カテゴリ:風景( 124 )

b0237687_22115006.jpg

嵐山公園・亀山地区にある展望台

そこからの眺めは絶景

眼下には保津川が流れ、山が迫る


この場面には、保津川下りの観光舟が下ってくる様が欲しかったが

運行時間が終わっていたためか、あるいは、もう少し待てば良かったのか一隻も現れなかった

何れにせよ、帰りの時間が迫っていたので諦めざるを得なかったのが残念


京都・嵐山 嵐山公園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2017-12-09 00:01 | 風景
b0237687_08343419.jpg

眼前に広がる紅葉や黄葉

まさに日本の秋~

素晴らしいと言う一語に尽きるけれど

時には固定概念を切り捨て、新たな目線で眺めるとまた違ったものが見えてくる


神戸・六甲山 森林植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-12-07 00:01 | 風景
b0237687_23073087.jpg

紅葉の期間は長いようで短い

複数の色が共演する時期はあっという間に過ぎ去る

同じエリアでも少し離れるだけで大きく異なるから厄介だ

それだけに、バッチリとその時期に遭遇すると感無量


神戸・六甲山 森林植物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2017-12-05 00:01 | 風景
b0237687_14205008.jpg

暦の上では既に冬

先日までは春のような暖かさ

でも、そう長くは続かないようだ

昨日あたりから気温が下がってきた

今日あたりはもっと下がる気象予報

上がったり下がったり、風邪を召されないようお気をつけて

私は今週初めから軽い風邪を引いてしまった

行動にはまったく問題ない程度


神戸・六甲山 森林植物園にて


※画像をクリックすると拡大します


[PR]
by kouga2100 | 2017-12-02 00:01 | 風景
b0237687_20521904.jpg

水の表情表現はシャッター速度で如何様にもなる

ただ、自らがどんな表情にしたいのかが明確になっていないと話しにならん

ただ、シャッター速度を遅くして柔らかな表現だけではなんとかの一つ覚えと同じ

残念ながら、そのひとつ覚えが氾濫しているのも事実


大阪・万博記念公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-27 00:01 | 風景
b0237687_20115163.jpg

秋が深まってくると、ススキの穂も薄緑色から銀色に変わる

その穂先が真っ直ぐなカーブを描いている姿は実直と謙虚さを感じる

その時期が過ぎ、穂先が軽くカールする姿には味わいを感じる


神崎郡・神河町 砥峰高原にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-26 00:01 | 風景
b0237687_00282044.jpg

秋というより、最近のの気温は冬ですね

でも、もう少し秋を意味わいたいです


神戸・市立森林植物園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-24 00:28 | 風景
b0237687_11281479.jpg

晩秋の神戸市立森林植物園

訪れた時は紅葉シーズンの後半にさしかかったところぐらいかな

気の早い木立はすっかり落葉

のんびり木立はようやく色づき始め、緑と紅のグラデーションが美しい


神戸・森林植物園 長谷池にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-11-22 00:01 | 風景
b0237687_20060470.jpg

例えば、土塀が左右に広がる

奥行き感や長く連なるさまを見せたければ、真正面からではなく

斜め右方向や斜め左方向に構え、手前の土塀の高さが向こうに行くに従って低くなるように撮ることによって奥行き感が生まれる

但し、土塀の向こうの端を見せてしまえばそこまでの長さになってしまうが

その終端を見せなければ、その土塀はどこまでも続いているように感じる

これは、見る側の心理を欺いたトリックだ

写真は真実を写し取るものではない、自分の想いを表現するものだ

自分の想いを表現するためには、時として人の心を欺くことも大事な要素


このひまわり畑の上側にそって道路があり車がひっきりなしに通っている

道路を見せない、車を見せない、ひまわり畑のすぐ向こうにある物体は見せない

見せるのは遥か向こうにある山並みや木立、そして空

手前のひまわりの連なりと遥か向こうにある物体だけで、その中間に位置するものは見せないことで永遠と連なっているように見える

これも人の心理を欺いたトリックだ


兵庫・小野 ひまわりの丘公園にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-07-27 00:22 | 風景
b0237687_20033460.jpg

通常は背筋を伸ばし胸を張り、まっすぐ前を見据えて堂々と歩く

猫背でうつむき加減で歩くと自信なさげだし、なによりジジ臭い

私はジジィであるけれどジジ臭いのは御免こうむりたい

でも、雨上がりは違う

キラキラ光る滴の美しさや、汚れが雨で流された新鮮な様々な光景

より感動する被写体はないかと必要以上にキョロキョロする

まるで挙動不審者だ

おまけに猫背になって地面を見据え、水溜りに素晴らしいものが写り込んではいないかと

あっちの水溜り、こっちの水溜りと、水溜りを渡り歩く

もう挙動不審者を通り越し、完全にイカれたジジィに成り下がる


姫路・書写山 圓教寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-06-11 00:22 | 風景
←menuへ