カテゴリ:乗り物( 85 )
FUJIFILM XF100-400mm(ド迫力)
b0237687_19421682.jpg

銀塩(フィルム)換算600mmの焦点距離のレンズだからこそ撮れるシーン

もう少し近づきたいけど、空港の敷地境界には当然フェンスが張り巡らされている

近づけるギリギリまで行くと、フェンスが写り込んでしまう

私の背丈(約180㎝)でフェンスが写り込まないギリギリが、背後にある千里川の転落防止用フェンスまで下がらなければならない

そこまで下がってしまうと、前方が空いてしまうので写真愛好家の方がす~っと前に入り込んでこられる

そこで撮るとフェンスが入り込むよーと心の中で叫んではいるが、その思いは届くはずもなし

その方はフェンスが入るのはお構いなしなんであろう

そんなこんなで、無理に撮るとその方々の頭が映り込んでしまう

絶好にタイミングを何度逃したことか!

次に訪れるときは、絶対に脚立を持ってくるぞと思いつつ、いざ来るとなれば脚立持参が億劫になってしまう

そして後悔することになる

学習機能が欠けているとしかいいようがない


大阪・豊中 千里川土手にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-26 00:19 | 乗り物
大阪国際空港
b0237687_17102683.jpg

我々は昔から伊丹空港と呼んでいる

いつの間にか大阪国際空港が正式名になったようだ

なぜ昔から大阪空港と呼ばず伊丹空港と呼ぶのか

地図を見れば一目瞭然

伊丹空港の大半が伊丹市に属しており、ほんの一部が大阪府の豊中市に属しているに過ぎないからだと推測する

でも、この写真の様な角度から見れば、向うのビル群は大阪の中心地である梅田のビル群であり間近に見える

これは望遠レンズの圧縮効果によるものだけれど

こうやって見る限りは大阪国際空港と呼ぶ方が妥当なような気がする


伊丹・伊丹空港 展望デッキにて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-22 00:20 | 乗り物
白鳥の湖
b0237687_16385980.jpg
b0237687_16390950.jpg

湖ではなくて人工の池、実際の白鳥ではなくペダルボート

休園日でもないのに貸し出されて動いているボートは皆無

そりゃそうだ

咲いている花も季節の切り替えのため、めぼしい花も無いため入園者も極めて少ない

まして、クソ暑いのに自力で漕がねばならないボートに乗る酔狂な者も居るはずもなし

後はこの園内で営業しているレストランで、米ビールを呑んで釜揚げしらす丼を食って帰るだけ

この米ビールと釜揚げしらす丼には裏切られることはない


淡路島・明石海峡公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-20 00:21 | 乗り物
着地その瞬間
b0237687_10475812.jpg
b0237687_10480748.jpg

大型ジェット機の着陸は飛行場撮影における醍醐味の一つであると思う

タイヤが滑走路に接地した瞬間に舞い上がる白煙、雨の日は水しぶきが煙の如く舞い上がる

この着陸の瞬間を捉えることに全神経を集中するのだが、フィルム換算600mmの超望遠をもってしても着地の瞬間は視覚では捉えにくい

だから必然的に連写に頼ってしまう

それとて、このコマとこのコマの間がちょうど良かったのではと思うことがしばしば


また横方向からの撮影だと滑走路のどの地点に着地するかなんて、想像も出来ない

天候や機種、パイロットの考え方によって数百mの違いは発生する

そんな種々の状況から、白煙がきちっと捉えられれば幸せこの上なし


大阪・豊中 大阪国際空港にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-16 00:19 | 乗り物
頭上を飛ぶ
b0237687_17041701.jpg

頭上と言っても大空の遥か彼方の上空ではない

手の届きそうな距離といえば大げさだが、ジェットエンジンの噴射が時折地面の砂塵を巻き上げる

そんな距離の大型ジェット機は、レンズの焦点距離がフィルム換算28mmでは全容は入りきれない

28mm以上の広角レンズでたとえ全容だけを捉えても、頑張って撮ったなというだけで終わってしまう

空にある被写体のスケール感は、地上の誰もが大きさを知っている物体と比較してこそその大きさが認識できる


大阪・豊中 千里川にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-09-14 00:20 | 乗り物
瀬戸内国際芸術祭(犬島)
b0237687_177711.jpg

岡山の瀬戸内に浮かぶ犬島
ここに銅の精錬所跡があり、ここを撮影すべく行ってきた
今回は2度目だったが、ちょうど瀬戸内国際芸術祭の会場の一つとなっており
芸術作品にふれることもできるわいと思っていたが、今ひとつぴんと来るものがなかった
何年か前にその芸術祭の別会場の一つであった直島に行った時は凄く感動したけれど・・・
3時間かけて行って3時間滞在して、3時間かけて帰ってきた

本当はもう少し滞在時間をとっていたが、あまりの暑さで早く切り上げたが帰りの船の時刻まで1時間半もあった
改めて時刻表を確認したら、予定のひとつ前の船があと10分で出港する
慌てて桟橋に向かう途中、乗船予定の船が入ってきた

岡山・犬島にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-25 00:21 | 乗り物
ボディライン
b0237687_17192398.jpg

信号で停まった時、ふと左前の車のラインにエロティシズムを感じた
午後の光に浮き上がった見事な曲線と曲面
撮影の帰りだったので、バックからカメラを取り出し自分が良いと感じる範囲を切り取った
1枚撮っただけで信号が青に

昔、車の美しいボディラインに、「コークボトルライン」というものがあった
コカコーラの瓶のシルエットラインだ
女性の美しいボディラインと似通っているらしい

国道171号線 伊丹辺りにて

[PR]
by kouga2100 | 2016-08-23 00:17 | 乗り物
坂本ケーブル
b0237687_8145449.jpg

比叡山延暦寺にお参りするアクセスは何通りかある
昔は車で上がっていたが、最近はこのケーブルを利用する
神戸方面からだとJR比叡山坂本駅で下車、そこから徒歩または路線バスで坂本ケーブルまで

この坂本ケーブル、長さは全長約2000m所要時間11分で日本一らしい
撮影ポイントは、ここ車両が行き違う所
乗っている車両が下方の時に撮るか、上方の時に撮るかは光の条件によって異なる
相手車両の全面または後面のガラスが光を反射してしまうか、反射しないかによる

滋賀・坂本 坂本ケーブルにて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-10 00:21 | 乗り物
ケンコーミラーレンズ400mm(離着陸)
b0237687_21512851.jpg

国際空港とは名ばかり
離着陸するほとんどは国内線
小型機用と大型機用の2本の滑走路があり、けっこう頻繁に離着陸する飛行機がある
手前のJALは離陸するために滑走路へ移動中
向うのANAは着陸する寸前

ケンコーミラーレンズ
フィルム換算600mmの単焦点の超望遠レンズ、とにかく小さくて軽い
手持ちで振り回すにはこれほどい使い勝手の良いレンズはない
ただ、前にも言ったように解像度が少々低い
カメラボディとは物理的に接続できるというだけで、電子接点がないので何の情報のやり取りもない
だからなのかは知らないが、ボディ側に搭載されているMFアシスト機能が全く働かない
AF機能が無いのでMFでピント合わせ
それでもX-Pro2のファインダー(EVF)は明るくて見やすいのでMFアシスト機能が無くてもなんとかなる
手ブレ補正も無いけれど、手持ち限界シャッター速度を認識をしておればなんとかなる
なんとかならないのがこの解像度の低さ
価格が価格だけに致し方ないけれど、凹面鏡の精度を上げて解像度を高くすれば
現在の価格の3倍になっても私は購入するだろう

大阪・大阪国際空港 千里川にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-07-06 00:21 | 乗り物
ケンコーミラーレンズ400mm(着陸)
b0237687_20303082.jpg

日本で飛んでいる飛行機を一番間近で見れる場所、滑走路の延長線上にある千里川の土手
着陸時にタイヤが接地する時の迫力ある瞬間を捉えようとしてもフィルム換算200mmの望遠ズームでは少々役不足
そこで持ちだしたのが、以前ダメ元で買ったケンコーミラーレンズ400mm(KF-M400FX)だ
このレンズ、通常のレンズとは異なり天体望遠鏡で言うなら反射望遠鏡と同じ仕組
倍率の高さの割には軽くて小さくて安価
フルム換算約600mmの超望遠レンズ
このぐらいの焦点距離で、ちょうど自分が思う着陸時の迫力ある画が手に入る
ただ難点も幾つかある
安いだけあって解像力が少々甘い、いい言い方をすれば柔らかな描写だ
そして、絞り値はミラーレンズとしては当たり前なんだがF8固定
AFに関しては、過去に製造された他社レンズの中にはAFもあったらしいが、ミラーレンズに関しては基本的にはMF
また当然の如く手ブレ補正はあり得ない
と、いうことでこのミラーレンズ少々持て余し気味

大阪・大阪国際空港 千里川にて

[PR]
by kouga2100 | 2016-06-24 00:20 | 乗り物