カテゴリ:建造物( 227 )
発電所跡
b0237687_08355888.jpg

銅精錬所跡地にある発電所跡

今は、煉瓦で積み上げられた建物の外壁の一部と煙突しか残っていないので、発電所があったと言われればそうかいなと思うぐらい

発電所だったならば、この高い煙突から火力発電所だったのかなと


この島の現在の人口は50数名

精錬所が最盛期の頃は5000~6000人の人口であったらしい


岡山・犬島 銅精錬所跡にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-06 00:20 | 建造物
犬島精錬所美術館
b0237687_21350098.jpg

入口で係員から簡単な説明を受け、真っ暗な通路に放り出される

とにかく明りに向かって歩いて行くしか無い

明りは目の前一直線

しかし、この通路は一直線に見えるけれども鏡を使ったトリックで、鍵型に曲がりくねっている

急いでまっすぐ進むと鏡にぶち当たる

そろそろと歩いて何回曲がったか

やっと薄暗い大きな空間にたどり着く

その空間にこの美術館唯一の作品が・・・

その作品は素晴らしいが、えっ!これだけ?

まぁ~、それ以外にもちょっとした作品らしきものはあるけれど

なんかすっきりしない

この建物自体が作品?

そう思うと納得もいく


岡山・犬島 犬島精錬所美術館にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-02 00:22 | 建造物
ゴミ焼却場
b0237687_2217241.jpg

これがゴミ焼却場?
一度中を見学したことがあるが、れっきとしたゴミ焼却場
では、この塔は?
ただの飾り?単なるデザインとしての造形物?
これがなんと・・・
ゴミ焼却時の煙突らしい
ただ、煙がモクモクと出ているわけではない
綺麗に浄化されているので無色無臭だ

大阪・舞洲 ゴミ焼却場にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-30 00:21 | 建造物
アラビアンナイト風
b0237687_21421215.jpg

神戸から大阪方面へ阪神高速の湾岸線を走っていると右手の埋立地の中にド派手な2棟の建物が見えてくる
最初に発見した時、浪速っ子は凄いパチンコ屋を作りよったなぁ〜
あるいは大規模なラブホを、一体何部屋あるんやろと憶測したものだが
この建物の真の用途を聞いてまたもびっくり
大阪市の建物で一棟は汚泥処理場、もう一棟がゴミ焼却場
調べれば調べる程アホかいなと

そんな建物も写真家にとっては有難い被写体
もう何度訪れたことか数えきれない

大阪・舞洲 ゴミ焼却場にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-21 00:20 | 建造物
メディテラス
b0237687_2157592.jpg

神戸地区に於ける近年の建築物の中で、この建物は私の中ではダントツ
もちろん安藤忠雄建築も大好きだけど、神戸に於いてはこの建物に勝るもの無し

しかし、残念ながらこの建物の持ち主であったポートアイランドに本社を置くアパレルのW社
経営立て直しの為に売却してしまった
この場所、この建物を購入したパルコ
三宮ゼロゲート(仮称)としてスタートするらしいが、この建物を再利用するのか、建て直すのかは未定らしい
個人的には、ぜひ再利用してもらいたいものだ
そして、お化粧直しをしてもらえれば言うことなし

神戸・三宮 メディテラスにて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-20 00:20 | 建造物
ポートタワー展望デッキにて
b0237687_11343237.jpg

b0237687_11344319.jpg

ポートタワー、たかだか100mちょっと
その展望デッキの高さは当然100m以下
そこから見下ろす下界の様子はたかが知れている
しかし、見ようによっては手を伸ばせば届くような箱庭的な親しみが生まれる

そんな港の夜景をガラス越しに捉えるのも良し
展望デッキそのものの様子をメインに捉えるのも良し

神戸・ハーバーランド ポートタワーにて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-16 00:21 | 建造物
神戸ポートタワー
b0237687_18124356.jpg

神戸の伝統と象徴のシンボル
小さい頃から慣れ親しんだポートタワー
小さい頃から、ん?
ちょっとした疑問、小さいころの記憶が全く無い
ということで、調べてみたらなんと比較的新しい
約半世紀前に建設された
1963年11月に展望タワーとして開業したようだ

シンボルだランドマークだと言いながら、高さは低い108m
そのへんの普通のビルより低い
でも我々にとっては自慢のタワーである
といいながら、この展望デッキには過去2回しか上ったことはない
国の登録有形文化財にもなっている

神戸・ハーバーランド 中突堤にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-06 00:20 | 建造物
One eye
b0237687_19551349.jpg

兵庫県立美術館の駐車場から本館入口に向かう螺旋階段
下から上がってきて、ふと下を覗き込むと眼の様に見えた
眼に見えた限りは、もっと眼の様に見える立ち位置やアングルが無いかとカメラを持ってウロウロ

傍目には、何の変哲もない螺旋階段
真剣な眼差しで下を覗きこむ爺さん
すれ違った人は一瞬下を覗き込むが、首を傾げて通り過ぎていく

神戸・兵庫県立美術館にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-28 00:21 | 建造物
小学校の椅子
b0237687_21362141.jpg

2006年に閉校された宇太小学校
鉄筋コンクリートの校舎ではなく、完全木造校舎
現在の木造校舎は1938年に建築されたもの

廃校になったものの、現在も校舎内部に入ることができる
但し、協力金として一口200円以上を協力金箱に投入することがお約束
入ると、少し埃っぽさというかカビ臭さというか、そんなものを感じるが
木のぬくもり、廊下や階段を歩く時の木のキシミ音、目に触れるもの
何もかもが懐かしく感じる
廊下や階段は油引き?というのかな、木製でありながら土足で上がれる油のかすかな匂い
これがまた、小学生の頃の光景が否が応でも蘇ってくる

奈良・宇陀 旧宇太小学校にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-26 00:19 | 建造物
アプローチから展示館へ
b0237687_201914.jpg

b0237687_20191359.jpg

b0237687_20193135.jpg

滋賀県甲賀市信楽町の山中を不安を持ちながら車で走った
こんな山の中に美術館があるわけがないと
しかし、目的地をセットした我が車のナビは的確に行き先を指示する
たどり着いた所は見事に整備された駐車場
そこから歩いて数分、入口にたどり着いたが美術館としては貧弱な建物
描いていた建物のイメージとは全く違う
実は、そこはレセプション棟であり、ちょっとした食事もできるし、お土産等も販売している
そこにチケット売り場があり、そこから約500mのところに目指す展示館があるらしい

そのレセプション棟前から10人乗りの電気自動車がひっきりなしに行き来しているが、私は歩くことにした
なぜなら、途中にあるトンネルやトンネルを出たところに広がる景色が撮りたかったから
1枚目はトンネルの内部
2枚目は展示館のロビーから見たトンネルの出口
3枚目は、展示館のロビーからの正面の眺め
実は展示品には全く興味が無かった
美術館としての建物とその付帯設備に興味があった

滋賀・信楽 MIHO MUSEUMにて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-22 00:18 | 建造物