カテゴリ:街( 391 )
町の喫茶店
b0237687_17584254.jpg

セルフでチェーン展開しているコーヒーショップは安くていいけれど。
ゆっくりと珈琲を味わいたいという時は、昔からその地域に根をおろしている喫茶店に限る。
最近我が地域では、コ◯ダ珈琲店や倉◯珈琲店が進出しつつあり、こちらはセルフではなく店内のざわつきもない。
でも、如何にもと言う感じがして落ち着けない。
その地域に根を下ろした喫茶店はアットホームでゆったりとした時が流れる。
ただ、時々噂好きのママやマスターがいて、うっかりしたことを喋ると一気に広まる危険性はある。
(この喫茶店がそうだと言っているわけではない)

大阪・富田林にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-18 00:19 |
昼間の祇園
b0237687_2105654.jpg

花街にママチャリは似合わない
でも、これが真実
このお茶屋の若女将のものなのか、働きに来ている人のものなのかはわからないが
夜の祇園と違って昼間の祇園、ちょっとだけ身近に感じた

京都・祇園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-02 00:20 |
しょうゆソフトクリーム
b0237687_856618.jpg

中山道の旧宿場町
ひっそりとした佇まいの町中を流れる地蔵川
この川に咲く梅花藻が有名で今頃が盛りだと思う
その梅花藻を撮りに行ったが少し早かった(5/23)ようで、咲いているがほんのちょろっと
諦めて町並みの撮影でもとうろうろしていたら「しょうゆ(醤油)ソフトクリーム」なる文字を発見
これは珍しい、ぜひ食さねばと思いながら帰るときに立ち寄ってみようと撮影を続行

結局、帰るときはこのことをすっかり忘れてしまって、しょうゆソフトクリームの文字だけが写真に残った
悔やんでも悔やみきれないとはこのことか

滋賀・米原 醒井宿にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-13 00:19 |
路傍のおもてなし
b0237687_22305374.jpg

一時、オリンピック誘致で「お・も・て・な・し」という言葉がクローズアップされたけれど
マニュアル化された「おもてなし」なんぞクソ食らえだ
心の通った「おもてなし」はマニュアルからは生まれてこない

ある人は手作りの花差しに自宅で咲いた花を
ある人は、路傍のゴミの清掃を
ある人は案内板を手作りで
ある人は観光客の戸惑いを察知して笑顔で接してみたり
遠来のお客が喜んでもらえるためにはと、人それぞれが工夫する
だから、その「おもてなし」に接した者は「心にしみる」
それができているのがこの町、富田林の寺内町
でも、観光客がなかなか増加しない

大阪・富田林 寺内町にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-10 00:18 |
古民家
b0237687_2135689.jpg

富田林市寺内町(じないまち)
この町には江戸中期から昭和初期の町家が約40軒ほど当時のままで残されている
国の重要文化財に指定されており、市が管理している町家もあれば、今なお生活の場として利用されている町家も多い
この一角は、国の「重要伝統的建造物群保存地区」に選定されている
ここで生活している方々にとっては嬉しくもあり悲しくもありと云うところだろうか

嬉しいことは、当然誇りに思えること
悲しいことは、この状態をずっと保存し、維持し続けなければならないこと
そのためには大変な労力や、生活洋式の我慢や、保存維持のための金銭負担等々・・・
昔、この地域に住んでいる方に聞いたことがあるが、公的な金銭補助は微々たるものらしい
私だったら丁重にご辞退申し上げるところであるが、地域のこと、地域の中の自分の立場などを考えると簡単には割り切れないだろうなと

大阪・富田林 寺内町にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-28 00:18 |
花見小路東入ル
b0237687_20353124.jpg

花見小路は祇園のメインストリート
昼間に歩くと観光客ばかりで、完全な観光エリアだ
それが嫌で普段はまず歩かない
しかし、たまには何か撮れるかも知れないと歩いてみたが
やはり皆目ダメ
業を煮やして脇道に入る
脇道に入ると不思議と観光客の姿は皆無
そこで見つけた赤い番傘
はて、昨日の昼も夜も雨は降っていなかった
干しているのかと思ったがそうではなさそう
では、何の為?

京都・東山 祇園にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-26 00:24 |
我楽苦多
b0237687_882160.jpg

清水寺にお参りするとき
八坂神社から八坂庚申堂、八坂の塔、そして三年坂(産寧坂)を通り清水寺へと
帰りは三年坂から二年坂(二寧坂)、そして高台寺を通り八坂神社へと

帰り道、二年坂の階段を降りたところにこの店がある
どんな商いをしているのか、もうひとつよく分からない
しかし、この3本の番傘はいつ通っても掛けられてあるので毎回カメラに収めてしまう
二年坂の階段の途中から撮ったり、この番傘の真下から撮ったりいろいろアングルを変えてみる
この番傘ばかりに注目していて、この店の屋号を一度も知ろうとは思わなかったが
今回たまたま目に入った
「我楽苦多」
益々何屋さんなのかは分からない

京都・清水 二年坂にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-18 00:19 |
リサイクルショップ
b0237687_2145417.jpg

古い町並みの中で古い家屋を利用したこういうショップはよく似合う
去年の夏頃にこの前を通りかかったとき、ちょうど開店したばかりのようだった
入園前の小さな男の子がいる若いお母さんがオーナーのようだ
その時、真っ黒に日焼けしたすっぽんぽんの男の子を水遊びさせていた
水遊びさせていたというより勝手に遊んでおり、お母さんは店の準備や整理に忙しかった
もちろん、チラッチラッと様子を伺っていたけれど
そんな様子を見て、逞しく育てているなーと思ったことが記憶に新しい

大阪・富田林 寺内町にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-16 00:18 |
珈琲 ん?
b0237687_16141134.jpg

JR三ノ宮駅から北野坂を上がっていくと右側にこんなCAFEがある
毎回気になって入ってみたいなと思いつつ
その時は時間に余裕が無いので、帰りに寄って見ようと通りすぎる
しかし、帰りには見事に忘れてしまい、未だに入ったことはない
看板を含む店頭の様子には興味を惹かれるが
これだけ忘れてしまうと云うことは、きっと心の奥底には大したことはないという思いが渦巻いているのだろう

神戸・三宮 北野坂にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-12 00:22 |
TOGETHER
b0237687_21191099.jpg

しっぽりとお洒落なバーで・・・
そんなことは久しく無いなぁー
いつだったか昔過ぎて忘れちまった

神戸・三宮 北野坂にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-05-10 00:17 |