「ほっ」と。キャンペーン
カテゴリ:動物( 194 )
目玉の乱舞
b0237687_08085499.jpg

アカクラゲ

傘の大きさの割には触手が長い、約2m

水の流れに身を任し、ゆらりゆらりと

クラゲというものは一緒には泳ぎたくないけれど

じっと眺めているとけっこう癒される存在かもしれない


クラゲによってはコミカルな動きをするもの、日本舞踊のようにゆっくりと舞うもの

それぞれがそれなりに楽しめるが

実は、この2匹のクラゲ

目玉が踊っているように見え、それを意識して撮ったが

改めて見てみるとちょっと気色悪い


でも、水族館を訪れるとクラゲの水槽前で費やす時間が一番長い


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-02-20 00:18 | 動物
水菓子のような(ミズクラゲ)
b0237687_17511390.jpg

泳いでいてこんなのがいっぱいまとわりついてきたらゾッとする

しかし、水槽の中を浮遊しながらゆっくりと動いていく姿を見ている限りは癒やされる

癒やされている状態で撮ろうとすると集中力が散漫になり、ただピントを合わせて撮っただけに陥りやすい

気持ちを切り替えてじっと観察していると、いろんなものが見えてくる

傘が閉じきった時、開ききった時、又その中間の時

もちろん触手の動きもふまえて眺めているとイメージが生まれ、自分が撮りたいタイミングが決まってくる


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-14 00:20 | 動物
水槽の中
b0237687_08024990.jpg
b0237687_08023924.jpg

昔々若い時、水族館や動物園では出来る限り人工物を入れず、自然(野生?)に見えるように撮れ!

と、教わったような記憶がある

今どき、人工物を入れるな、自然に見えるように撮れとという指導者はいない(と思う)

けれど、若い頃に教わり身についてしまったものは知らず知らずのうちに出てしまう

人工物が入らないよう、人工の光が自然光に見えるよう立ち位置を変え、切り取り範囲を考えている自分がいる

それに気が付いた時、いつも心のなかで苦笑してしまう


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-01-11 00:20 | 動物
サンタエビ
b0237687_21553007.jpg
b0237687_21554077.jpg

真っ赤な衣装に白いブーツ、そして白い髭 サンタクロースエビと呼ぶらしい

クリスマスのときだけ、期間限定で各地の水族館で展示されている

通称はサンタエビ

和名はシロボシアカモエビ

英名はホワイトソックス シュリンプ


12月23日に撮影し、24・25日に掲載しようと頑張ったが間に合わなかった

実はカメラ月刊誌のひとつ「フォトコン」の2月号に私の記事が載ることになった

その原稿の締切が26日だったため、そちらに時間を食われてしまった


京都・京都水族館にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-12-28 00:19 | 動物
ぐーたらオヤジ
b0237687_20181878.jpg

ソファーに寝転びテレビの野球中継を

酒を呑みながらスルメを噛る

そんな姿に見えてしょうがない

もうひとつ云うならば、そんな姿が自分の姿とダブって見える

間違ってもそんなオヤジにはなりたくないなと、想像してしまったシーンを頭を振って追い払おうとする

しかし、腹の出っ張りはいくら頭を振ったところで元には戻らない


大阪・天王寺 天王寺動物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-21 00:17 | 動物
フラミンゴ池
b0237687_21150501.jpg

実は汚~い池、暖かい日などは臭ってくる

写真とは不思議なものだ、真実を写し取ると書いてはいるが真実を写し取ってはいない

汚い池ではあるが、綺麗な池であって欲しいいう願いから、露出補正で偽りを表現した

いや、こうあって欲しいという願いを表現した


正直、どんなに暑くとも、素足でこの池の中には入りたくない

でも、フラミンゴは平然とし、嘴さえ水の中に入れて餌を漁っている

よくぞ病気にならないものかと感心するが

人間が清潔過ぎるのかも知れない


神戸・灘 王子動物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-17 00:20 | 動物
象鼻(本物と偽物)
b0237687_07522685.jpg

b0237687_07523807.jpg

この造り物の象の鼻に気がついたのは、もうかれこれ10年ぐらいになる

その頃に比べて黄色いボールはハゲハゲになってしまった

でも、この動物園を訪れる度に撮ってしまう

この鼻だけでは単純すぎるので、来園者が来るのをじっと待つ

絶好の被写体が来るか来ないかはそのときの運次第

二枚目は本物


大阪・天王寺 天王寺動物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-15 00:20 | 動物
毒ガス島のウサギ達
b0237687_00115792.jpg
b0237687_00121269.jpg
b0237687_00122368.jpg
b0237687_00123937.jpg
b0237687_00125351.jpg

竹原市の重要伝統的建造物群保存地区を撮影した翌日は

同じ竹原市に属する瀬戸内海に浮かぶ小さな島、大久野島に行った

この島は毒ガス島とかウサギ島と呼ばれている

毒ガス島と呼ばれている所以は、旧大日本帝国陸軍が昭和4年より昭和20年までこの島で秘密裏に毒ガスを製造していたため

今のその毒ガス製造工場の一部が島中に点々と残されている

また、ウサギ島と呼ばれる所以は毒ガスの生体実験に使われたウサギが生き延び、野生化して数百羽が生息しているからという

もっともらしい話が流布しているが、それは嘘らしい

真実は、近隣の小学校で飼っていたアナウサギ数羽を放したものが、今や数百羽に繁殖し島に住み着いている事が理由らしい


とにもかくにも、島のあちこちで見ることができるし、彼らは人間を見ても逃げることはない

奈良の鹿の様に、完全に人間なれしている

逃げるどころか、こっちがしゃがむと、餌をもらえると駆け寄ってくる

そしてしゃがんだ膝にちょこんと前足をかけ餌をねだる

実に愛くるしい

その愛くるしさを求めて、外国人旅行者が年々増加しているとか


広島・竹原 毒ガス島にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-11 00:21 | 動物
かじるかじるどこまでかじる
b0237687_21384148.jpg

齧歯類は自分の歯のメンテナンスの為に様々なものをかじると聞いたことがある

しかし

小猿が自分の歯のメンテナンスの為に物をかじると云う話は聞いたことが無い


人間の赤ちゃんは様々なものを口に入れ、その感触を体感的に感じ取り、物を把握するという成長期の行動がある

それと同じようなものなのかどうか

その結論は学者先生におまかせするとして

じっと眺めていると、親近感が湧いてくるというのか、親のごとく優しい気持ちで見守ってしまう


京都・嵐山 モンキーパークいわたやまにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-30 00:19 | 動物
京を治める
b0237687_21342638.jpg

この岩田山からは京都の町が一望できる

昔で云うなら、殿様が山の上の天守閣から治めている町を眺めているような雰囲気になってしまう

いつもここで京都の町を眺めているお猿さんもそんな気持ちのなるのだろうか

猿の惑星の如く


京都・嵐山 モンキーパークいわたやまにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-10-27 00:23 | 動物