いてある

井戸のつるべの滑車であったり、大八車の車輪であったりと

子供の頃に見たことのある懐かしい品々

そんな中にも、子供の頃に水遊びで使ったようなブリキ製の玩具のジョウロ

もう何年も雨ざらしで色も消え去り、錆色が余計に懐かしさを助長させる

このジョウロ、私の記憶の範囲では約5年前にはこの玄関先に存在した

その時の同じジョウロと思うが、塗装面の色は少しは残っていた

その時(2012年5月)の写真はMore


大阪・富田林 寺内町にて



More
[PR]
by kouga2100 | 2017-03-03 00:20 | 雑貨・小物
徳利と一輪挿し
b0237687_22371012.jpg

徳利は1合用ではなく、もっと大きな3合か5合用、ひょっとしたら1升用かも知れない

大きな徳利では飲み慣れていないので、その大きさで何合入るかは皆目検討がつかない

いや、徳利の大きさはどうでも良い

どうでも良いついでに言うなれば、山茶花の蕾が向うを向いている、これもどうでも良い

何故ならば、このシーンの主役が光だから、光を主役に抜擢したから

ならば、光を主役として引き立てるならば、脇役はどう非ねばなら無いか

山茶花の蕾はほんの少しの色添えだけに徹したほうが良い


奈良・橿原 今井町にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-29 00:18 | 雑貨・小物
身代わり申
b0237687_07470673.jpg

元興寺に行くと、その後はなら町散策、これが私の定番コース

なら町をぶらりぶらり、通る道はほぼ毎回同じだけれど、道順はその時の気分

その中にも必ず立ち寄る場所が数カ所ある

その中のひとつに「格子の家」がある

奈良の町家だ

今は住んでいる方はいらっしゃらない、無料で一般開放

無料だからといってちゃちな代物ではない、十分な趣があるし、きちっと管理されている


奈良・なら町 格子の家にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-10 00:22 | 雑貨・小物
童人形
b0237687_23035925.jpg

夜の街、先斗町

ここは町と言うより細い通りに粋な飲食店がぎっしりと

昼間は時々撮影に訪れるが、夜に足を踏み入れたことはない


小窓に並べられた童人形、余りにも表情が可愛かったのカメラを向けた

この店が飲食店だったか、そうでなかったかは定かではない


京都・四条上ル 先斗町にて



[PR]
by kouga2100 | 2016-09-01 00:18 | 雑貨・小物
夏は風鈴
b0237687_1684886.jpg

立秋が過ぎたので残暑お見舞い申し上げますというところであるが
今年は残暑どころではない、この夏一番の暑さ
これだけ暑いと一日中クーラーのお世話になりっぱなし
小さい頃はこれほど暑くはなかったからか
縁側で蚊取り線香を焚き、風鈴の涼やかな音色に耳を傾け、ラムネなどで喉を潤し暑さを凌いだものだ

風鈴のチリ〜ン・チリ〜ンという音色を表現するには短冊のかすかなブレが必要になる
この短冊のブレが大き過ぎると、チリン・チリン・チリン・・・と余計に暑苦しくなる

奈良・橿原 おふさ観音にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-22 00:18 | 雑貨・小物
籐籠
b0237687_9163098.jpg


籐籠?というより、むしろ籐を素材に使った巾着袋といったところか
江戸時代に栄えた大商家、旧杉山家の土蔵に大事に保管されていた
旧杉山家、今は富田林市の管理下にあり、重要文化財に指定されている

大阪・富田林市 寺内町にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-12 00:19 | 雑貨・小物