番傘
b0237687_22242563.jpg

本殿の前に位置する拝殿

本殿は慎ましやかであるが、拝殿はそれに比べてなかなか立派

本殿の正面からは、その内部を伺い知ることは困難であるが

拝殿の後ろに回り込めば、容易に拝殿の内部が把握できる

そして、正面の窓から入る光が床と調度品を照らす微妙な明暗を堪能することができる

今回は番傘が広げられていたが、普段はこの傘は無い

過去には、このように傘が広げられた状態のときもあった

よーく考えてみると、今回もそうだがあの時も前日に雨が降っていたような・・・

ひょっとしたら、雨の日に宮司が使った傘を干しているのかもしれない


京都・宇治 宇治上神社にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-07-16 00:23 | 寺社仏閣
<< 湧き水 仁王像 >>