丸窓
b0237687_15521729.jpg

丸窓に障子、そして坪庭

手前には簾

このような環境で生活できた人というのは昔でもごく限られた人達のみだと思う

私のような庶民はせいぜい狭い畳の部屋に障子窓、そして夏に窓際の簾がやっと


畳の生活から椅子の生活に変わった今

畳、障子があるだけで日本情緒に浸れることができる

我々の年代は懐かしく感じるけれど

今の若い人たちにはどのように映るのだろうか

懐かしさではなく珍しさ?かな


奈良・ならまち 奈良町にぎわいの家にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-24 00:19 | 屋内
姫路のモアイ
b0237687_08343407.jpg

姫路市の外れに太陽公園なるものがある

世界の石の文化遺産を集めた有料の公園で、そのほとんどはレプリカだと思われるが私にはその区別がつかないものも多い

しかしこれは即座に判断できる


他にも、レプリカとして凱旋門や万里の長城、天安門広場などがあるが

秦始皇帝の兵馬俑は圧巻

本物を見たことはないが、圧倒された


姫路・太陽公園にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-23 00:20 | その他
京の路地
b0237687_14140553.jpg

路地とは建物と建物の間の細い通りを一般的に指す場合が多いが

京都では、その細い通りの両端が広い通りに接している場合を辻子(ずし)や図子(ずし)と呼び

細い通りの片方が行き止まりになっていて、コの字型に建物(民家)が立っている細い通りのことを路地(ろうじ)と呼ぶそうな

とにかく、細い通りのことを路地と呼んでいたが、このような区別があるとは知らなんだ

では、小路との違いは・・・・

いずれ調べてみたいと思う


京都・中京(なかぎょう)にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-22 00:19 |
キバナコスモス
b0237687_22095878.jpg

普通のピンクや白や赤のコスモスは秋の花

キバナコスモスは夏の花と思い込んでいたが

いずれも開花時期は6月の初旬ぐらいから11月の末頃まで

キバナコスモスが咲いて普通のコスモスが咲くと言うのは、人為的に種まきの時期をコントロールしている為らしい


前シーズンに勝手に土にこぼれ落ちた種は、その種の意志に基づいて開花しており

黄色も白色もピンク色もごちゃ混ぜだ

この場所は、秋になったら人為的にコントロールされたコスモスが一面に咲く


奈良・橿原 藤原宮跡にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-21 00:22 | 植物
満席?
b0237687_22050066.jpg

以前もこのブログで、最近の寺は花と説教で参拝者を呼び込んでいると書いた

花だけで参拝者を呼び込むのは如何なものかと言いたいけれど

たとえ花を餌にしようが

説教で参拝者を呼び込むことは素晴らしいことだと思う

仏の教えをそのまま説くだけでは、難しすぎて誰も聞いてみたいとは思わない

その内容を今風に解釈し面白可笑しく説く

それでいいじゃないかと、より多くの方々が少しでも仏の教えに触れる事ができれば


そんな説教、人気があるのだろう

お堂に入りきれないくらい集まってくる

説教を聞きに来て、ついでに蓮を見て帰るのか

蓮を見に来たついでに説教を聞くのか

順序はどちらでも良い、説教を説くこと、聞くことが大事だと思う


京都・花園 法金剛院にて


[PR]
# by kouga2100 | 2017-08-20 00:19 | 寺社仏閣