カテゴリ:植物( 496 )
梅宮大社
b0237687_14131015.jpg
b0237687_14131976.jpg

今シーズンの梅撮影は京都・伏見の城南宮から始まった

翌日は京都府立植物園

その翌日は、京都のこの梅宮大社

そしてその翌日は奈良公園の片岡梅林

次の日は大阪の万博記念公園と五連ちゃんだ

そして1日空けて大阪の道明寺天満宮

その翌日は京都の北野天満宮

これだけ続けると飽きてくる

でも、あと二箇所行く予定


京都・梅宮大社にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-04 00:21 | 植物
春の目覚め
b0237687_22404363.jpg

ようやく春が来たなと感じさせるもの

ある人は春一番が吹いた時かも知れないし、ある人はフキノトウが顔を出した時かも知れないが

私はやっぱり梅の花が咲き始めた頃

それは人夫々であって当たり前だと思うし

自分自身も子供の頃、若い頃、おっさん・じいさんと云われるようになった今

春を感じさせるものは違ってきた

子供の頃は、川の土手に顔を出した土筆であったし、若い頃は仕事に追いまくられて春を感じる余裕は無かった

あえて云うならば、コートが不要になった時

ここ数年でようやく季節を肌で感じ、何かを感じられるようになってきた気がする


京都・京都府立植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-03-02 00:23 | 植物
枝垂れ梅
b0237687_13183249.jpg
b0237687_13184111.jpg

梅は咲いたか、桜はまだかいな

桜は後一ヶ月ほど、梅は咲き始め、ほぼ見頃を迎える今日この頃


ここの撮影に行ったのは今月の22日

平日であったためと、まだ三分咲き程度だったのが幸いしたか、花見客はまばら

ゆっくりと撮影はできたけれど、もう少し咲いていて欲しかったというのが本音

今頃は満開になっているだろうな~

ここの枝垂れ梅はほんと見事、自信をもってお勧めできる


京都・伏見 城南宮にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-28 00:19 | 植物
しなやかに
b0237687_16464019.jpg

竹がしなやかなのは誰もがよく知っていること

でも、どのくらいしなやかなのか

正直なところ、これほどしなやかとは夢にも思はなかった

雪が無くなればまた元通りになるであろう


世間からの様々な圧力

これだけしなやかに対応できれば、ストレスは溜まらないだろうに


京都・嵯峨野にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-25 00:19 | 植物
黒いポリバケツ
b0237687_20371442.jpg

摘み取られた水仙が黒いポリバケツに数輪

なんとも可愛く感じられる


でもね

これらの水仙を鑑賞するために拝観料を払って来ているのだから

たかが数輪と云えども参拝客の目につくところで摘み取らないで欲しい思うのは身勝手だろうか

傷んだ花を摘み取るのは大いに結構

でも、今盛りの花は・・・

いっぱい咲いているから数輪ぐらいいいじゃないかと云ってしまえばそれまでだが


奈良・般若寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-24 00:18 | 植物
さまようもみじ
b0237687_20441975.jpg

ガラス面に張り付いたもみじ

そこを水が伝う

伝った水の微妙な凹凸が、光の加減で浮き上がる


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-17 00:18 | 植物
温室の蘭
b0237687_21092126.jpg

この時期の蘭の花って、温室でしか見られないだろう(と思う)

だから、タイトルにあえて「温室」って記さなくってもよかろうに・・・

寒空であるが故に、温室の「春うらら」的な温もりと柔らかさを表現した

そんな訳で、あえて「温室」と記してしまった


花撮影=マクロレンズと思い込んでいらっしゃる方も多いと思う

どんな被写体に於いてもこのレンズだという定説はない

自分が撮りたいレンズを使えば良い、そういう意味からだとマクロレンズも大いにアリであるが

でも、他のレンズも使うことで、表現の巾はもっともっと広がることも多い

ちなみに、この場合は18-135mmm f3.5-5.6の望遠ズームだけで、クローズアップレンズ等も装着していない


淡路島・夢舞台 奇跡の星の植物館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-13 00:22 | 植物
ZEISS Touit 50mmF2.8が創りだす画
b0237687_21280008.jpg

奈良の般若寺と云えばコスモス

コスモス寺と云われるほどコスモスで有名で、秋になれば寺全体がコスモスで埋め尽くされる

冬場はあまり知られていないが、水仙がそこそこ咲く

秋のコスモスのイメージで訪れるとがっかりするが、イメージを切り替えるとそれなりに楽しめる


久々にマクロレンズを持ち出した

以前、フジノンレンズであるXF60mm F2.4 Macroを使っていたが

描写力は申し分なかったが、AFスピードが遅すぎたので手放し

ZEISSのTouit 50mmF2.8 Makro Planarに切り替えた

AFスピードは若干早くなったけれど自分が思うスピードには及ばなかった

描写力はフジノンレンズとほぼ同じくらいかな

それは、X-E2やX-T1のボディーを使っていた頃の話

AFスピードに満足できなかったので、自然と使用頻度は下がりここ1年ほどは全く使っていなかった


けれど、ボディーをX-Pro2に変えた今、どうかなと思って改めて持ち出した

ところが、AFスピードは心地よいスピードとは言えないけれど、ストレスを感じる遅さではなくなっている

ぐっと速くなっている

それにもまして、描写力が以前のX-E2やX-T1の時とは比べられないほど良くなっている

久々に鳥肌が立った

デジタルのシャープさとフィルムの柔らかさを兼ね備えた感じがする

これほどX-Pro2とZEISSの相性がいいとは思わなかった


以前、CanonのEos5D MarkⅡを使っていた時にFUJIFILMのX-Pro1が描き出す画を見たときのショックと同じだ

あの時も鳥肌が立った

だからあの時、Canonの機材すべてを処分しFUJIFILMに切り替えた


奈良・般若寺にて


※画像をクリックし、拡大して御覧ください


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-10 00:23 | 植物
花梨の実
b0237687_15554723.jpg

ジャガイモに非ず

実はカリンの果実

それもバカでかい

通常の大きさは奥の小さい方

カリンは喘息にも効果があるという

娘が小さい頃、喘息持ちだったので庭に植えていた

今も毎年たわわに実るけど

自然に地上の戻るのみ

実が硬すぎて鳥も食わない


奈良・橿原 今井町にて


※FUJIFILMのコンパクトデジカメ X-30で撮影


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-08 00:18 | 植物
南天の実
b0237687_08330638.jpg

南天の葉は時々料理の盛り付けなどに使われているようだが

実は

この赤い実を見るにつけ、なぜか「南天のど飴」を思い浮かべてしまう

私は喉が弱いとか悪いとかいうことではないのだが・・・

きっと過去にそういう結びつけをするようなきっかけがあったのだと思うが思い出せない


京都・山科 毘沙門堂にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-26 00:22 | 植物