カテゴリ:植物( 501 )
枝垂れ梅その一枝
b0237687_21243678.jpg

枝垂れ梅と云えば城南宮

最盛期の城南宮は人でごったがえす


枝垂れ梅はどちらかと云うと引いて撮りたい

でも、少し引くだけで人が入ってしまう

少し待てば何とかなるかも知れないは楽観視しすぎ

なにしろ細い通路が大渋滞しているのだから

止むを得ず近接撮影となる

でも、それなりに工夫は必要


京都・伏見 城南宮にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-16 00:23 | 植物
Plum blossom
b0237687_21114427.jpg

梅の撮影、こうあらねばならないというものは無い

梅に限らずどんな被写体でも、こうあらねばならないというものは無い

ただ、自分の作風というか、自分なりの撮り方は概ね決まってくる

その撮り方のバリエーションが人によって少ないか多いかの違いはある


概ね決まってしまった撮り方から脱却するのはなかなか困難だ

なぜ困難なのかと突き詰めていくと、今までと違った撮り方をすることで失敗するのではないか

その不安感から逃れられず、ついつい今までの撮り方を続けて行ってしまうのではないかと


自分自身が思っている梅撮影はこんな感じかなという考えから思い切って脱却してみた


大阪・吹田 万博記念公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-12 00:22 | 植物
道明寺天満宮の梅
b0237687_09280351.jpg
b0237687_09281115.jpg

生まれて初めて訪れた

意外と近かった

我が家から車で阪神高速を使って約40分

帰りは時間に余裕があったので一般道を走って約80分


梅園も梅の木もきっちり手入れが行き届き、気持ちよく観梅できる

ここは毎年訪れてみたい梅園の一つになった

何が気に入ったかというと駐車場が無料で、すぐ近所に美味しい食事処がある


大阪・藤井寺 道明寺天満宮にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-10 00:18 | 植物
万博公園の梅
b0237687_12340601.jpg
b0237687_12341724.jpg

1970年開催の大阪万国博覧会

その時私は大学生だった

その広大な跡地は万博記念公園となり、改めての遊具は殆どないが自然を活かした素晴らしい公園になっている

その中に梅園があり、毎年訪れるのを楽しみにしている

この梅園は柵やロープで囲って無く、木の根元まで立ち入ることができる

それだけ観梅に訪れる人々のマナーが良いということだろう

反面、自分のバッグやリュックで小枝を折ってしまったり、蕾や花を落としてしまわないよう充分に気を付けなければいけない

マナー違反の人も居らず、晴天で且つ暖かな日で、実に気持ちのよい一日が過ごせた


大阪・吹田 万博記念公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-08 00:20 | 植物
高畑サロンの梅花
b0237687_21012020.jpg

高畑(たかばたけ)サロン

文人、志賀直哉の旧居が高畑サロンと呼ばれていた

今、その旧居の隣に「高畑サロン」なるカフェが営業しているがまったく別物

ややこしい名称をつけてほしくは無いものだ


この志賀直哉邸に文人、画家、陶芸家などの様々な文化人が訪れ

文学論や芸術論を語り合う文化サロンになっていたことと、地名が高畑だったことから高畑サロンと呼ばれるようになったとか


立派なお屋敷であり、その庭に咲いていた白梅


奈良・高畑 志賀直哉旧居にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-06 00:18 | 植物
梅宮大社
b0237687_14131015.jpg
b0237687_14131976.jpg

今シーズンの梅撮影は京都・伏見の城南宮から始まった

翌日は京都府立植物園

その翌日は、京都のこの梅宮大社

そしてその翌日は奈良公園の片岡梅林

次の日は大阪の万博記念公園と五連ちゃんだ

そして1日空けて大阪の道明寺天満宮

その翌日は京都の北野天満宮

これだけ続けると飽きてくる

でも、あと二箇所行く予定


京都・梅宮大社にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-04 00:21 | 植物
春の目覚め
b0237687_22404363.jpg

ようやく春が来たなと感じさせるもの

ある人は春一番が吹いた時かも知れないし、ある人はフキノトウが顔を出した時かも知れないが

私はやっぱり梅の花が咲き始めた頃

それは人夫々であって当たり前だと思うし

自分自身も子供の頃、若い頃、おっさん・じいさんと云われるようになった今

春を感じさせるものは違ってきた

子供の頃は、川の土手に顔を出した土筆であったし、若い頃は仕事に追いまくられて春を感じる余裕は無かった

あえて云うならば、コートが不要になった時

ここ数年でようやく季節を肌で感じ、何かを感じられるようになってきた気がする


京都・京都府立植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-02 00:23 | 植物
枝垂れ梅
b0237687_13183249.jpg
b0237687_13184111.jpg

梅は咲いたか、桜はまだかいな

桜は後一ヶ月ほど、梅は咲き始め、ほぼ見頃を迎える今日この頃


ここの撮影に行ったのは今月の22日

平日であったためと、まだ三分咲き程度だったのが幸いしたか、花見客はまばら

ゆっくりと撮影はできたけれど、もう少し咲いていて欲しかったというのが本音

今頃は満開になっているだろうな~

ここの枝垂れ梅はほんと見事、自信をもってお勧めできる


京都・伏見 城南宮にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-28 00:19 | 植物
しなやかに
b0237687_16464019.jpg

竹がしなやかなのは誰もがよく知っていること

でも、どのくらいしなやかなのか

正直なところ、これほどしなやかとは夢にも思はなかった

雪が無くなればまた元通りになるであろう


世間からの様々な圧力

これだけしなやかに対応できれば、ストレスは溜まらないだろうに


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-25 00:19 | 植物
黒いポリバケツ
b0237687_20371442.jpg

摘み取られた水仙が黒いポリバケツに数輪

なんとも可愛く感じられる


でもね

これらの水仙を鑑賞するために拝観料を払って来ているのだから

たかが数輪と云えども参拝客の目につくところで摘み取らないで欲しい思うのは身勝手だろうか

傷んだ花を摘み取るのは大いに結構

でも、今盛りの花は・・・

いっぱい咲いているから数輪ぐらいいいじゃないかと云ってしまえばそれまでだが


奈良・般若寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-24 00:18 | 植物