コスモスのオーラ
b0237687_21411246.jpg

花の撮影教本、本屋に行けばいくらでも並んでいる

また、カメラ月刊誌や季刊誌にもよく特集が組まれている

そして発刊されている大方の記事内容では、望ましい撮影条件は直射日光の当たらない日陰か曇天が良いと・・・

確かに、それが一番美しく撮れるかもしれない

しかし、美しく撮れればいいの?

自分の表現は?と問いたい


光として利用価値のある、斜光や逆光、もっともっと大事にすべきだと思う

写真を撮るにあたって、こうあらねばならないということは一切ない

この気象条件だからダメだではなく、この気象条件だからこそ撮れるものがある

言い換えれば、この条件だからこそ表現できるものがあると考えるべきだと思う

文字になったものを鵜呑みにする、文字になったものが全てだと信じ込むのではなく

もっともっと自分の思いを表現する為にあらゆることを試してみようよ


大阪・万博記念公園 花の丘にて


[PR]
by kouga2100 | 2016-11-05 00:21 | 植物
<< 森川邸 竹原の夜長 >>