沙羅双樹はナツツバキ
b0237687_14500116.jpg
b0237687_14501089.jpg

この花の木を日本では沙羅双樹、または沙羅の木と呼んでいる

二本ならんだ沙羅の木の下でお釈迦様が入滅したことから沙羅の木は沙羅双樹と呼ばれるようになったらしい

また、この沙羅の木は耐寒性が弱く日本では育ちにくく、ツバキ科のこのナツツバキを代替え木として各寺院で植栽しているようである

本物の沙羅の木の花とはどう見ても似ているようには見えない(写真で見る限り)

なぜこの花の木が代替え木になったのか、その理由が知りたいところである


大阪・池田 久安寺にて


[PR]
by kouga2100 | 2017-07-10 00:19 | 植物
<< 夜の滑走路 海上都市 >>