縁側と亀
b0237687_20042720.jpg

外は暑くて死にそうになるが

こうして縁側を開け放し、蚊取り線香を焚くとなんとかクーラー無しでもストレスを感じずに過ごすことができる

蚊取り線香立ては、ここは亀さんであるがドラマや映画で見るのはブタさんが定番のよう

でも、我が家にはそんな粋なものは無かった

渦巻きの蚊取り線香と一緒に入っている薄っぺらいアルミの線香立て

当然、灰の受け皿が別途必要


蚊取り線香の香りがめちゃめちゃ懐かしい



奈良・橿原 おふさ観音の茶店にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-08-25 00:22 | 屋内
<< そもそもは織田信長の御用商人 丸窓 >>